フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【航空】 順調な乗客数の伸びに比べて受け入れが不備  - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【航空】 順調な乗客数の伸びに比べて受け入れが不備 

 マクタン・セブ国際空港の新ターミナルビルの建設が始まっているが、増え続ける航空利用客に対して当局側の航空設備、運営の改善は順当とはいえず、将来に対して不安を残している。【写真は時間帯によっては大混雑のマクタン・セブ国際空港国際線出発ロビー】

 フィリピン民間航空局の発表によると、2015年第一4半期(1月~3月)の国際便利用客数は534万人となり、これは前年同期比と比べて28%増となっている。

 国内航空会社で国際便を飛ばしている航空会社の中では、フィリピン航空が148万人で首位を占め、2位にはセブパシフィック航空が84万人弱が入り、3位はエアアジア・ゼスト航空の18万人弱となった。

 なお、外国の航空会社を利用した乗客数は280万人に上り、これは半数を超える52%強となっている。

 こういった中、フィリピン航空は業績の向上を目指して先頃復活したマニラ発のヨーロッパ便に続いて、セブ―ロスアンゼルス間に直行便を就航させることを決定した。

 これは在米のフィリピン人がセブへ帰る時に、料金の安いキャセイ航空の香港乗り換えセブ便を利用するケースが多いために就航させるもので、利便性は向上するもののフィリピン航空の運賃体系は高い体質のため、直行便でどのような運賃を提示されるか注目されている。

 また、フィリピン航空は91日から国内線の発券手数料を従来の168ペソから250ペソに引き上げることを当局側に申請した。なお、国際線の発券手数料は現行の504ペソの据え置きとなっている。

 このように運航側は着々と経営を固めているが、肝心の空港については心もとなく、現在のマニラ国際空港の離発着が飽和状態になるのも問題視されている。

 マニラ国際空港は4つのターミナルがあり、ターミナル間の接続は全く考えられていないバラバラに建てられた構造で、世界で最もターミナル間移動に不便な空港とも言われている。

 これに対しては各ターミナル間をモノレールで繋ぐなど計画はあるが話だけの段階である。

 また、将来に備えてマニラ湾を埋め立てて新空港を造る計画も挙がっているが、膨大な資金に対してどうするかが解決されていない。

 このため、現在も数本の国際路線を持つパンパンガ州にあるクラーク国際空港を整備して国際空港の拠点にする現実的な計画もあるが、マニラ首都圏から遠く、アクセス整備から考えないと現段階では難しい状況となっている。

 一方、マクタン・セブ国際空港だが、空港周囲は住宅、工場に囲まれてこれ以上の拡張は無理で、滑走路にしても増設、延長は不可能な状態となっている。

 現在は、就航便の少なさから不便は来していないが、やはり新空港プランは計画にあり、現在の空港近くの湿地帯を埋め立てて新空港を造るとするが、資金面と環境破壊などで実現は難しいと見られている。

 このように伸び続ける航空客に対応するためには早い対応、計画の実施が求められるが、当局にはその時が来るまで待つ姿勢に終始している。


Updated: 2015/08/24 (月) 21:28

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン政府は2016年度第一四半期(1月~3月)のGDP(国内総生産)成長率を6.0%に予測していたが、5月19日、フィリピン統計庁(PSA)の発表によると成長率は6.9%となり、政府予測よ..   (2016-05-20)
 日本に定められた最低賃金があるように、このフィリピンにも最低賃金は定められていて、一番高い地区はマニラ首都圏で1日当たり481ペソ(約1200円)となっている。 この地域別の最..   (2016-04-18)
 アメリカの経済誌『フォーブス』が50人の『アジアの女性ビジネス・リーダー』を選出し、国別・地域で最多は中国・香港の14人、次いでインドの8人、タイ5人、日本4人と続いた。 シ..   (2016-04-09)
 セブの空の玄関口『マクタン・セブ国際空港』【写真】が民間会社の運営になってから、世界最悪と不評のマニラ国際空港と比較して空港内のサービスが良くなり、特にタクシー乗り場..   (2016-03-29)
 フィリピンの大気汚染、交通渋滞は悪化する一方で、特に都市圏内では世界最悪ともいわれる中、国内で生産をする日本の自動車メーカーはそういった問題には頬かむりした状態で、増..   (2016-02-15)
  アジア開発銀行(ADB=本部マニラ首都圏マンダル―ヨン市)が5億ドルの巨費を投じ、フィリピン国内のトライシクル(サイドカー付き3輪車)350万台の内、10万台を電動化する事業で20..   (2016-01-26)
 国連に設けている経済委員会と世界銀行の二つの機関が、2016年度のフィリピンの国内総生産(GDP)は6.4%の成長率になるとの見方を示している。 これは東南アジア諸国連合内で見る..   (2016-01-17)
 地獄的なセブ地域の交通渋滞を解決できない現状を尻目に、セブ市内から国際空港のあるマクタン島に片側2車線の3番目の橋を架けるプロジェクトが始まった。 事業は香港の投資会社..   (2016-01-09)
 中国主導のAIIB創設メンバー57ヶ国中、唯一署名を見送っていたフィリピンが12月末に署名を行った。 これによってフィリピンは毎年3900万ドル、5年間で計1億9600万ドルをAIIBに資本とし..   (2016-01-05)
 フィリピン国内で国税は『Bureau of Internal Revenue=BIR』が担い、ここでは毎年個人所得に対する『納税額』トップ500人を発表している。 これは納税者番号、氏名、納税額などが載ってい..   (2015-12-20)
 マニラ首都圏マンダル―ヨン市に本部を置き、歴代の総裁は日本から出しているAsian Development Bank(ADB)【写真】が2015年度のADB構成国の経済見通しを発表した。 これによるとフィ..   (2015-12-09)
 世界のホテル業界はグループ化され、そのグループ間で買収合戦が盛んな中、2015年11月、世界最大のホテル・グループが誕生した。 買収をしたのはセブの中心部で都市型ホテルを運営..   (2015-12-05)
 アロヨ政権時代の2005年から、飛行できる戦闘機を保有しない状態の続いていたフィリピンに、11月27日、韓国を飛び立ったFA‐50【写真】2機が途中給油を2回受けた後、ルソン島中部に..   (2015-11-29)
 給料が安いからフィリピンの公務員は汚職に精出すとは公知の事実で、それを汚職の免罪符のように言い訳、弁解する輩は多い。 しかし、そうなると『貧乏人は皆泥棒』というとんで..   (2015-11-13)
 世界銀行が毎年行っている『ビジネス環境』調査で、フィリピンの2014年度結果は前年より6ランク下げた103位となった。        この調査は世界189ヶ国・地域を対象にしてい..   (2015-11-02)
 社員の離職率が高く『ブラック企業』ではないかと日本で騒がれた、衣料品製造販売大手の『ファーストリテイリング』社が運用する『ユニクロ』は、既にルソン島マニラ首都圏を中心..   (2015-10-23)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:806,720 今日:83 昨日:179
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.