フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【貿易】 大統領訪日に合わせて フィリピン産バナナを大量買い付け - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【貿易】 大統領訪日に合わせて フィリピン産バナナを大量買い付け

 訪日中のフィリピン大統領の動きに合わせて、民間でも日本-フィリピン間の投資案件の話し合い、成約が活発に行われているが、ミンダナオ島で栽培されているバナナの更なる輸入増となる案件が決まりつつある。

 今回の案件は目標として毎年2000万箱、金額にして22千万ドル(約226億円)となり、日本国内のバナナ市場の30%を占める。

 輸入会社は『ファーマインド』社(資本金約31億円)で、この会社は未熟な状態で輸入される青いバナナを追熟するための加工施設を持ち、日本に輸入されるバナナの3分の1を処理しているが、現在、同社は年間200万箱余をフィリピンから輸入している。

 なお、同社はミンダナオ島でバナナ栽培、輸出を手掛ける『スミフル』(旧住商フルーツ)とも資本関係がある。

 この増大するバナナ輸出のために新たに3万ヘクタールのバナナ栽培用地を開拓する必要があり、ミンダナオ島地域の農業分野に大きく寄与するとフィリピン側では歓迎されている。

 これはまた、国内総生産の12%が農業分野で占めている中、農業生産者の3分の2が貧困層である事から、貧困撲滅に貢献すると見られている。

 今回の大統領の訪日に合わせて真っ先にバナナ案件が持ち出されたのは、ドゥテルテ大統領の政治的地盤がミンダナオ島にあるため、その基幹産業であるバナナ輸入増によって双方の利害一致の思惑が伺える。

 これは訪日前に中国を訪問し、南シナ海の領有問題を巡って国際的に四面楚歌状態の中国から、南シナ海問題の棚上げを餌に巨大な投資案件を引き出し、更にミンダナオ島産バナナの中国への輸入制裁を解除させるなど、ドゥテルテ大統領の両天秤外交の勝利とされている。

 しかしながら、バナナ栽培のように広大な栽培地で単一作物を生産することは病害虫や災害に遭うと一気に壊滅。

 また国際相場によっては増減も激しくこのような植民地型大規模農業は止めるべきとの指摘もある。

 また、広大なバナナ農園の農薬散布による住民への影響、更に収穫時の薬品処理の影響も指摘されている。

 なお、フィリピンから日本へ輸出されるバナナは2014年度統計では約82万トンになり、これは日本の全バナナ輸入量の86%を占めて1位。

 2
位は南米エクアドルの10%であり、いかにフィリピンがバナナ輸出に限っては日本に頼っているか分かる。


Updated: 2016/10/26 (水) 12:42

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンの主要経済官庁の国家経済開発庁(National Economic and Development Authority=NEDA)は2月20日、NEDA閣僚級委員会が2017年から2022年までの社会経済政策を策定した『フィリピン開発計画..   (2017-02-24)
 BDOとは社名の『Banco De Oro』の頭文字を取った名前で、スペイン語の銀行のBanco、金を表すOro の名前を付けて『金銀行』といかにも銀行らしい名称だが、その創設は1968年。 現在は他の..   (2017-02-10)
 アメリカのトランプ大統領による乱暴な政策によって世界経済の見通しが混迷を深める中、フィリピン国家経済開発庁(NEDA)が、2016年のフィリピンの国内総生産(GDP)が1月下旬に速報..   (2017-02-02)
 健康に良くない『ジャンク・フード』と指摘され、先進国では貧困層の利用に偏るといわれるファースト・フード業界だが、フィリピンに置いては、この手の食品を好む若年層が厚いた..   (2017-01-23)
 新規都市型ホテルが続々と開業するセブ地域で、セブ市に隣接するマンダウエ市の埋め立て地に23階建て、668室を擁するホテルが2017年5月から開業される。 このホテル名は『BAI』【写..   (2016-12-27)
 創業者が中国からの移民であり、靴販売から始めて一代で国内各地に大型ショッピング・モールを多数運営(現在70店舗)し、銀行業や不動産業でも実績を伸ばす複合企業『シューマー..   (2016-12-15)
 フィリピン・エネルギー省石油産業管理局(DOE-OIMB)が11月に、マニラ首都圏と隣接するケソン、バタンガス、リサール、カヴィテ各州に設置、営業している給油所924ヶ所のガソリン品..   (2016-12-09)
  好調な国内総生産(GDP)の伸びの続くフィリピンで、経済官庁の一つである予算管理庁長官が11月下旬に『大統領の任期の終わる2020年までに少なくても10%の経済成長率を実現したい..   (2016-12-01)
 フィリピン・エネルギー省長官は、現在進められているアジア開発銀行=ADB(本部首都圏マンダル―ヨン市)からの5億ドルに上る融資案件『電動トライシクル事業』の打ち切りを言明..   (2016-11-23)
 11月25日からアジア最大の低価格航空会社である『エアアジア』が、マクタン・セブ国際空港と台湾・台北とシンガポール間に新しい直行路線を設けることとなった。 その就航内容だ..   (2016-11-14)
 SMはショッピング・モールを中心にした国内で最大の小売り業、及び国内最大の商業銀行や不動産開発会社など多数の会社を傘下にした複合企業で、その創設者は世界の長者番付上位の..   (2016-11-07)
 会計検査院(Commission on Audit’s =COA)が公表した2015年度全国自治体財務監査年次報告書によると、全部で81ある州の中で最も裕福な州はセブ州で、その純資産額は285億ペソ(約655億円)..   (2016-11-03)
 訪日中のフィリピン大統領の動きに合わせて、民間でも日本-フィリピン間の投資案件の話し合い、成約が活発に行われているが、ミンダナオ島で栽培されているバナナの更なる輸入増..   (2016-10-26)
 セブ州ラプラプ市の経済特区とセブ市内の2ヶ所に事業所を持つNKCは、環境活動の一環としてセブ市タランバン奥の山岳地帯に広がるアドラオン地区で、9月下旬に同地区でコーヒー..   (2016-10-13)
 政権が変わってから中国、ロシアへの接近を強めアメリカから距離を置く姿勢から、フィリピンで投資をする外資系ファンドが数週間以上も売り越している中、週明けの9月26日の外国為..   (2016-09-27)
 全日空の100%子会社『バニラエア』が、12月25日(日)からセブ-成田間に1日1往復の便を就航させることを発表した。 航空券の発売は9月15日(木)18時から同社のウェブサイトで開始..   (2016-09-15)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:785,708 今日:150 昨日:120
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.