フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【交通】 鉄道敷設計画 ミンダナオ島とルソン島で具体化 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【交通】 鉄道敷設計画 ミンダナオ島とルソン島で具体化

 ミンダナオ島ダヴァオ市長から大統領に当選したドゥテルテは地元に鉄道を敷くことで、在任中の実績を誇示するプロジェクトが本決まりになった。


 これは『我田引水』ならぬ『我田引鉄』であり、政府筋が説明するような経済効果は机上の計算との指摘も強い。

 ミンダナオに敷設される鉄道はダヴァオ市を北上し、南ダヴァオ州都ディゴス市(人口17万人)を経由して、北ダヴァオ州都タグム市(人口26万人)を結ぶ、全長約102キロに及ぶ。

 これはドゥテルテがぶち上げている、ミンダナオ島を縦断する830キロに渡る鉄道プロジェクトの最初の路線となっていて、7つの駅が造られる予定。

 この路線の総工費は約350億ペソ(約910億円)と見積りされていて、その原資は中国や日本の援助を当てにしている。

 2018
年第1四半期(1月~3月)に着工し、完成は2022年第3四半期(7月~9月)を予定し、大統領の任期終了までに間に合わせるような露骨な計画となっている。

 このミンダナオ島鉄道に関して、ミンダナオ島は道路事情【写真はタグム市の道路、ミンダナオ島の主要道路はこのような状態が普通】が他の地域と違って格段に良く、しかも沿線の人口もマニラ首都圏などと違って少なく、運行しても赤字は避けられずあえて鉄道を敷く理由は薄いとの批判も強い。

 鉄道プロジェクトではルソン島でいくつか決まっていて、その一つはマニラ首都圏とルソン島中部パンパンガ州にあるクラーク国際空港を結ぶ路線で、1期工事は空港からブラカン州マノロス市を繋ぐ約50キロで、2019年第2四半期(4月~6月)に着工し2022年第2四半期に完工予定で、こちらも大統領在任中の完成を目指している。

 同路線の2期工事は空港から同地区にある経済特区まで19キロ延伸する予定で、工期は2022年から2024年とし、1期、2期工事の総事業費は約2110億ペソ(約5500億円)と見積りミンダナオ島同様日本などのODA頼みとなっている。

 このクラークーマノロス路線はマニラ国際空港方面へ延伸する予定でその距離は38キロで、こちらの事業経費は日本のJICAが大部分を出し、その額は約21億ドル(約2300億円)。

 フィリピン国鉄には現在唯一、マニラとルソン島南部のソルソゴン州を繋ぐ南方線(路線長581キロ)を持っているが、保守管理が出来ず死に体状態となっているが、マニラ首都圏と近郊を結ぶ通勤路線の拡充も行われている。

