フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【借款】 鉄道敷設で日本のODA決まるが 日本企業が儲ける仕組み  - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【借款】 鉄道敷設で日本のODA決まるが 日本企業が儲ける仕組み 

 マレイシア・クアラルンプールで85日に行われた日本政府高官とフィリピン政府高官の会談で、日本政府は首都圏マニラ市トゥトゥバンとブラカン州マロロス市を結ぶ、高架式鉄道を敷設するための円借款供与を表明した。

 供与額は20億ドル(約2420億円)に上り、一つの案件としては日本では史上最高額となる。

 この供与表明は、6月初旬にアキノ大統領が訪日した際に『総額3000億円の鉄道事業を含むマニラ首都圏の交通インフラ整備』を日本側が協力すると合意されていて、その具体的な案件発表となった。

 この借款は『タイド・ローン』になるが、別名を『ひも付き援助』と呼ばれていて、プロジェクト実施に当って計画、監理、建設など日本企業への発注が義務付けられている。

 このため、プロジェクトの旨味は日本側へ還流するようになっていて、実態は日本企業の売上補完、救済であってプロジェクト現地には負担が残るだけとの批判が強い。

 借款の決まった鉄道敷設プロジェクトは次期政権下の2017年度第一4半期を予定し、2020年に完工する予定で全長367キロ、1日当たりの乗客輸送能力は34万人を見込んでいる。

 こういったマニラ首都圏の輸送増強計画はアロヨ前政権下で中国による首都圏とルソン地方中部を結ぶ全長90キロの『北ルソン鉄道整備事業』鉄道敷設プロジェクトがあったが、アロヨ前大統領への中国側からの巨大な贈賄疑惑や、沿線住民の立ち退き問題を含めた用地確保に難航し、計画から約2年遅れで着工したものの現在はとん挫している状態となっている。

 また、日本の新国立競技場のドタバタと同じように中国政府の事業支援額が当初の5億ドルから4倍の20億ドルに膨れ上がる有様と、西フィリピン海を巡る中国の強権主義に抗するアキノ政権下の2011年、計画見直しが決まった。

 こういった事例から、今回の鉄道敷設事業が中国の鉄道プロジェクトと同じ轍を踏まないとは誰も見通せないのが実情で、新国立競技場のような税金の無駄遣いが膨らむのではないかとの指摘もある。

 実際に、1991年から日本政府はフィリピン国鉄通勤線(マニラ市-カビテ州)や首都圏LRT1号線などの輸送力増強のための再整備で20億円の借款供与をしているが、住民移転問題などで計画の一部変更を余儀なくされている。

 仮に今回の鉄道敷設事業が20億ドルの供与額内で敷設プロジェクトが終了しても、その後を担うフィリピン側は現在でも適正な運賃を徴収できない政治的な赤字運賃設定のため、資金的余裕がなく運営、保守のための新たな海外への借款頼みとなる可能性が強く、プロジェクトその後を自立できない構造的欠陥を克服しないと、新たなる赤字をフィリピン政府は抱えるようになる。

