フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【交通】 鉄道敷設計画 ミンダナオ島とルソン島で具体化 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【交通】 鉄道敷設計画 ミンダナオ島とルソン島で具体化

 ミンダナオ島ダヴァオ市長から大統領に当選したドゥテルテは地元に鉄道を敷くことで、在任中の実績を誇示するプロジェクトが本決まりになった。


 これは『我田引水』ならぬ『我田引鉄』であり、政府筋が説明するような経済効果は机上の計算との指摘も強い。

 ミンダナオに敷設される鉄道はダヴァオ市を北上し、南ダヴァオ州都ディゴス市(人口17万人)を経由して、北ダヴァオ州都タグム市(人口26万人)を結ぶ、全長約102キロに及ぶ。

 これはドゥテルテがぶち上げている、ミンダナオ島を縦断する830キロに渡る鉄道プロジェクトの最初の路線となっていて、7つの駅が造られる予定。

 この路線の総工費は約350億ペソ(約910億円)と見積りされていて、その原資は中国や日本の援助を当てにしている。

 2018
年第1四半期(1月~3月)に着工し、完成は2022年第3四半期(7月~9月)を予定し、大統領の任期終了までに間に合わせるような露骨な計画となっている。

 このミンダナオ島鉄道に関して、ミンダナオ島は道路事情【写真はタグム市の道路、ミンダナオ島の主要道路はこのような状態が普通】が他の地域と違って格段に良く、しかも沿線の人口もマニラ首都圏などと違って少なく、運行しても赤字は避けられずあえて鉄道を敷く理由は薄いとの批判も強い。

 鉄道プロジェクトではルソン島でいくつか決まっていて、その一つはマニラ首都圏とルソン島中部パンパンガ州にあるクラーク国際空港を結ぶ路線で、1期工事は空港からブラカン州マノロス市を繋ぐ約50キロで、2019年第2四半期(4月~6月)に着工し2022年第2四半期に完工予定で、こちらも大統領在任中の完成を目指している。

 同路線の2期工事は空港から同地区にある経済特区まで19キロ延伸する予定で、工期は2022年から2024年とし、1期、2期工事の総事業費は約2110億ペソ(約5500億円)と見積りミンダナオ島同様日本などのODA頼みとなっている。

 このクラークーマノロス路線はマニラ国際空港方面へ延伸する予定でその距離は38キロで、こちらの事業経費は日本のJICAが大部分を出し、その額は約21億ドル(約2300億円)。

 フィリピン国鉄には現在唯一、マニラとルソン島南部のソルソゴン州を繋ぐ南方線(路線長581キロ)を持っているが、保守管理が出来ず死に体状態となっているが、マニラ首都圏と近郊を結ぶ通勤路線の拡充も行われている。

 フィリピンでは地獄的な道路の渋滞と、排気ガス公害を解消するために大量輸送に適した鉄道運送が見直され、セブ島でも鉄道計画が持ち上がっている。


Updated: 2017/06/08 (木) 11:51

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 7月5日、岐阜県大垣市に本店のある大垣共立銀行(資本金361億円)が首都圏マカティ市に駐在員事務所を開いた。【写真は同行大垣市にある本店】 日本の地方銀行がフィリピンに進出..   (2017-07-07)
 ミンダナオ島ダヴァオ市長から大統領に当選したドゥテルテは地元に鉄道を敷くことで、在任中の実績を誇示するプロジェクトが本決まりになった。 これは『我田引水』ならぬ『我田..   (2017-06-08)
 フィリピン国家統計局(PSA)は5月18日、2017年第1四半期(1月~3月)のGDP(国内総生産)成長率を発表した。 これによると政府が期待していた7%前後の成長率を外れる6.4%となった。..   (2017-05-22)
  5月11日、神奈川県横浜市に本社を置き産業廃棄物処理を業務とする(株)グーンは、セブ市に近いコンソラシオン町に敷地面積6600平方メートル、面積2400平方メートルの『廃棄プラス..   (2017-05-13)
 フィリピンの公営ギャンブルはフィリピン政府の公社(Philippine Amusement and Gaming Corp.=PAGCOR)で管理されている。 このほど、同公社とミンダナオ島ダヴァオに本拠を構えるUdenna Developmen..   (2017-05-06)
 公共輸送機関サービースが貧弱なアセアン域内では、富裕層は車、庶民層はオートバイで自分の足を確保せざるを得ない状況だが、アセアン自動車連合の統計によるとフィリピンは2016..   (2017-03-26)
 ヴィサヤ地域を中心に大規模なPawnshop(質屋)チェーンを展開するM  Lhuillier  Financial Services Pawnshops Incが、セブ州中部東海岸にあるカルメン町に総面積100ヘクタールのサファリ公..   (2017-03-13)
 フィリピンの主要経済官庁の国家経済開発庁(National Economic and Development Authority=NEDA)は2月20日、NEDA閣僚級委員会が2017年から2022年までの社会経済政策を策定した『フィリピン開発計画..   (2017-02-24)
 BDOとは社名の『Banco De Oro』の頭文字を取った名前で、スペイン語の銀行のBanco、金を表すOro の名前を付けて『金銀行』といかにも銀行らしい名称だが、その創設は1968年。 現在は他の..   (2017-02-10)
 アメリカのトランプ大統領による乱暴な政策によって世界経済の見通しが混迷を深める中、フィリピン国家経済開発庁(NEDA)が、2016年のフィリピンの国内総生産(GDP)が1月下旬に速報..   (2017-02-02)
 健康に良くない『ジャンク・フード』と指摘され、先進国では貧困層の利用に偏るといわれるファースト・フード業界だが、フィリピンに置いては、この手の食品を好む若年層が厚いた..   (2017-01-23)
 新規都市型ホテルが続々と開業するセブ地域で、セブ市に隣接するマンダウエ市の埋め立て地に23階建て、668室を擁するホテルが2017年5月から開業される。 このホテル名は『BAI』【写..   (2016-12-27)
 創業者が中国からの移民であり、靴販売から始めて一代で国内各地に大型ショッピング・モールを多数運営(現在70店舗)し、銀行業や不動産業でも実績を伸ばす複合企業『シューマー..   (2016-12-15)
 フィリピン・エネルギー省石油産業管理局(DOE-OIMB)が11月に、マニラ首都圏と隣接するケソン、バタンガス、リサール、カヴィテ各州に設置、営業している給油所924ヶ所のガソリン品..   (2016-12-09)
  好調な国内総生産(GDP)の伸びの続くフィリピンで、経済官庁の一つである予算管理庁長官が11月下旬に『大統領の任期の終わる2020年までに少なくても10%の経済成長率を実現したい..   (2016-12-01)
 フィリピン・エネルギー省長官は、現在進められているアジア開発銀行=ADB(本部首都圏マンダル―ヨン市)からの5億ドルに上る融資案件『電動トライシクル事業』の打ち切りを言明..   (2016-11-23)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:807,413 今日:94 昨日:136
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.