フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《利権》 セブ市の大型リゾート開発計画 議会の反対で頓挫 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  《利権》 セブ市の大型リゾート開発計画 議会の反対で頓挫

 日本のODA2005年に竣工した埋立地『South Road Properties(SRP)』は面積300ヘクタールあり、国内大手不動産会社の草刈り場となっているが、まだ空地は目立つ。



 ここには国内小売最大手のシューマート(SM)が10分の1に当る30ヘクタール使用して早々とモールを建設、開業中で同敷地内にホテルやコンドミニアムなど次々と開発中。

 SM
のモール近くには国際空港がありリゾート施設を多く持つマクタン島から3本目の橋が架かることになり、SRPの開発は急ピッチで進んでいる。

 その一つにJGサミット社が、同所に大型リゾート【写真は完成予想図】を建設する計画を明らかにし、SRPを所有するセブ市長が強力に計画を推し進めていた。

 JG
サミット社は低価格航空のセブパシフィック航空を所有し、モール事業ではロビンソンを持つ中国系の財閥の一つ。

 ロビンソンは最近もSMの持つセブ市で最初のモール近くにモールを開業するなどやはり中国系財閥のSMへの対抗心は強く、このSRPへの進出もその一環と見られている。

 同社の計画によると8ヘクタールの敷地に投資額は180億ペソ(約400億円)をかけ、1000室クラスのホテル、カジノ、会議場などが造られる。

 この計画地には現在、市の施設などがあり、市はそれら施設を全部他に移転して同社と50年間のリース計画を結ぶ予定で、同社は契約が成立後3年間で竣工させると表明している。

 しかしながら、5月半ばに開かれた市議会で、この計画は反対多数で白紙に戻された。

 セブ市長の掌握下であった市議会が認めなかったのも異例だが、これは前市長派の巻き返しが功を奏しているのではと見られている。

 前市長は4選禁止規定に抵触する現市長の身代わりとして立候補し当選。通常なら1期務めて役目を終えるが、2期目に色気を出して立候補し、現市長と激突してまさかの当選。

 次に行われた2016年選挙で2度目の対決となり、現市長が制し復活を遂げた。

 来年6月に行われる選挙では3度目の激突が予想され、双方の政治工作が活発化している。

 現市長はセブの政治屋一族の一員として有名で、SRP事業では日本の税金を使わせて大企業を利する不動産屋とまでいわれている。

 SRP
は元々軽工業団地と住宅地開発を目的とした埋め立てであったが、目的から外れた開発が進み、セブ市に対して超低利、長期据え置き、長期間返済の破格の条件を承認を出した日本側機関など責任を問われても良いがそういう動きは全くないし、日本国民は血税をこのように使われていることを知らない。

 今回の市議会の決定に対して市長は、今回の大型開発計画が頓挫したために5000人の雇用機会が失われて残念と嘯いている。


Updated: 2018/05/16 (水) 11:25

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 世界銀行が毎年発表している『ビジネス環境の現状』2020年度版によると、フィリピンは調査対象国・地域190ヶ国の中で総合順位96位となった。 これは前年から29ランクも急上昇し..   (2019-10-29)
 リゾートとして人気が高く、日本から直行便も就航するセブ州マクタン島のマクタン-セブ国際空港の第2滑走路増設計画で、隣接する経済特区が大きく揺れている。 マクタン島にはME..   (2019-10-10)
 世界最大手のホテル運営会社のマリオット・グループが、フィリピン国内に21の新しいホテルと既存のホテルの名称を変えたホテルを2024年までに行う計画を発表した。 この計画では同..   (2019-09-28)
 海のリゾート地として日本でも人気の高いセブだが、リゾート地域を除くと観光として楽しめる場所は少なく、市内にある変わり映えのしない大規模ショッピング・モールでお茶を濁す..   (2019-09-17)
 マクタン-セブ国際空港の2019年上半期(1月~6月)の利用者は630万人で、その内訳は国内便425万人、国際便205万人となっている。 2018年同期の利用者は576万人であり、同期より利用客..   (2019-08-22)
 フィリピン統計局は8月8日、2019年第2四半期(4月~7月)の国民総生産(GDP)の成長率を発表したが、それによると同期間の成長率は5.5%となり、この数値はドゥテルテ政権が発足した201..   (2019-08-10)
 運用全般と空港設備やレイアウトの不備でマニラ国際空港は過密化し、慢性的な離発着の遅れを生じているが、これを解消するために政府はカヴィテ州サングレーポイントにある空軍飛..   (2019-07-22)
  国際空港のあるマクタン島とセブ本島間には2本の橋が架かっているが、現在第3の橋の架橋工事が進められていて、名称は『Cebu-Cordova Link Expressway (CCLEX)』。 この橋はセブ側は日本の..   (2019-06-19)
 フィリピンは賃金が安い、英語が分かる、フレンドリー、日本から近い、と日本企業の海外進出先としては評価は高いが、業種によってはフィリピンを凌ぐ国が現れている。 日本企業..   (2019-04-27)
 マニラ首都圏マンダルーヨン市にある『アジア開発銀行=ADB』によると、フィリピンの2019年の経済成長率予測を、従前の6.7%から0.3ポイント下げて6.4%に修正した。 また、世界銀行..   (2019-04-12)
 フィリピン観光省によると2018年度のセブやボホールを含む中央ヴィサヤ地域への観光での訪問客数は内外併せて800万人と見られている。 伴って観光収入は442億ペソ(約980億円)と1千..   (2019-03-30)
 日本のODA(政府開発援助)は国益を前面に出さず、日本企業の海外事業に手を貸していると批判されるが、中国と比べて低利、長期返済期間のため『債務の罠』がないと好評で、中国贔..   (2019-03-16)
 政府の経済予測というのは都合の良い統計数字をつまんで過大に発表するのが定石で、日本の安倍政権などその典型的なやり口ながら、嘘八百を重ねてその事実を隠蔽している。 フィ..   (2019-03-05)
 昨年から国内新車販売が不振のフィリピンで、最新の統計となる2019年1月新車販売数が前年同月に比べて15%も落ち込んだことが明らかになった。 総販売台数は2万6888台で、この数字は..   (2019-02-28)
 国際連合食糧農業機関(FAO)によると、国別の一人一日当たりコメ消費量は東南アジア諸国が上位を占め、その中でフィリピンは7位に入っている。 フィリピンは一日325gの消費に対..   (2019-02-19)
 諸物価の値上がりが続くフィリピンは、ペソの対ドルレートの下落もあって国内で販売される新車の価格を上げる可能性が自動車販売会社取り沙汰されている。 そういった中、2018年..   (2019-02-05)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:807,254 今日:71 昨日:136
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.