 【写真はやはり中国の援助で新線敷設を目論むタイ鉄道】


Updated: 2015/08/11 (火) 07:55

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 セブ島南部西海岸にあるオスロブ町は魚類では最大の『ジンベイザメ』が、自然の海で観られると、近年爆発的な観光地になっているが、殺到する観光客によって観光公害が引き起こさ..   (2018-10-10)
 日本の三大海運会社の一角を担う『商船三井(MOL)』が、日本人の船員希望者が減る中、ルソン島カヴィテ州ダスマリニャス市に、9月12日4年制の船員養成大学『MOL Magsaysay Maritime Academy I..   (2018-09-13)
 2017年12月末を持ってセブ市にあるマリオット・ホテルは撤退をしたが、これは同ホテルの建つセブ・ビジネス・パークを運営するアヤラとの20年間の契約が切れたためで、マリオット・..   (2018-08-22)
 靴の小売業から始まったフィリピン最大の商業グループや商業銀行、不動産、建設業などを傘下にする持ち株会社『SMインヴェストメント=SMIC』が2018年度上半期(1月~6月)の連結決算..   (2018-08-14)
 高い経済成長率を誇示しているフィリピンは、ドゥテルテ大統領の違法薬物容疑者抹殺政策が国際的な批判を浴びているが、そういった『邪魔者は消せ』思想は国内の多くのレベルに蔓..   (2018-08-07)
 ASEAN域内で自動車を生産しているのは生産の多い順にタイ、インドネシア、マレイシア、ヴェトナム、フィリピン、ミャンマーの6ヶ国になり、これらの国の2018年1月~3月の第1四半期の..   (2018-07-21)
 フィリピンで一、二を争う著名なリゾート地『ボラカイ島』は、4月から6ヶ月間の予定で観光客の立ち入り禁止、閉鎖中で経済損失と雇用の大きな問題を生じているが、閉鎖直前の3月末..   (2018-07-03)
 在任中の実績を誇示したいドゥテルテ大統領は、大型プロジェクトを中国や日本の資金で進めているが、そういった巨額投資は財閥企業に恩恵を与えるだけで、フィリピンの多数派であ..   (2018-05-31)
 マニラ首都圏には3本の軽量鉄道が走っていて、最初に作られたのは1884年のLRT-1線で、次に1999年にMRT線(MRT-3)、2003年にLRT-2線がそれぞれ開業した。 LRT-1とMRT-3は本来環状線とし..   (2018-05-21)
 日本のODAで2005年に竣工した埋立地『South Road Properties(SRP)』は面積300ヘクタールあり、国内大手不動産会社の草刈り場となっているが、まだ空地は目立つ。 ここには国内小売最大手のシ..   (2018-05-16)
 利用客が急増しながらそれに対応できないマニラ国際空港は、航空便の遅延が目立ち、その結果航空会社が被る損失は年間11億ペソ(約23億円)で、これが2020年には38億ペソ(約80億円)..   (2018-05-08)
  問題になっているホテルは『Sofitel Philippine Plaza Manila』【写真】。  同ホテルは1976年に当時のマルコス政権によって造られた国際会議場などと一体で造られ、マニラ湾に面している..   (2018-04-25)
 フィリピンに本部を置くアジア開発銀行(ADB)によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)全体の経済成長率は2018年、2019年共に5.2%と見込まれる中、フィリピンは2018年6.8%、2019年が6.9%と..   (2018-04-16)
 2014年に建設を開始したマクタン・セブ国際空港の第2ターミナルが、6月に開業することとなった。【写真は完成予想図】 マクタン・セブ国際空港のこれまでの許容能力は年間450万人だ..   (2018-04-03)
 2011年6月29日に本欄で下記の標題でボラカイ島について書いて、同島の観光開発の危機を警告していたが、それから7年近く観光業に寄食する行政と業者はボラカイ島の環境問題には何ら..   (2018-03-23)
 3月5日、今年の1月から実施されている税制改革によって国内のインフレが昂進していることをフィリピン財務省は発表した。 これによると、2月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比..   (2018-03-10)
12345678910,,,22
ニュース コラム ライフ
バタネス紀行 2017 その-(52..
【蠢動】 2019年選挙前哨戦 ..
マニラ逍遥 2018年 その(3)..
《過密》 セブの『ジンベイザ..
