フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
フィリピン、東南アジア諸国の中、最低の成長率を記録ーHSBC - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  フィリピン、東南アジア諸国の中、最低の成長率を記録ーHSBC

イギリス系の巨大銀行HSBCは、フィリピンが輸出の低調によって、東南アジア諸国の中で最も低い経済成長率を記録したことを明らかにした。

HSBCは、「起伏が少しある見込み(They Say It May Get Bumpy)」というタイトルの2010年第1四半期のアジア経済のマクロ分析報告書(Macro Asian Economics First Quarter 2010)で、今年のフィリピン国内総生産(GDP、gross domestic product )成長率が東南アジア諸国の中で最低値を記録することと予測している。

HSBCは、今年のフィリピンGDP成長率は4.2%レベルになる見込みであるとした。これは、マレーシア(6.8%)、ベトナム(6.8%)、シンガポール(6.5%)、インドネシア(5.8%)、台湾(5.1%)、タイ(4.6%)より低いことを示唆する。

HSBCは、タイ(-2.9%)、台湾(-2.8%)、シンガポール(-2.2%)、マレーシア(-2%)など、昨年1年間、東南アジア全体的に景気が低迷する中、フィリピンのGDPは1.1%成長を記録しているものと予測している。

フレデリック・ニューマン(Frederic Neumann)HSBC首席経済研究院は、昨年フィリピンのGDP成長率は、熱帯性台風のオンドイ(Ondoy)と台風ペペン(Pepeng)によって発生した被害のため、1.1%にとどまったと述べた。その被害額はGDPの2.7%に及ぶものである。

また、「フィリピンが相次ぐ台風で被害を被り、景気回復に難航し、44億ドル($ 4.4 billion)規模の損失が発生した」と彼は伝えた。また、商品輸出部門で21%の下落が予想されることによって、フィリピン経済にも否定的な影響を及ぼすものと予想している。

彼は「現在、フィリピン経済の中で最も注目すべき部分は、変動幅が激しい輸出産業である。輸出産業は、2009年に21%のマイナス成長を記録し、先進国の消費心理も低迷したのにつれ、回復の速度も遅いものと予想されている」と述べた。

ニューマン(Neumann)は、今年フィリピンの商品輸出の成長率が最少6%であると予想されるため、フィリピンのGDPも上がるであろうと述べた。

ニューマン(Neumann)は、報告書の78ページを通じ、「一言でいうと、ゆっくりではあっても、フィリピン経済は2010年に4.2%成長し、上昇転換するだろう」と語った。また、速くなくても安定した経済成長を通じて、結果的に、政府の支出が増えるであろうし、国税庁(Bureau of Internal Revenue; BIR)と税関庁(Bureau of Customs、BOC)の租税のレベルが多少緩和されるだろうと述べた。

彼は「これにより、公的部門の支出は増える見込みである。しかし同時に、構造的なボトルネック現象及び経済の脆弱性により、租税収入は急激に減少するのであろう」と付け加えた。また、これにより、今年のGDP財政赤字の規模は、前年比0.4%増の4.4%の規模になるとの見通しを示した。

ニューマン(Neumann)は「今年の注意すべきリスク要因は、政府組織の改編により、税制改革を先延ばしにされ、より強力な緊縮財政を実行し難くなり得るということである」と語った。HSBCは、今年の物価上昇率を、昨年の3.3%よりも高い平均5.2%と予想した。

彼は、期待物価上昇率が以前の水準より高いことによって、フィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas、BSP)財政委員会(Monetary Board)が、今年第2四半期まで主要な政策指標を調整する圧力を受けると伝えた。ニューマン(Neumann)は、「しかし財政政策は、しばらくの間、景気拡張に集中され、第2四半期に一時的に一部基準指標の上方修正もあり得る」と語った。 (フィリピン韓人商工会議所提供)


Updated: 2010/02/08 (月) 10:30

Share |
 
QcJlxuKom
2014-03-11 12:44
<a href=http://www.statdoctors.com/files/#380h2>this website</a> buy valium tijuana - valium induced depression
   
BFGSb
2014-07-14 15:18
<a href=http://picadillyfarm.com/media/#u0>buy adderall online</a> adderall dosage equivalent vyvanse - buy adderall online no membership
   
