フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設は赤字必至 大統領の点数稼ぎか - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設は赤字必至 大統領の点数稼ぎか

 国内インフラの拡大投資で景気の浮揚を図るのはどこの国でも共通するが、インフラ投資を海外からの資金で頼るとなると問題は多く、インフラ充実化を掲げるドゥテルテ政権の目論む巨大プロジェクトの整合性に問題があるとの指摘が出ている。



 特にドゥテルテが領主然としているミンダナオ島に敷設予定の鉄道プロジェクトに対して批判が高い。

 このプロジェクトは総延長1532キロメートルに及び、総工費は現在段階では2110億ペソ(約4700億円)を見込んでいる。

 ドゥテルテの地盤、ダヴァオ市を核にして、北上してカガヤン・デ・オロ、ブトゥアンを経由してミンダナオ島北端のスリガオに至る線。

 カガヤン・デ・オロから西に分かれてイリガン経由のミンダナオ島西端のサンボアンガへ至る線。

 また、ダヴァオ市から南下するゼネラル・サントスへ至る線などミンダナオ島の主要都市全部を繋ぐ路線となっている。

 12
月初旬にこの計画の第1期として、ダヴァオ市を中心に南のディゴス市と北のタグム市を繋ぐ全長102キロメートルの路線が2018年の半ば頃から工事に入る予定と担当部局から発表された。

 この路線への費用は352億ペソ(約782億円)を予定されているが、早くも最初の見積もり総工費を大きく食い込む割合となっている。

 同路線は8ヶ所の駅を設けるが、予定路線の地価が異常な値上がりを招いていて、一部の政治屋、自治体関係者とプロジェクトを契機に一儲けしようとする企業などが組んで暗躍していることも指摘されている。

 そういった動きとは別に、ミンダナオ島初の鉄道敷設の妥当性、将来性にも疑問が投げかけられている。

 フィリピンには国営鉄道が早くから運営され、辛うじてルソン島南方線を運営しているものの、人の移動はバスにとって代られていて久しく、また保守が出来ないために長距離路線は不全状態となっている。

 プロジェクトを推進する側はこういった轍を踏まないとしているが、鉄道は保守が命で、保守管理に弱いフィリピンには信頼がおけないとの声も高い。

 実際、首都圏で走っている軽量高架鉄道では故障が頻発し、路線によっては保守を委託する会社を何度も変える不手際も発生している。

 また、自動車時代に入り、他と比べて道路状況の素晴らしさを誇るミンダナオ島では、鉄道利用者があるのかとの問題も投げかけられている。

 これに対して、当局は第1期のタグム市-ダヴァオ市-ディゴス市線では、現在3時間半を要する時間が鉄道なら3分の1になると自画自賛するが、その根拠は線路で走っただけの計算であると批判を浴びている。

 同時に、同区間での利用者は1日、134千人と弾き出しているが、運行本数や時刻表などが具体的にない段階で利用者数を出すのは早計と見る向きが多く、赤字は免れないとの声も高い。

 それでも、当局はドゥテルテ大統領の任期が切れる2022年までには一部でも運行開始し、大統領の実績、手柄作りを急いでいるが、最終的に失敗のツケは国民に返るため、何が本当に必要、優先なのか今一度ドゥテルテの建設、土木企業優先の見直しが必要との声が上がっている。