バタネス紀行 2017 その-(51..
【不慮】 フィリピンで演習参..
マニラ逍遥 2018年 その(2)..
バタネス紀行 2017 その-(50..
【黒幕】 セブの日本人女性射..
《評判》 次期上院選候補支持..
マニラ逍遥 2018年 その(1)..
《災害》 セブ州中部ナガ市で..
《鉄屑》 フィリピン名物 ジ..
バタネス紀行 2017 その-(49..
【自前】 商船三井 船員養成..
バタネス紀行 2017 その-(48..
《批判》 ドゥテルテに媚を売..
バタネス紀行 2017 その-(47..
《失政》 物価上昇止まらず ..
セブで使うデジタル・カメラ
21《拙速》 ボラカイ島の環境整..
22バタネス紀行 2017 その-(46..
23《定年》 新最高裁長官決まる..
24《銃撃》 セブで日本人と韓国..
25ニノイ・アキノの日と日本の完..
26《芸能》 日本映画『愛しのア..
27バタネス紀行 2017 その-(45..
28【経営】 セブの旧マリオット..
29《隠蔽》 日本の厚労省とNPOが..
30セブで日本軍が降伏した場所
31【事件】 セブ・マクタン島の..
32バタネス紀行 2017 その-(44..
33【肥大】 小売業最大手のSMの..
34【管理】 在住外国人にも登録..
35フィリピンの暑さと他の国では..
36【警戒】 ミンダナオの島で爆..
37バタネス紀行 2017 その-(43..
38【実態】 成長の影に環境破壊..
39セブの涼しさと日本の猛暑
40【事件】 フィリピンで次々と..
41バタネス紀行 2017 その-(42..
42【自治】 フィリピン版『一国..
43議員ボクサー『パッキャオ』の..
44【下降】 自動車の生産と販売..
45【奪還】 パッキャオの再起戦..
46【操作】 大統領の支持率 他..
47【世論】 大統領の支持率 就..
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【事件】 フィリピンで次..+ 3779
【世論】 大統領の支持率..+ 2855
【自治】 フィリピン版『..+ 2775
【操作】 大統領の支持率..+ 2755
《銃撃》 セブで日本人と..+ 2443
【下降】 自動車の生産と..+ 2253
【奪還】 パッキャオの再..+ 2252
【警戒】 ミンダナオの島..+ 2189
【事件】 セブ・マクタン..+ 2053
【管理】 在住外国人にも..+ 1762
《隠蔽》 日本の厚労省とNP..+ 1659
フィリピンと日本の晴れ着..+ 1639
【実態】 成長の影に環境..+ 1506
《芸能》 日本映画『愛し..+ 1477
《失政》 物価上昇止まら..+ 1411
《批判》 ドゥテルテに媚..+ 1380
バタネス紀行 2017 その-..+ 1366
《定年》 新最高裁長官決..+ 1365
【肥大】 小売業最大手のSM..+ 1349
【経営】 セブの旧マリオ..+ 1308
21《拙速》 ボラカイ島の環..+ 1293
22《鉄屑》 フィリピン名物..+ 1236
23《災害》 セブ州中部ナガ..+ 1102
24【自前】 商船三井 船員..+ 906
25議員ボクサー『パッキャオ..+ 829
26【黒幕】 セブの日本人女..+ 826
27セブの涼しさと日本の猛暑+ 789
28フィリピンの暑さと他の国..+ 741
29《評判》 次期上院選候補..+ 713
30バタネス紀行 2017 その-..+ 698
31セブで日本軍が降伏した場..+ 696
32バタネス紀行 2017 その-..+ 693
33バタネス紀行 2017 その-..+ 661
34ニノイ・アキノの日と日本..+ 655
35バタネス紀行 2017 その-..+ 637
36セブで使うデジタル・カメ..+ 629
37バタネス紀行 2017 その-..+ 589
38バタネス紀行 2017 その-..+ 467
39バタネス紀行 2017 その-..+ 454
40【不慮】 フィリピンで演..+ 429
41バタネス紀行 2017 その-..+ 395
42マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 327
43《過密》 セブの『ジンベ..+ 304
44マニラ逍遥 2018年 その(2..+ 268
45バタネス紀行 2017 その-..+ 263
46マニラ逍遥 2018年 その(3..+ 216
47【蠢動】 2019年選挙前哨戦..+ 17
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:730,651 今日:71 昨日:198
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.