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 歴代総裁は日本の指定席で、マニラ首都圏に本部のあるADB(アジア開発銀行)が、総延長163キロに及ぶ『南北通勤鉄道』【図】に43億ドル(現在相場で約5800億円)の融資契約をフィリピ..   (2022-06-22)
 ドゥテルテ政権下で推し進めた鉄道、道路、橋梁などの巨大建設プロジェクトの一つ『セブ-マクタン第3橋』が、4月27日ドゥテルテ大統領を迎えて開通式を行い、4月30日から一般に開..   (2022-06-09)
 国際的な平和事業に協力する組織として存在するJICA(国際協力機構)が、軍事部門に踏み込んだと批判されたフィリピン沿岸警備隊向けの巡視船2隻目が5月27日建造地の山口県下関市を..   (2022-05-28)
 昨年9月に巨額の負債を抱えてニューヨーク破産裁判所に破産申請をし認められたPAL(フィリピン航空)の2021年決算が発表され、前年の損失730億ペソ(約1500億円)から565億ペソ(約1200..   (2022-04-25)
 静岡市に本社を置くプラスティック模型や関連資材を製造、販売【写真】する大手タミヤ(資本金5000万円)が、セブに持つ製造子会社『Tamiya Philippines, Inc.』の工場を15億ペソ(約33億円..   (2022-03-30)
 2021年連結売上で6318億円を記録し、内海外事業分が4分の3を占める日本のブラザー工業が、マニラ首都圏の南方バタンガス州で新たな工場を増設することを発表した。 現在、同地区で..   (2022-03-07)
 日本の小売り大手イオン傘下でコンビニエンス事業を展開するミニストップ(株)がフィリピンで展開するミニストップ・フィリピンの全株式を合弁相手に売却し、フィリピンから撤退..   (2022-02-25)
 フィリピンで最大のファーストフード・チェーン会社で世界的企業のマクドナルドが後塵を拝するジョリビー・フーズの2021年度決算が発表された。 これによると前年の2020年度の損失1..   (2022-02-14)
 フィリピン証券取引所(PSE)は総合株式指数を構成する30銘柄の内、2社を入れ替え2月14日から実施すると発表した。 同銘柄から除外されるのはセブパシフィック航空などを傘下にする..   (2022-02-07)
 フィリピン統計庁は2021年の通年GDP(国内総生産)は5.6%と公表した。 この数字は世界銀行の4.3%、IMF(国際通貨基金)の3.2%、ADB(アジア開発銀行)の5.1%の予測値を何れも上回る..   (2022-01-31)
 フィリピンで自動車を製造・販売する業界団体の全国自動車工業会(Chamber of Automotive Manufacturers of the Philippines Inc.=CAMPI)が2021年度の加盟各社の新車販売状況を発表したが、その年間販売..   (2022-01-14)
 フィリピンの外食産業最大手のジョリビー・フーズ(JFC)が、牛丼で知られる吉野家インターナショナル・フィリピン(YIPI)と合弁して設立した吉野家ジョリビー・フーズ(YJFI)を傘..   (2021-11-03)
 物流世界大手のFedExが2009年に旧アメリカ海軍基地跡のスービック特別経済区から拠点を中国・広州に移してから、12年ぶりにフィリピンに戻って来ることになった。 フィリピンの新し..   (2021-10-22)
 世界中の航空会社が新型コロナの影響を受けて苦戦する中、フィリピン航空(PAL)が9月3日(フィリピン時間4日)にニューヨークの連邦破産裁判所に、日本の民事再生法に当たる連邦破..   (2021-09-05)
 GDP(国内総生産)はフィリピン統計庁(PSA)が四半期ごとに発表しているが、今年度の第2四半期(4月~6月)の速報値によると、前年同期比11.8%の増加となった。 この数値はアキノ..   (2021-08-12)
 コロナ禍で観光業は青息吐息のセブだが、ピンチはチャンスとホテル業に進出する企業もある。 この企業はセブを拠点とする不動産開発大手のセブ・ランドマスター社(CLI)で、リゾ..   (2021-08-01)
12345678910,,,26
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:930,199 今日:2 昨日:60
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.