 【写真は辛うじて運行しているマニラ首都圏の鉄道沿線】


Updated: 2017/12/17 (日) 11:28

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本の三大海運会社の一角を担う『商船三井(MOL)』が、日本人の船員希望者が減る中、ルソン島カヴィテ州ダスマリニャス市に、9月12日4年制の船員養成大学『MOL Magsaysay Maritime Academy I..   (2018-09-13)
 2017年12月末を持ってセブ市にあるマリオット・ホテルは撤退をしたが、これは同ホテルの建つセブ・ビジネス・パークを運営するアヤラとの20年間の契約が切れたためで、マリオット・..   (2018-08-22)
 靴の小売業から始まったフィリピン最大の商業グループや商業銀行、不動産、建設業などを傘下にする持ち株会社『SMインヴェストメント=SMIC』が2018年度上半期(1月~6月)の連結決算..   (2018-08-14)
 高い経済成長率を誇示しているフィリピンは、ドゥテルテ大統領の違法薬物容疑者抹殺政策が国際的な批判を浴びているが、そういった『邪魔者は消せ』思想は国内の多くのレベルに蔓..   (2018-08-07)
 ASEAN域内で自動車を生産しているのは生産の多い順にタイ、インドネシア、マレイシア、ヴェトナム、フィリピン、ミャンマーの6ヶ国になり、これらの国の2018年1月~3月の第1四半期の..   (2018-07-21)
 フィリピンで一、二を争う著名なリゾート地『ボラカイ島』は、4月から6ヶ月間の予定で観光客の立ち入り禁止、閉鎖中で経済損失と雇用の大きな問題を生じているが、閉鎖直前の3月末..   (2018-07-03)
 在任中の実績を誇示したいドゥテルテ大統領は、大型プロジェクトを中国や日本の資金で進めているが、そういった巨額投資は財閥企業に恩恵を与えるだけで、フィリピンの多数派であ..   (2018-05-31)
 マニラ首都圏には3本の軽量鉄道が走っていて、最初に作られたのは1884年のLRT-1線で、次に1999年にMRT線(MRT-3)、2003年にLRT-2線がそれぞれ開業した。 LRT-1とMRT-3は本来環状線とし..   (2018-05-21)
 日本のODAで2005年に竣工した埋立地『South Road Properties(SRP)』は面積300ヘクタールあり、国内大手不動産会社の草刈り場となっているが、まだ空地は目立つ。 ここには国内小売最大手のシ..   (2018-05-16)
 利用客が急増しながらそれに対応できないマニラ国際空港は、航空便の遅延が目立ち、その結果航空会社が被る損失は年間11億ペソ(約23億円)で、これが2020年には38億ペソ(約80億円)..   (2018-05-08)
  問題になっているホテルは『Sofitel Philippine Plaza Manila』【写真】。  同ホテルは1976年に当時のマルコス政権によって造られた国際会議場などと一体で造られ、マニラ湾に面している..   (2018-04-25)
 フィリピンに本部を置くアジア開発銀行(ADB)によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)全体の経済成長率は2018年、2019年共に5.2%と見込まれる中、フィリピンは2018年6.8%、2019年が6.9%と..   (2018-04-16)
 2014年に建設を開始したマクタン・セブ国際空港の第2ターミナルが、6月に開業することとなった。【写真は完成予想図】 マクタン・セブ国際空港のこれまでの許容能力は年間450万人だ..   (2018-04-03)
 2011年6月29日に本欄で下記の標題でボラカイ島について書いて、同島の観光開発の危機を警告していたが、それから7年近く観光業に寄食する行政と業者はボラカイ島の環境問題には何ら..   (2018-03-23)
 3月5日、今年の1月から実施されている税制改革によって国内のインフレが昂進していることをフィリピン財務省は発表した。 これによると、2月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比..   (2018-03-10)
 労働者を使う側に都合良く作られているENDO(end-of-contract)問題に絡んで、労働雇用省は日系の矢崎トレス工業(本社ルソン島ラグナ州)【写真】に対して、4970人の非正規雇用者を正規..   (2018-03-02)
12345678910,,,22
ニュース コラム ライフ
《災害》 セブ州中部ナガ市で..
《鉄屑》 フィリピン名物 ジ..
