フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【選挙】 ロハスが支持率調査でビナイを抜いて 2位に浮上 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【選挙】 ロハスが支持率調査でビナイを抜いて 2位に浮上

 正副大統領選の立候補受付けまで半月少々になった現在、民間調査機関による大統領候補者支持率調査が次々と発表されているが、ここにきて有力3候補の支持率の傾向が明らかになっている。

 98日から14日にかけて有権者2400人を対象にした世論調査によると、アキノ大統領から後継指名を受けたロハス前内務自治長官が初めてビナイ副大統領を抜いて2位に浮かび上がった。

 1
位は依然ポー上院議員だが、一時期の熱狂的な支持が薄れ今回の調査では支持率26%だった。

 それに次ぐロハスは20%で追い、ビナイは僅差の19%で3位に沈んだ。

 今回の調査で顕著になったのはビナイで、20146月の同調査では41%を集め、ポー12%、ロハス8%と他候補を寄せ付けない支持率を誇っていたが、数ヶ月おきに行われた調査では毎回支持率を落とし、今回はかつての半分にも満たない急落ぶりだった。

 一方、ロハスは当初より2.5倍も支持率を伸ばし、3位~4位の下位から完全に出た数字を獲得し、苦戦状態を脱しつつある。

 ロハスの急伸は、アキノ大統領による後継指名発表直後の調査のためと見られているが、ビナイの汚職疑惑に対するインチキぶりが有権者に浸透したため、ポーとロハスに支持層が流れた結果で、まだ流動的と言える。

 なお、今回の調査でミンダナオ島ダヴァオ市長のドゥテルテが相変わらず支持を集めていてロハスに小差で接近する16%を獲得している。

 ドゥテルテ本人は既に70歳を超えていて本人は今期限りで市長を娘に譲って引退、大統領選には立候補しないとは言っているが、それは作戦上であって、効果的なタイミングを狙って立候補する可能性は高く、セブのダナオ市がドゥテルテの出自であり、ヴィサヤ、ミンダナオ島地域でも票を集める可能性が高い。

 ドゥテルテは長年ダヴァオ市長に君臨し、犯罪者暗殺の暗殺グループを陰で操っていたような強面だが、調査で表れたように人気は高く選挙資金の目途が付けば有力な候補者である事は間違いない。

 2
位になったロハスは戦後最初の大統領となったロハスの孫で、父親は元上院議員、アラネタ財閥の娘と結婚して生を受け、現在58歳。

 その毛並みの良さは圧倒的で、実業の世界から下院議員2期、その後貿易産業省長官を務め、2004年の上院選に立候補して1900万票を集めてトップ当選。上院1期後に運輸通信省長官に就任し、2010年の正副大統領選にアキノとペアを組んで副大統領選に立候補。

 前年の2009年、長年の愛人関係だった著名テレビ司会者のコリナ・サンチェス【写真】と正式に結婚して票の上積みを計ったが、エストラダ元大統領とペアを組んだビナイに僅差で惜敗。

 アキノ政権発足後に地方自治、警察組織を傘下にする内務自治長官に就任し、2016年大統領選に立候補するために内務自治長官を辞職している。

 1
位のポーは副大統領候補としてトップの支持率を保つエスクデロ上院議員とペアを組んで選挙に臨むが、ロハス陣営はロブレド下院議員に副大統領候補として要請しているが、今回の調査では3%の10位に留まり、不調は続いている。

 また、ビナイも副大統領候補を誰にするか迷っている状態で、話題を喚起するためにマルコス上院議員(独裁者マルコスの息子)、あるいはドゥテルテと組むなど奇策を練っているのではと見られている。


Updated: 2015/09/29 (火) 12:57

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンの世論調査は『やらせ』や『誘導』との評価もあり、簡単に信用することは危険だが、傾向は読み取れることは出来る。 注目の大統領選支持率で、2つの調査機関が同時期..   (2015-12-24)
 フィリピンの居住歴と国籍で、『ポー上院議員は大統領候補となる資格がない』と中央選挙管理員会に申し立てられていた3件について、中央選管第1小委員会は12月11日、ポー議員に..   (2015-12-12)
 選挙は勢い『風』次第でどう転んで行くか分からない代物だが、2016年5月予定の次期大統領選に、ダヴァオ市長・ドゥテルテが立候補を表明した直後に行われた民間調査でドゥテルテが..   (2015-12-08)
 従来から立候補資格に問題があると指摘されていた、次期大統領選に立候補を届けたポー上院議員【写真】に対して、フィリピン中央選挙管理員会第2小委員会は『居住期間』と『国籍..   (2015-12-03)
 本人は出ないといって煙に巻き、周りだけが騒いでいた次期大統領選にドゥテルテが11月30日、正式に出馬することを表明した。 同時に副大統領として国民党所属で副大統領選に立候..   (2015-12-01)
 2009年11月23日アロヨ政権末期、ミンダナオ島マギンダナオ州で58人以上が殺された『マギンダナオ大虐殺事件』が発生。 この事件は多数のジャーナリストが含まれしかも殺害後、重機..   (2015-11-24)
 『生まれながらのフィリピン人』かどうかで、次期2016年大統領選に立候補届け出をしたポー上院議員に対して、『その資格はない』とする陣営から失格申し立てを受けている。 11月17..   (2015-11-19)
 2013年11月8日、中部フィリピンヴィサヤ地方を襲った台風『ヨランダ=国際名称ハイエン』は同地域に死者・行方不明者7400人近くに達する未曾有の大被害をもたらし、2年間が過ぎた。 ..   (2015-11-09)
        アメリカにあるNPOが過去10年間で起こったジャーナリスト殺害事件の国別未解決ランキングを発表し、フィリピンは内戦や政情不安が起きていない国なのにワースト4..   (2015-11-04)
 ミンダナオ島ダヴァオ市で長年市長職に君臨し、今回市長再選を目指し、立候補を届けたドゥテルテ【写真】は、次期大統領選立候補待望論が強かった。 しかしながら、本人は大統領..   (2015-10-30)
 世界各国にある空港の評価を行っている民間の評価サイトで、2011年から3年連続でワースト・ランク1位に入っていたマニラ国際空港が、2014年には同4位となり、2015年度の評価ではワース..   (2015-10-26)
 10月16日に締め切られた正副大統領立候補受け付け中、異色なのはサンチャゴ上院議員【写真】で、サンチャゴは1992年に行われた大統領選に出馬した過去がある。 この時の得票数はア..   (2015-10-22)
 10月12日から次期選挙の立候補受け付けが開始される中、大統領選に出馬表明をしているビナイ副大統領【写真】の息子でマカティ市長(現在停職中)『ジョジョマル』に対して、公務..   (2015-10-10)
 正副大統領選の立候補受付けまで半月少々になった現在、民間調査機関による大統領候補者支持率調査が次々と発表されているが、ここにきて有力3候補の支持率の傾向が明らかになっ..   (2015-09-29)
 民間調査機関の最新の世論調査によると、次期大統領にふさわしい人物として以前から低迷していたアキノ現大統領の後継候補、ロハスの支持率が急伸している結果が出た。 この調査..   (2015-09-24)
 世論調査がポー【写真】の野心に火を付けたといっても良い今回の出馬表明だが、9月16日、全国放送の夜のニュース時間帯を狙って、出身校である国立フィリピン大学構内でポー上院議..   (2015-09-17)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:786,450 今日:35 昨日:135
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.