フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【企業】 SMとサンミゲル マニラ新空港建設計画で競り合う - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【企業】 SMとサンミゲル マニラ新空港建設計画で競り合う



 SM
はショッピング・モールを中心にした国内で最大の小売り業、及び国内最大の商業銀行や不動産開発会社など多数の会社を傘下にした複合企業で、その創設者は世界の長者番付上位の常連者。

 一方、サンミゲルの業種はビール製造業最大手であったが、今はフィリピンを代表する複合企業になり、高速道路などのインフラ関連に力を入れている。

 その2社が現在のマニラ国際空港が限界に近づき、新たな空港を造る動きに相次いで名乗りを上げている。

 マニラ国際空港は4つのターミナルを持ち、国際線、国内線合わせて2015年に3668万人の利用者があった。しかしながら、最大処理能力は年間3500万人と見積もられていて、既にパンク状態である事が分かっている。

 このため、ルソン島パンパンガ州にある元米軍飛行場のクラーク国際空港への移転など候補に挙がっていたが、マニラ湾を埋め立てて新空港を造る案が有力となっている。

 新空港候補地はカヴィテ州サングレイ・ポイント一帯【写真】で、ここには戦前から飛行場があり、現在もフィリピン空軍が使用している。

 SM
の計画によると2500ヘクタールを埋め立てて、新空港建設とそれと同時に、現在のマニラ港に変わる新港、経済特区、住宅開発などを行い、その総額は最終的には500億ドル(51千億円以上)に達する数字を見積もっている。

 このため、SMは中国企業など数社と企業体を組んで取り組むことを発表している。

 新空港に関しては着工後5年間で竣工し、国際線、国内線で利用客は年間7500万人と見込んでいる。

 また、同時に造られる新空港からの高速道路はマカティ市の中心まで11分程度で行ける計画で、サンミゲルの計画では地下鉄建設も案に上がっている。

 2
社が新空港建設に手を挙げているが、その手始めに新空港予定地とマニラの既存の高速道路と繋げる総事業費100億ドルといわれるカヴィテ湾岸高速道路計画が具体化していて、2社が入札を巡って激突する様相を見せている。

 なお、サンミゲルはフィリピンで有名な観光地ボラカイ島の空路入口のカティクラン空港の滑走路延伸、新ターミナル・ビル建設などのプロジェクトを進めていて、2年以内に大型機に対応できる空港になると発表されている。


Updated: 2016/11/07 (月) 12:19

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 ドゥテルテ政権は大型プロジェクトを推進することによって景気維持を計っていて、そのプロジェクトは他の財布を当てにし、援助を受けられればどこの国でも構わない姿勢を保ってい..   (2017-09-22)
 膨張するマニラ首都圏の交通事情は世界最悪クラスと不評だが、その一助となる地下鉄建設計画が具体化してきた。 フィリピン最初の地下鉄となる路線は、首都圏ケソン市と同タギッ..   (2017-09-08)
 IMF(国際通貨基金)の見通しではフィリピンの経済成長率は2017年度が6.8%、2018年度は6.9%とASEAN内では比較的高水準を維持する中、ペソが対ドル・レートで先週末(8月25日)の終値は1..   (2017-08-28)
 首都圏マカティ市の繁華な場所にある2.9ヘクタール(約8800坪)の土地を賃貸している不動産会社に対してマカティ裁判所は8月15日、明け渡しを求める判決を出した。 これによって同..   (2017-08-20)
 不動産開発や航空会社などを傘下に持つ中国系財閥の『ガチャリアン』が、総額16億5千万ペソ(約37億円)をかけてフィリピン国内に所有するカジノ付きホテルの整備・改装をすると発..   (2017-08-11)
 昨年10月東京において、ファーストフード業界最大手ジョリビー社、不動産開発大手のダブル・ドラゴン社などと、日本で最大の鶏卵生産会社『イセ食品』の間に合弁会社設立の調印が..   (2017-08-09)
 マニラから、過去3ヶ月間に15の直接路線を開いた小型飛行機運航会社『Air Juan(エアー・フアン)』は8月1日からセブを基地とする路線の定期運行を始めた。 使用される機種はセスナ..   (2017-08-02)
 日本国内出店から衣料小売り大手の『ユニクロ』は海外出店に重心を移し、2016年8月現在で国内837店舗に対して海外958店舗を展開している。 【写真はユニクロの店舗が入るセブのSMモ..   (2017-07-27)
 総売上高2兆1433億円(2016年度)の日本たばこ産業(JT)が、フィリピンのたばこ会社Mighty Corp.(MC)との間で、買収交渉をしている事を7月13日に表明した。 JTは肺がんなど疾病を引き起..   (2017-07-14)
 デパートなど小売業大手の三越伊勢丹ホールディングス(HDS)と不動産業界中堅の野村不動産がマニラ首都圏に商業施設と住宅を一体化した事業を進めるため、フィリピン不動産中国系..   (2017-07-11)
 7月5日、岐阜県大垣市に本店のある大垣共立銀行(資本金361億円)が首都圏マカティ市に駐在員事務所を開いた。【写真は同行大垣市にある本店】 日本の地方銀行がフィリピンに進出..   (2017-07-07)
 ミンダナオ島ダヴァオ市長から大統領に当選したドゥテルテは地元に鉄道を敷くことで、在任中の実績を誇示するプロジェクトが本決まりになった。 これは『我田引水』ならぬ『我田..   (2017-06-08)
 フィリピン国家統計局(PSA)は5月18日、2017年第1四半期(1月~3月)のGDP(国内総生産)成長率を発表した。 これによると政府が期待していた7%前後の成長率を外れる6.4%となった。..   (2017-05-22)
  5月11日、神奈川県横浜市に本社を置き産業廃棄物処理を業務とする(株)グーンは、セブ市に近いコンソラシオン町に敷地面積6600平方メートル、面積2400平方メートルの『廃棄プラス..   (2017-05-13)
 フィリピンの公営ギャンブルはフィリピン政府の公社(Philippine Amusement and Gaming Corp.=PAGCOR)で管理されている。 このほど、同公社とミンダナオ島ダヴァオに本拠を構えるUdenna Developmen..   (2017-05-06)
 公共輸送機関サービースが貧弱なアセアン域内では、富裕層は車、庶民層はオートバイで自分の足を確保せざるを得ない状況だが、アセアン自動車連合の統計によるとフィリピンは2016..   (2017-03-26)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:840,652 今日:9 昨日:141
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.