バタネス紀行 2017 その-(49..
【自前】 商船三井 船員養成..
バタネス紀行 2017 その-(48..
《批判》 ドゥテルテに媚を売..
バタネス紀行 2017 その-(47..
《失政》 物価上昇止まらず ..
セブで使うデジタル・カメラ
《拙速》 ボラカイ島の環境整..
バタネス紀行 2017 その-(46..
《定年》 新最高裁長官決まる..
《銃撃》 セブで日本人と韓国..
ニノイ・アキノの日と日本の完..
《芸能》 日本映画『愛しのア..
バタネス紀行 2017 その-(45..
【経営】 セブの旧マリオット..
《隠蔽》 日本の厚労省とNPOが..
セブで日本軍が降伏した場所
【事件】 セブ・マクタン島の..
21バタネス紀行 2017 その-(44..
22【肥大】 小売業最大手のSMの..
23【管理】 在住外国人にも登録..
24フィリピンの暑さと他の国では..
25【警戒】 ミンダナオの島で爆..
26バタネス紀行 2017 その-(43..
27【実態】 成長の影に環境破壊..
28セブの涼しさと日本の猛暑
29【事件】 フィリピンで次々と..
30バタネス紀行 2017 その-(42..
31【自治】 フィリピン版『一国..
32議員ボクサー『パッキャオ』の..
33【下降】 自動車の生産と販売..
34【奪還】 パッキャオの再起戦..
35バタネス紀行 2017 その-(41..
36【操作】 大統領の支持率 他..
37フィリピンと日本の晴れ着考
38【世論】 大統領の支持率 就..
39バタネス紀行 2017 その-(40..
40【暗殺】 バタンガス州の市長..
41セブで『ポルシェ』が売れる時..
42《調査》 ボラカイ島の閉鎖問..
43バタネス紀行 2017 その-(39..
44【批判】 ドゥテルテ政権の経..
45初めて行ったSMモール
46《違反》 2千万円を持ち込も..
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《違反》 2千万円を持ち込..+ 2893
【事件】 フィリピンで次..+ 2726
【批判】 ドゥテルテ政権..+ 2353
セブで『ポルシェ』が売れ..+ 2243
バタネス紀行 2017 その-..+ 2072
【世論】 大統領の支持率..+ 2023
【自治】 フィリピン版『..+ 2004
【操作】 大統領の支持率..+ 1950
【暗殺】 バタンガス州の..+ 1937
バタネス紀行 2017 その-..+ 1933
《調査》 ボラカイ島の閉..+ 1843
バタネス紀行 2017 その-..+ 1777
初めて行ったSMモール+ 1758
《銃撃》 セブで日本人と..+ 1672
【警戒】 ミンダナオの島..+ 1586
【下降】 自動車の生産と..+ 1575
【奪還】 パッキャオの再..+ 1479
【事件】 セブ・マクタン..+ 1438
フィリピンと日本の晴れ着..+ 1371
【管理】 在住外国人にも..+ 1233
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1124
22《隠蔽》 日本の厚労省とNP..+ 1090
23【実態】 成長の影に環境..+ 1026
24【肥大】 小売業最大手のSM..+ 996
25【経営】 セブの旧マリオ..+ 919
26《芸能》 日本映画『愛し..+ 904
27《定年》 新最高裁長官決..+ 773
28議員ボクサー『パッキャオ..+ 715
29セブの涼しさと日本の猛暑+ 646
30バタネス紀行 2017 その-..+ 571
31《失政》 物価上昇止まら..+ 546
32《拙速》 ボラカイ島の環..+ 505
33《批判》 ドゥテルテに媚..+ 497
34フィリピンの暑さと他の国..+ 487
35バタネス紀行 2017 その-..+ 461
36バタネス紀行 2017 その-..+ 435
37セブで日本軍が降伏した場..+ 406
38バタネス紀行 2017 その-..+ 361
39ニノイ・アキノの日と日本..+ 310
40【自前】 商船三井 船員..+ 286
41バタネス紀行 2017 その-..+ 285
42セブで使うデジタル・カメ..+ 262
43《鉄屑》 フィリピン名物..+ 172
44バタネス紀行 2017 その-..+ 128
45バタネス紀行 2017 その-..+ 109
46《災害》 セブ州中部ナガ..+ 36
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:725,614 今日:214 昨日:304
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.