フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【労働】 企業に都合の良い フィリピン式の雇用形態改善進む - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【労働】 企業に都合の良い フィリピン式の雇用形態改善進む

 ENDOend-of-contract)と名付けられている、6ヶ月ごとに労働者を解雇する雇う側に非常に都合の良い短期雇用慣行が、フィリピンには蔓延していて、この悪しき雇用形態を是正する法案が130日、下院で承認された。




 フィリピンでは労働者を6ヶ月以上雇用を続ける場合、7ヶ月目からは正式に雇用しなければならない法律がある。

 それを避けるために6ヶ月未満で解雇をし、期間を置いて同一人をまた雇用する労働者にとって不利、不安定な形態が、業種を問わず浸透し、これが労働者の意欲を無くし、生産性と効率の悪さを生んでいる。

 
ENDOの実態を知らない日系を含む外資系企業の人間が『フィリピン人は働かない』という誤った認識を抱かせる一因ともなっている。


 フィリピンの労働雇用省によると20181月中旬までに12万人余を正規雇用化し、2018年中には30万人の労働者を正規雇用者にする目標を立てているが、労働組合などからは政府に都合の良い数字ばかりと批判され、政府が掴むENDOによる労働者数は実情からかなりかけ離れていると指摘されている。

 一方、安価な労働者の確保が難しくなり経済に影響を及ぼすと企業団体は相次いで声明を出し、反発を深めている。

 こういった企業の反発に対して、日本のように正規労働者が減少し、非正規雇用が多数を占めるようになると経済の減退が起きるとの指摘も出ている。

 賛否両論の中、ドゥテルテ大統領の署名、発令は早ければ2月中に行われると見られ、各種言動や違法薬物政策で批判の高い同大統領も労働者側に対して点を稼ぐ結果となる。

 こういった動きを受けて、労働雇用省は企業に対して雇用形態を改める勧告を発していて、昨年11月にはラグナ州で操業する日系企業2社に対してENDOを改めるように命じた。

 このENDOは日系を含む外資企業がフィリピンに進出する時、都合の良い労働慣行として多く取り入れられていて、フィリピンを食い物にしているとの批判も高い。

 この動きに対して、人材派遣会社から派遣するという形で企業は抜け道を作っていて、企業に求められる社会責任からあの手この手で逃れている例も多い。


Updated: 2018/02/01 (木) 11:03

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 労働雇用省は10月5日、首都圏マニラ地域などの1日の最低賃金を25ペソ引き上げると発表した。 従来の最低賃金は分野ごとと雇用者数で定められ、小売業とサービース業などは雇用者数..   (2018-11-06)
 日本のバナナは95%以上がフィリピン産だが、それを扱うのが大手商社で住友商事、伊藤忠などが知られる。  これら商社は現地に広大なバナナ農園を所有、あるいは契約農家にバナ..   (2018-10-22)
 セブ島南部西海岸にあるオスロブ町は魚類では最大の『ジンベイザメ』が、自然の海で観られると、近年爆発的な観光地になっているが、殺到する観光客によって観光公害が引き起こさ..   (2018-10-10)
 日本の三大海運会社の一角を担う『商船三井(MOL)』が、日本人の船員希望者が減る中、ルソン島カヴィテ州ダスマリニャス市に、9月12日4年制の船員養成大学『MOL Magsaysay Maritime Academy I..   (2018-09-13)
 2017年12月末を持ってセブ市にあるマリオット・ホテルは撤退をしたが、これは同ホテルの建つセブ・ビジネス・パークを運営するアヤラとの20年間の契約が切れたためで、マリオット・..   (2018-08-22)
 靴の小売業から始まったフィリピン最大の商業グループや商業銀行、不動産、建設業などを傘下にする持ち株会社『SMインヴェストメント=SMIC』が2018年度上半期(1月~6月)の連結決算..   (2018-08-14)
 高い経済成長率を誇示しているフィリピンは、ドゥテルテ大統領の違法薬物容疑者抹殺政策が国際的な批判を浴びているが、そういった『邪魔者は消せ』思想は国内の多くのレベルに蔓..   (2018-08-07)
 ASEAN域内で自動車を生産しているのは生産の多い順にタイ、インドネシア、マレイシア、ヴェトナム、フィリピン、ミャンマーの6ヶ国になり、これらの国の2018年1月~3月の第1四半期の..   (2018-07-21)
 フィリピンで一、二を争う著名なリゾート地『ボラカイ島』は、4月から6ヶ月間の予定で観光客の立ち入り禁止、閉鎖中で経済損失と雇用の大きな問題を生じているが、閉鎖直前の3月末..   (2018-07-03)
 在任中の実績を誇示したいドゥテルテ大統領は、大型プロジェクトを中国や日本の資金で進めているが、そういった巨額投資は財閥企業に恩恵を与えるだけで、フィリピンの多数派であ..   (2018-05-31)
 マニラ首都圏には3本の軽量鉄道が走っていて、最初に作られたのは1884年のLRT-1線で、次に1999年にMRT線(MRT-3)、2003年にLRT-2線がそれぞれ開業した。 LRT-1とMRT-3は本来環状線とし..   (2018-05-21)
 日本のODAで2005年に竣工した埋立地『South Road Properties(SRP)』は面積300ヘクタールあり、国内大手不動産会社の草刈り場となっているが、まだ空地は目立つ。 ここには国内小売最大手のシ..   (2018-05-16)
 利用客が急増しながらそれに対応できないマニラ国際空港は、航空便の遅延が目立ち、その結果航空会社が被る損失は年間11億ペソ(約23億円)で、これが2020年には38億ペソ(約80億円)..   (2018-05-08)
  問題になっているホテルは『Sofitel Philippine Plaza Manila』【写真】。  同ホテルは1976年に当時のマルコス政権によって造られた国際会議場などと一体で造られ、マニラ湾に面している..   (2018-04-25)
 フィリピンに本部を置くアジア開発銀行(ADB)によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)全体の経済成長率は2018年、2019年共に5.2%と見込まれる中、フィリピンは2018年6.8%、2019年が6.9%と..   (2018-04-16)
 2014年に建設を開始したマクタン・セブ国際空港の第2ターミナルが、6月に開業することとなった。【写真は完成予想図】 マクタン・セブ国際空港のこれまでの許容能力は年間450万人だ..   (2018-04-03)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:841,095 今日:130 昨日:172
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.