フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《強行》 農民切り捨てにつながる コメ輸入自由化へ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  《強行》 農民切り捨てにつながる コメ輸入自由化へ

 国際連合食糧農業機関(FAO)によると、国別の一人一日当たりコメ消費量は東南アジア諸国が上位を占め、その中でフィリピンは7位に入っている。

 フィリピンは一日325gの消費に対し、コメ離れが著しい日本は118gとフィリピンの約3分の149位となっている。

 このようなコメ消費大国であるにも関わらず、フィリピンはコメを自給できずコメ輸入の大国でもある。

 フィリピンの輸入米は『国家食糧庁』が、輸入、備蓄、販売を管理していて、販売価格なども規制されているが、その裏を掻い潜ってコメの密輸も盛んで市場には堂々と密輸米が販売されている。

 また、輸入米を扱う業者によってコメの市場価格が操作され、ドゥテルテ政権になって食料価格が高騰したのもコメが原因と見られている。

 そのため、ドゥテルテ政権は従来あったコメの輸入規制枠を撤廃し、民間業者が自由に輸入できる法案が成立し、大統領の署名を経て近く発効する運びとなった。

 しかしながら、この自由化法案は、国内でコメを生産する農家を切り捨てると猛反発が起きている。

 これは国内生産するコメの値段と比べて輸入米の方が安く、大量に輸入されればコメ農家のコメは売れなくなるためで、コメ輸入業者などの業界を利するためと指摘されている。

 これに対して政権側は『コメ供給体制を安定させ米価を押さえ、コメ業界の談合体質の一掃、業界とコメに関わる政府関係者の汚職根絶』と美辞麗句を並べているが、逆に今までのコメ政策の問題点が暴露された形になった。

 コメ自由化に伴ってコメ輸入の主体であった国家食糧庁は、国内コメ生産農家からの買い付けと備蓄米確保に専念するように業態が変わるが、巨大組織である国家食糧庁の改革は示されていない。

 今回の措置によって政府は、農務省が持つコメ増産プログラム
70億ペソと国家食糧庁の国産米の買い付けと備蓄米確保用の70億ペソ、計140億ペソを支出することを予算化した。

 また農務省はコメ自由化政策とコメ農家に対して付加価値の高い農産物転作を進めているが、これらは農家にとってリスクの高い選択になると同省高官から懐疑の声が出ている。

 フィリピンの農業は気候変動、天災に弱く
GDPに占める割合も低い上に、近年アセアン内で高い経済成長率を強調するフィリピンでは足を引っ張る状態となっている。

 実際、
2018年度の産業部門別の経済成長率の貢献度は年度成長率が6.2%の中で、農業部門は0.1%とほとんど伸びていないことが明らかになっている。

 これは農業を含む第一次産業の生産性がフィリピンでは置き去りにされている結果で、最近の歴代政権でも農業部門の成長率が良かったのはエストラダ政権で
6.5%で、最低はラモス政権の0.8%となり、他の政権でも12%台という低成長。

 しかしながら、フィリピンの労働者数の
3分の1が何らかの農業に関係し、これは全世帯の4分の1に達するという調べもあり、このため農業従事者を尊重しない政策によってフィリピンの貧困がなくならない要因の一つともなっているとされる。


Updated: 2019/02/19 (火) 20:29

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン統計局は8月8日、2019年第2四半期(4月~7月)の国民総生産(GDP)の成長率を発表したが、それによると同期間の成長率は5.5%となり、この数値はドゥテルテ政権が発足した201..   (2019-08-10)
 運用全般と空港設備やレイアウトの不備でマニラ国際空港は過密化し、慢性的な離発着の遅れを生じているが、これを解消するために政府はカヴィテ州サングレーポイントにある空軍飛..   (2019-07-22)
  国際空港のあるマクタン島とセブ本島間には2本の橋が架かっているが、現在第3の橋の架橋工事が進められていて、名称は『Cebu-Cordova Link Expressway (CCLEX)』。 この橋はセブ側は日本の..   (2019-06-19)
 フィリピンは賃金が安い、英語が分かる、フレンドリー、日本から近い、と日本企業の海外進出先としては評価は高いが、業種によってはフィリピンを凌ぐ国が現れている。 日本企業..   (2019-04-27)
 マニラ首都圏マンダルーヨン市にある『アジア開発銀行=ADB』によると、フィリピンの2019年の経済成長率予測を、従前の6.7%から0.3ポイント下げて6.4%に修正した。 また、世界銀行..   (2019-04-12)
 フィリピン観光省によると2018年度のセブやボホールを含む中央ヴィサヤ地域への観光での訪問客数は内外併せて800万人と見られている。 伴って観光収入は442億ペソ(約980億円)と1千..   (2019-03-30)
 日本のODA(政府開発援助)は国益を前面に出さず、日本企業の海外事業に手を貸していると批判されるが、中国と比べて低利、長期返済期間のため『債務の罠』がないと好評で、中国贔..   (2019-03-16)
 政府の経済予測というのは都合の良い統計数字をつまんで過大に発表するのが定石で、日本の安倍政権などその典型的なやり口ながら、嘘八百を重ねてその事実を隠蔽している。 フィ..   (2019-03-05)
 昨年から国内新車販売が不振のフィリピンで、最新の統計となる2019年1月新車販売数が前年同月に比べて15%も落ち込んだことが明らかになった。 総販売台数は2万6888台で、この数字は..   (2019-02-28)
 国際連合食糧農業機関(FAO)によると、国別の一人一日当たりコメ消費量は東南アジア諸国が上位を占め、その中でフィリピンは7位に入っている。 フィリピンは一日325gの消費に対..   (2019-02-19)
 諸物価の値上がりが続くフィリピンは、ペソの対ドルレートの下落もあって国内で販売される新車の価格を上げる可能性が自動車販売会社取り沙汰されている。 そういった中、2018年..   (2019-02-05)
 アジア圏で最初の航空会社、フィリピンのフラッグ・キャリア-としてプライドの高いフィリピン航空(PAL)は過去に労使紛争から来る『倒産』騒ぎを起こしているが、政商と呼ばれる..   (2019-01-30)
 元アメリカ海軍基地跡に生まれた『スービック湾経済特区』に2006年に進出し、操業していた韓国の『韓進重工業フィリピンズ=HHIC』が、1月8日地元オロンガポ地裁に会社更生法を申請..   (2019-01-18)
 世界銀行がフィリピンの2019年GDP(国内総生産)成長率予測を12月に発表したが、これによると従来の予測6.7%から6.5%に下方修正した。 一方、世界有数の格付け会社『フィッチ・レー..   (2019-01-09)
高い経済成長率に伴って右肩上がりに売れ行きを伸ばしていたフィリピンの自動車業界だが、今年に入って急激に販売不振が続いている。 業界団体の『Chamber of Automotive Manufacturers of the Ph..   (2018-12-17)
 フィリピン統計局(PSA)が12月5日に発表した、11月の消費者物価指数(CPI)によると前年同月比6.0%上昇となり、相変わらず物価上昇は高率ながら前月の同6.7%から減速した。【写真..   (2018-12-07)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:790,353 今日:11 昨日:178
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.