フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【評価】 マニラ国際空港 世界最悪空港の汚名から少しずつ挽回 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【評価】 マニラ国際空港 世界最悪空港の汚名から少しずつ挽回

 世界各国にある空港の評価を行っている民間の評価サイトで、2011年から3年連続でワースト・ランク1位に入っていたマニラ国際空港が、2014年には同4位となり、2015年度の評価ではワースト10から外れ、改善の効果が現れた。

       

  特に評判の悪かった第1ターミナルは1981年竣工と言う老朽化も手伝い、トイレの汚さ、空調の不備など空港職員の汚職行為などがやり玉に挙がっていた。

 この問題に対して空港運営公団は13億ペソ(約36億円)の巨費を投じて改修に努めているが、改修後の同ターミナルでは施工不良による雨漏りの発生、第2ターミナルでの廊下の陥没とそういった小手先だけで問題を解決する姿勢も辛い評価となっている。

 同様に敷地内にバラバラにある4つのターミナル間の相互の移動の不便さや、ターミナル間の短い距離なのに法外な料金を取るタクシーの存在など相変わらず問題点は指摘され、アジア地区に限るとワースト8になっている。

 この評価は清潔さ、サービスの質、入居飲食店の内容や営業時間、職員の対応、空港泊まりの快適さなどの項目を5段階評価で数値化したもので、2015年度の世界ワースト空港3位までにはナイジェリアのポートハーヨート空港、サウジアラビアのキング・アブドゥルアズィーズ空港、ネパールのトリブバン空港が入っている。

 ハードの面で改善の見られるマニラ国際空港だが、空港職員の質の悪さは相変わらずで、先日には乗客手荷物のX線検査時に、乗客の手荷物内に銃弾を故意に入れて乗客を恐喝して金を騙し取る事件が発覚し、職員25人が停職処分を受ける騒ぎもあった。

 また、過密化する空港管制業務から、定時に利用機が発着できない事態が慢性化し、この問題に対して何ら問題解決への努力が見られず、優秀な管制官が給与の良い海外に流出していることが深刻な問題となっていて管制官の質にも不安が持たれている。

 こういった中、11月に行われるAPEC会合で、マニラ国際空港に離発着する航空便がAPEC参加者に便宜を図るために定期民間機を多数運休させる強制措置が取られ、乗客本意でないフィリピン航空行政の姿勢も批判の的となっている。


Updated: 2015/10/26 (月) 09:28

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 中国の強欲な覇権主義に対抗するためにフィリピンと日本の間の軍事同盟の一つと見て良い『防衛装備協定』の調印が2月30日、フィリピンの国防長官と在フィリピン日本大使との間で行..   (2016-03-03)
 ボクシングで世界8階級を制覇し、フィリピンで英雄扱いをされているパッキャオ【写真】は4月9日にアメリカ・ラスヴェガスで引退試合を行う。 しかし、この試合日程が選挙期間中に..   (2016-02-27)
 公式選挙運動は2月9日から解禁となったが、直前に行われた世論調査で副大統領のビナイが出馬表明時の数字からはかなり落としながら、支持率29%を得て首位に立った。 ビナイは73歳..   (2016-02-17)
 国や地域の汚職を監視する国際NGOの『トランス・ペアレンシー』は毎年、その結果を公表しているが、2015年度版ではフィリピンは前年の85位から95位に落ち、アキノ政権が発足以来ラン..   (2016-02-03)
 長年のミンダナオ島での武力紛争を解決するものとして、アキノ現政権下で進められている『バンサモロ基本法』は上下院で審議が行われているが、2月6日から始まる大統領選以下の..   (2016-01-30)
 正副大統領選に立候補している候補者が、莫大な費用を投じて事前運動をしている実態が民間調査機関によってその一端が明らかにされた。 立候補受け付けは既に終了していて、選挙..   (2016-01-07)
 フィリピンの世論調査は『やらせ』や『誘導』との評価もあり、簡単に信用することは危険だが、傾向は読み取れることは出来る。 注目の大統領選支持率で、2つの調査機関が同時期..   (2015-12-24)
 フィリピンの居住歴と国籍で、『ポー上院議員は大統領候補となる資格がない』と中央選挙管理員会に申し立てられていた3件について、中央選管第1小委員会は12月11日、ポー議員に..   (2015-12-12)
 選挙は勢い『風』次第でどう転んで行くか分からない代物だが、2016年5月予定の次期大統領選に、ダヴァオ市長・ドゥテルテが立候補を表明した直後に行われた民間調査でドゥテルテが..   (2015-12-08)
 従来から立候補資格に問題があると指摘されていた、次期大統領選に立候補を届けたポー上院議員【写真】に対して、フィリピン中央選挙管理員会第2小委員会は『居住期間』と『国籍..   (2015-12-03)
 本人は出ないといって煙に巻き、周りだけが騒いでいた次期大統領選にドゥテルテが11月30日、正式に出馬することを表明した。 同時に副大統領として国民党所属で副大統領選に立候..   (2015-12-01)
 2009年11月23日アロヨ政権末期、ミンダナオ島マギンダナオ州で58人以上が殺された『マギンダナオ大虐殺事件』が発生。 この事件は多数のジャーナリストが含まれしかも殺害後、重機..   (2015-11-24)
 『生まれながらのフィリピン人』かどうかで、次期2016年大統領選に立候補届け出をしたポー上院議員に対して、『その資格はない』とする陣営から失格申し立てを受けている。 11月17..   (2015-11-19)
 2013年11月8日、中部フィリピンヴィサヤ地方を襲った台風『ヨランダ=国際名称ハイエン』は同地域に死者・行方不明者7400人近くに達する未曾有の大被害をもたらし、2年間が過ぎた。 ..   (2015-11-09)
        アメリカにあるNPOが過去10年間で起こったジャーナリスト殺害事件の国別未解決ランキングを発表し、フィリピンは内戦や政情不安が起きていない国なのにワースト4..   (2015-11-04)
 ミンダナオ島ダヴァオ市で長年市長職に君臨し、今回市長再選を目指し、立候補を届けたドゥテルテ【写真】は、次期大統領選立候補待望論が強かった。 しかしながら、本人は大統領..   (2015-10-30)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:806,917 今日:3 昨日:135
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.