 フィリピンでは地獄的な道路の渋滞と、排気ガス公害を解消するために大量輸送に適した鉄道運送が見直され、セブ島でも鉄道計画が持ち上がっている。


Updated: 2017/06/08 (木) 11:51

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 膨張する航空需要に対して、フィリピン国内では新ターミナル建設や新空港建設、新空港構想プロジェクトが各地で行われている。 フィリピン中部の中心、ヴィサヤ地方セブ州のマク..   (2017-12-08)
 日本政府が100%の株を所有する国際協力銀行(Japan Bank for International Cooperation=JBIC)が、日本の製造業企業に海外進出人気度調査を行い、その結果が11月22日に公表された。 この調査..   (2017-11-28)
 フィリピン政府の統計庁(PSA)が11月16日に2017年度第3四半期(7月~9月)の国内総生産(GDP)の数字を発表した。 これによると、GDPは前年同期比で6.9%増の結果となった。 また、..   (2017-11-18)
 フィリピンのフラッグ・キャリアーとなっているフィリピン航空(PAL)は、かつて倒産の危機に見舞われたが、実質オーナーの中国系経済人『ルシオ・タン』の政治力によって持ちこた..   (2017-11-04)
 毎年恒例の大富豪番付2017年度フィリピン版がアメリカの経済誌『フォーブス』から発表された。 これによるとフィリピンで一番の富豪は、国内小売業最大手のSMや国内最大の銀行BDOな..   (2017-10-16)
 任期まで持つかといわれているトランプ大統領をしり目に、アメリカの9月の製造業景況指数が13年半ぶりの高水準になったために、世界的に株価が高騰し、中でも東南アジア各国の株価..   (2017-10-04)
 ドゥテルテ政権は大型プロジェクトを推進することによって景気維持を計っていて、そのプロジェクトは他の財布を当てにし、援助を受けられればどこの国でも構わない姿勢を保ってい..   (2017-09-22)
 膨張するマニラ首都圏の交通事情は世界最悪クラスと不評だが、その一助となる地下鉄建設計画が具体化してきた。 フィリピン最初の地下鉄となる路線は、首都圏ケソン市と同タギッ..   (2017-09-08)
 IMF(国際通貨基金)の見通しではフィリピンの経済成長率は2017年度が6.8%、2018年度は6.9%とASEAN内では比較的高水準を維持する中、ペソが対ドル・レートで先週末(8月25日)の終値は1..   (2017-08-28)
 首都圏マカティ市の繁華な場所にある2.9ヘクタール(約8800坪)の土地を賃貸している不動産会社に対してマカティ裁判所は8月15日、明け渡しを求める判決を出した。 これによって同..   (2017-08-20)
 不動産開発や航空会社などを傘下に持つ中国系財閥の『ガチャリアン』が、総額16億5千万ペソ(約37億円)をかけてフィリピン国内に所有するカジノ付きホテルの整備・改装をすると発..   (2017-08-11)
 昨年10月東京において、ファーストフード業界最大手ジョリビー社、不動産開発大手のダブル・ドラゴン社などと、日本で最大の鶏卵生産会社『イセ食品』の間に合弁会社設立の調印が..   (2017-08-09)
 マニラから、過去3ヶ月間に15の直接路線を開いた小型飛行機運航会社『Air Juan(エアー・フアン)』は8月1日からセブを基地とする路線の定期運行を始めた。 使用される機種はセスナ..   (2017-08-02)
 日本国内出店から衣料小売り大手の『ユニクロ』は海外出店に重心を移し、2016年8月現在で国内837店舗に対して海外958店舗を展開している。 【写真はユニクロの店舗が入るセブのSMモ..   (2017-07-27)
 総売上高2兆1433億円(2016年度)の日本たばこ産業(JT)が、フィリピンのたばこ会社Mighty Corp.(MC)との間で、買収交渉をしている事を7月13日に表明した。 JTは肺がんなど疾病を引き起..   (2017-07-14)
 デパートなど小売業大手の三越伊勢丹ホールディングス(HDS)と不動産業界中堅の野村不動産がマニラ首都圏に商業施設と住宅を一体化した事業を進めるため、フィリピン不動産中国系..   (2017-07-11)
12345678910,,,20
ニュース コラム ライフ
セブから消えるマリオット・ホ..
【強権】 マルコス独裁に近づ..
【多忙】 在比日本国大使館の..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【犯罪】 中国からの密輸続く..
バタネス紀行 2017 その-(18..
【開発】 国内空港関連事業 ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【騒動】 デング熱ワクチン ..
個人崇拝と全体主義
【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
バタネス紀行 2017 その-(17..
【司法】 違法薬物取締政策の..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【調査】 日本の製造業の有望..
台風『ヨランダ』から4年経っ..
【天国】 セブ港で コンテナ..
バタネス紀行 2017 その-(16..
【胡乱】 操作した疑いを持た..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
21【統計】 GDP第3四半期成長率..
222017年の万聖節
23【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
24バタネス紀行 2017 その-(15..
25【激減】 ドゥテルテの選挙公..
26小さな旅 ボホール島篇 2017..
27【癒着】 フィリピン航空 巨..
28【薬物】 ドゥテルテの思い付..
29モールの客寄せ用に設置する政..
30【選出】 ミス・セブ2017は ..
31バタネス紀行 2017 その-(14..
32ボホール島 2017年 その-5 ..
33【順位】 フィリピンのパスポ..
34台風が日本を直撃しなかったら..
35バタネス紀行 2017 その-(13..
36【労働】 住友商事傘下のミン..
37セブで日本の選挙の投票をする..
38【内戦】 ミンダナオ島マラウ..
39ボホール島 2017年 その-4 ..
40【恒例】 2017年度フィリピン..
41【契約】 セブのマリオット・..
42【世論】 ドゥテルテ大統領へ..
43【株価】 フィリピン史上初 ..
44【進展】 企業の横暴で10年止..
45【融資】 フィリピンへの有償..
46【最速】 フィリピンのエイズ..
47【下院】 批判勢力に見せしめ..
48【悪弊】 大統領の息子や一族..
49【変更】 フィリピン最初の地..
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【悪弊】 大統領の息子や..+ 3589
【変更】 フィリピン最初..+ 3279
【最速】 フィリピンのエ..+ 3222
【下院】 批判勢力に見せ..+ 2988
【世論】 ドゥテルテ大統..+ 2877
【恒例】 2017年度フィリピ..+ 2422
【融資】 フィリピンへの..+ 2301
【進展】 企業の横暴で10年..+ 2235
【契約】 セブのマリオッ..+ 2138
【順位】 フィリピンのパ..+ 1954
【労働】 住友商事傘下の..+ 1936
【内戦】 ミンダナオ島マ..+ 1921
【株価】 フィリピン史上..+ 1806
【薬物】 ドゥテルテの思..+ 1580
バタネス紀行 2017 その-..+ 1560
【癒着】 フィリピン航空..+ 1478
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 1435
【選出】 ミス・セブ2017は..+ 1431
【激減】 ドゥテルテの選..+ 1397
セブからボホール島への船..+ 1215
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1189
22セブの『東横イン』は大丈..+ 1135
23バタネス紀行 2017 その-..+ 1109
24ボホール島 2017年 その-4..+ 1048
25ボホール島 2017年 その-1..+ 1039
26セブで日本の選挙の投票を..+ 1025
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1015
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1013
29台風が日本を直撃しなかっ..+ 1010
30【犯罪】 中国からの密輸..+ 1007
31ボホール島篇 2017年 その..+ 994
32【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 985
33セブにおける在外選挙投票+ 985
34バタネス紀行 2017 その-..+ 972
35バタネス紀行 2017 その-..+ 967
36バタネス紀行 2017 その-..+ 966
37【胡乱】 操作した疑いを..+ 952
38モールの客寄せ用に設置す..+ 937
39ボホール島 2017年 その-5..+ 915
40【天国】 セブ港で コン..+ 896
41ボホール島 2017年 その-3..+ 896
42小さな旅 ボホール島篇 20..+ 885
43【統計】 GDP第3四半期成長..+ 847
44【調査】 日本の製造業の..+ 718
45【司法】 違法薬物取締政..+ 613
46【騒動】 デング熱ワクチ..+ 591
47【開発】 国内空港関連事..+ 315
48【強権】 マルコス独裁に..+ 247
49【多忙】 在比日本国大使..+ 155
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:676,415 今日:6 昨日:150
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.