フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《杜撰》 保守管理を怠ったMRT-3 日本の巨額ODAで再生 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  《杜撰》 保守管理を怠ったMRT-3 日本の巨額ODAで再生

 マニラ首都圏には3本の軽量鉄道が走っていて、最初に作られたのは1884年のLRT1線で、次に1999年にMRT線(MRT3)、2003年にLRT2線がそれぞれ開業した。



 LRT
1MRT3は本来環状線として運行されるはずであったが、相互の線路は接続されず、相互乗り入れは不可能となっている。

 これは路線の呼び方が違っているように運営会社は2つに分かれていて、時の政権のご都合と利権で建設されたためで、これが軽量鉄道運営上の問題を多く生じさせている。

 特に首都圏の大動脈でもあるエドサ通りを走るMRT3【写真】は問題が山積していて、本来の役に立っていないと利用者から不満が続出。

 同線は全長16.8キロあり、13駅を擁するが路線と駅などの保守管理が著しく悪く、毎日のように故障などが発生し、通常の速度で走ると脱線の危険があると指摘され、ノロノロ運転が常態化していた。

 この路線がこのような無様な状態になったのは、開通後から2012年まで日本の企業が保守管理を請け負っていて、それが突然利権からフィリピンの企業に変更された。

 この変更までは保守管理に問題はなく、正常に運行されていた。しかもフィリピンと企業との契約は1ヶ月毎更新と常識では考えられない内容であった。

 このため、元々鉄道の保守管理にノウハウのないフィリピン企業によって同路線は荒廃の一路を辿ったが、そういう判断、選定をした運輸当局と運営会社の不手際が追及されても良いが政治案件ということで波風は起こらなかった。

 しかし、あまりの酷さに腰を上げざるを得なくて。2016年に韓国の鉄道運営公社を中心にした企業連合に保守管理の委託をしたが、こちらも鉄道保守にはお粗末な連合で改善は全く見られず、特に韓国の鉄道公社は元々問題がありと烙印を押され、同連合はお払い箱に。

 そこに2016年大統領選で当選したドゥテルテが登場し、ドゥテルテの大型インフラ推進政策に乗る形で、同線の再生が莫大な資金を注ぎ込むことが決まった。

 その相手に選ばれたのがフィリピンで大盤振る舞いの政府開発援助(ODA)を推進している日本で、その先兵として国際協力機構(JICA)が一切のお膳立てをした。

 フィリピン運輸省はMRT3の再整備と保守管理事業に、日本政府から総額約355億円の借款を受けて行うことを発表し、締結は20186月中に行いたいと表明。

 JICA
によると同線の再生事業には39ヶ月かかり、実施企業は住友商事や三菱重工など日本企業が行うとしていて、ここでも日本企業向けの事業であることが判明。

 JICA
は首都圏初の地下鉄建設も決めていて、大型インフラ整備事業に名を借りた日本企業救済の案件ばかりと批判も出ている。

 新線を作れるほどの巨費と長い年月をかけて同線の再生事業は始まるが、最初からメインテナンスをしっかりやっていれば、このような無駄な事態を招かなかったと、フィリピン人のメインテナンスに対する意識欠如が改めて反省されているが、これは直らないとの指摘もある。


Updated: 2018/05/21 (月) 12:13

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 世界各国でコロナ禍の影響によってGDPのマイナスが確実となっている現在、フィリピンもマイナス2~5%の予測が出ている。 この数字は年間7%台のプラス成長を遂げていた中で一気に..   (2020-07-03)
 日本のコロナ禍の序章となったクルーズ船『ダイアモンド・プリンセス』【写真】の集団感染は乗客乗員併せて3700人の内、700人近くが確認されたが、同船の運航乗員中フィリピン人は53..   (2020-06-19)
 コロナ禍で3月半ばから今日に至るまで、フィリピンの各航空会社は国際、国内便とも全面運休している中、フラッグ・キャリア―としての自尊心が高いフィリピン航空(PAL)の赤字が..   (2020-06-09)
在フィリピン日本国大使館 2020/05/13 (水) 23:15発表より転載 【写真は同大使館入り口】 【ポイント】●5月13日,フィリピン政府は,前日(5月12日)の記者会見でコミュニティ隔離の解除..   (2020-05-14)
 本田技研工業は2月22日、フィリピンの現地法人であるホンダ・カーズ・フィリピン(HCPI)がルソン島中部ラグナ州サンタロサ市にある四輪組み立て工場を閉鎖することを発表した。 ..   (2020-03-02)
 中国・武漢市発の新型ウィルスによる余波はフィリピンの観光業に大打撃を与えているが、その中でセブのホテルは不足しているとの見通しが出ている。 セブと並ぶ世界的な観光地で..   (2020-02-19)
 フィリピン統計局(PSA)が2月5日に発表した、2020年1月の消費者物価指数(CPI)の上昇率は2.9%となり、上昇が3ヶ月続いていることが明らかになった。 また、この数字は2019年6月に記..   (2020-02-09)
 2019年の国民総生産(GDP)をフィリピン統計局が1月23日に発表した。 これによると、前年比5.6%のGDPとなり、政府が目標としていた6.0~6.5%に届かなかったことが明らかになった。 ..   (2020-01-25)
 フィリピンを代表する財閥の一つ『アヤラ』が、セブに新しいショッピング・モールをクリスマス商戦たけなわの12月6日(金曜日)に開業した。 アヤラは1994年、ゴルフ場跡地にセブ..   (2019-12-31)
 世界銀行が毎年発表している『ビジネス環境の現状』2020年度版によると、フィリピンは調査対象国・地域190ヶ国の中で総合順位96位となった。 これは前年から29ランクも急上昇し..   (2019-10-29)
 リゾートとして人気が高く、日本から直行便も就航するセブ州マクタン島のマクタン-セブ国際空港の第2滑走路増設計画で、隣接する経済特区が大きく揺れている。 マクタン島にはME..   (2019-10-10)
 世界最大手のホテル運営会社のマリオット・グループが、フィリピン国内に21の新しいホテルと既存のホテルの名称を変えたホテルを2024年までに行う計画を発表した。 この計画では同..   (2019-09-28)
 海のリゾート地として日本でも人気の高いセブだが、リゾート地域を除くと観光として楽しめる場所は少なく、市内にある変わり映えのしない大規模ショッピング・モールでお茶を濁す..   (2019-09-17)
 マクタン-セブ国際空港の2019年上半期(1月~6月)の利用者は630万人で、その内訳は国内便425万人、国際便205万人となっている。 2018年同期の利用者は576万人であり、同期より利用客..   (2019-08-22)
 フィリピン統計局は8月8日、2019年第2四半期(4月~7月)の国民総生産(GDP)の成長率を発表したが、それによると同期間の成長率は5.5%となり、この数値はドゥテルテ政権が発足した201..   (2019-08-10)
 運用全般と空港設備やレイアウトの不備でマニラ国際空港は過密化し、慢性的な離発着の遅れを生じているが、これを解消するために政府はカヴィテ州サングレーポイントにある空軍飛..   (2019-07-22)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:835,374 今日:26 昨日:97
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.