フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【緑化】 セブの日系企業『NKC』が コーヒー苗を山に植樹 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【緑化】 セブの日系企業『NKC』が コーヒー苗を山に植樹



 セブ州ラプラプ市の経済特区とセブ市内の2ヶ所に事業所を持つNKCは、環境活動の一環としてセブ市タランバン奥の山岳地帯に広がるアドラオン地区で、9月下旬に同地区でコーヒー苗1000本を植樹する活動を行った【写真は同日の記念写真】。

 NKCはベアリングやコンベアーを主として製造する、資本金25億円余、従業員数約3100人の中西金属工業(株)を親会社とし、
ラプラプ市の経済特区へは1997年に進出し、ベアリング用ゴムシールや住宅用戸車などを生産している。

 また、セブ市の事業所は2001年市内ITパーク内ビルに設立し、主に工場の生産ラインシステムを開発している。

 NKCは企業貢献活動の一環として、今回当地の環境保護団体、セブ市、食品大手のネッスル・フィリピンなどと共同で、コーヒー植樹事業を推進し、社長以下社員のボランティアを動員して植樹を行った。

 植樹によって同地区の地滑り防止、また緑化による二酸化炭素排出の削減などが見込まれ、コーヒーの樹が育ち実を収穫できるようになれば同地区の住民の収入の一助になると見られている。

 コーヒーの実は植樹1年後に収穫が見込まれ、その収穫された実は全量がネッスルに買い上げられる。

 ネッスルはこのようにフィリピン全土でコーヒー植樹を進めていて、インスタント・コーヒー原料のコーヒー豆を合理的に得る活動を展開中。

 セブは日本からの直行便の便の良さから、1990年代より経済特区を中心に日系企業が進出し、現在200社以上の日系企業があり、現在も日本の投資意欲は旺盛な状況を保っている。

 しかしながら、フィリピンを安い労働賃金、英語圏で御しやすいといった上から目線、植民地意識の強い日本の企業経営者も多く、利潤追求だけではなく進出当地への社会貢献が企業に求められている時代であり、こういった企業意識は批判の対象となっている。

 植樹という形で協働したNKCは数少ない日系企業でもあり、現地では高く評価された。

 植樹事業は達成感も強いが、植樹後のケアも必要で、他の植樹プロジェクトでは枯れ死する例も見受けられ、今回の植樹は一過性に終わらせず続けて欲しいと現地の人々は要望している。


Updated: 2016/10/13 (木) 11:38

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンの主要経済官庁の国家経済開発庁(National Economic and Development Authority=NEDA)は2月20日、NEDA閣僚級委員会が2017年から2022年までの社会経済政策を策定した『フィリピン開発計画..   (2017-02-24)
 BDOとは社名の『Banco De Oro』の頭文字を取った名前で、スペイン語の銀行のBanco、金を表すOro の名前を付けて『金銀行』といかにも銀行らしい名称だが、その創設は1968年。 現在は他の..   (2017-02-10)
 アメリカのトランプ大統領による乱暴な政策によって世界経済の見通しが混迷を深める中、フィリピン国家経済開発庁(NEDA)が、2016年のフィリピンの国内総生産(GDP)が1月下旬に速報..   (2017-02-02)
 健康に良くない『ジャンク・フード』と指摘され、先進国では貧困層の利用に偏るといわれるファースト・フード業界だが、フィリピンに置いては、この手の食品を好む若年層が厚いた..   (2017-01-23)
 新規都市型ホテルが続々と開業するセブ地域で、セブ市に隣接するマンダウエ市の埋め立て地に23階建て、668室を擁するホテルが2017年5月から開業される。 このホテル名は『BAI』【写..   (2016-12-27)
 創業者が中国からの移民であり、靴販売から始めて一代で国内各地に大型ショッピング・モールを多数運営(現在70店舗)し、銀行業や不動産業でも実績を伸ばす複合企業『シューマー..   (2016-12-15)
 フィリピン・エネルギー省石油産業管理局(DOE-OIMB)が11月に、マニラ首都圏と隣接するケソン、バタンガス、リサール、カヴィテ各州に設置、営業している給油所924ヶ所のガソリン品..   (2016-12-09)
  好調な国内総生産(GDP)の伸びの続くフィリピンで、経済官庁の一つである予算管理庁長官が11月下旬に『大統領の任期の終わる2020年までに少なくても10%の経済成長率を実現したい..   (2016-12-01)
 フィリピン・エネルギー省長官は、現在進められているアジア開発銀行=ADB(本部首都圏マンダル―ヨン市)からの5億ドルに上る融資案件『電動トライシクル事業』の打ち切りを言明..   (2016-11-23)
 11月25日からアジア最大の低価格航空会社である『エアアジア』が、マクタン・セブ国際空港と台湾・台北とシンガポール間に新しい直行路線を設けることとなった。 その就航内容だ..   (2016-11-14)
 SMはショッピング・モールを中心にした国内で最大の小売り業、及び国内最大の商業銀行や不動産開発会社など多数の会社を傘下にした複合企業で、その創設者は世界の長者番付上位の..   (2016-11-07)
 会計検査院(Commission on Audit’s =COA)が公表した2015年度全国自治体財務監査年次報告書によると、全部で81ある州の中で最も裕福な州はセブ州で、その純資産額は285億ペソ(約655億円)..   (2016-11-03)
 訪日中のフィリピン大統領の動きに合わせて、民間でも日本-フィリピン間の投資案件の話し合い、成約が活発に行われているが、ミンダナオ島で栽培されているバナナの更なる輸入増..   (2016-10-26)
 セブ州ラプラプ市の経済特区とセブ市内の2ヶ所に事業所を持つNKCは、環境活動の一環としてセブ市タランバン奥の山岳地帯に広がるアドラオン地区で、9月下旬に同地区でコーヒー..   (2016-10-13)
 政権が変わってから中国、ロシアへの接近を強めアメリカから距離を置く姿勢から、フィリピンで投資をする外資系ファンドが数週間以上も売り越している中、週明けの9月26日の外国為..   (2016-09-27)
 全日空の100%子会社『バニラエア』が、12月25日(日)からセブ-成田間に1日1往復の便を就航させることを発表した。 航空券の発売は9月15日(木)18時から同社のウェブサイトで開始..   (2016-09-15)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:785,564 今日:6 昨日:120
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.