フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【納入】 韓国製戦闘機 FA‐50がフィリピンに到着 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【納入】 韓国製戦闘機 FA‐50がフィリピンに到着

 アロヨ政権時代の2005年から、飛行できる戦闘機を保有しない状態の続いていたフィリピンに、1127日、韓国を飛び立ったFA‐50【写真】2機が途中給油を2回受けた後、ルソン島中部にあるクラーク空軍基地に到着した。



 フィリピン空軍は1960年代以降、アメリカから中古のF5戦闘機を供与されて一時は34機所有していたが、予算不足のため維持費が不足、機体の老朽化もあって飛行可能な戦闘機は年々退役し、2005年に保有していた戦闘機10機が飛行不能として退役した。

 この間、中国の南シナ海における横暴な拡張政策が、この海域に緊張をもたらし、中国から賄賂を受け取った疑惑に包まれ『新中国派』と目されるアロヨ政権から引き継いだアキノ政権は、対中国の抑止になるとして戦闘機購入を予算化。

 しかしながら、アメリカ製造の高性能戦闘機は1100億円も超すような高価格と、戦闘機を支援するレーダー設備など莫大な費用が必要なため、安価な韓国製戦闘機に着目。

 その結果2014年、韓国の戦闘機製造会社と12機の購入契約を結べた。購入金額は総額189億ペソ(530億円)と1機当たり44億円と非常に安くお買い得感はあった。

 この調達したFA‐50という機種は、正式には『T-50』と呼ばれていて、ロッキード・マーティン社からの技術供与を受けた練習機として開発された経緯があって、戦闘機としては難点がある事も指摘されている。

 T-50
を開発、製造した韓国航空宇宙産業社(KIA)は海外への輸出を試み、派生型として各種を製造。

 その一つが今回フィリピンに売られたFA-50で、戦闘機としてはやや小さいながら、アメリカのF-16と形状が似ていて、乗員2名。

 最大速度はマッハ1.5.装備として空対空ミサイル、空対地ミサイルや誘導爆弾などが搭載され、対空、対地攻撃に強い性能を持つ。

 FA-50
は価格の良さと使い勝っての良さから、空軍に予算を使えないアジア諸国に人気があって、フィリピン以外にはイラク、インドネシア、タイと輸出合意がなされている。

 今回、フィリピンに納入された2機は、当面フィリピン人パイロットの習熟訓練に使われ、運用配備は残り10機が納入される予定の2017年末以降と先は長い。

 2
機のフィリピン到着で軍高官ははしゃいでいるが、運用に不可欠な戦闘機支援レーダー配置は皆無。ミサイルも皆無。

 また、FA50の飛行能力では領海問題で波高い南シナ海方面やフィリピン南部のヴィサヤ地方、ミンダナオ島全域などがカバーできず、挑発してくる軍事増強を図る中国軍に対して、実際に効果的な配備なのかと指摘も多く『軍のオモチャ』との揶揄もある。


Updated: 2015/11/29 (日) 12:38

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 全日空の100%子会社『バニラエア』が、12月25日(日)からセブ-成田間に1日1往復の便を就航させることを発表した。 航空券の発売は9月15日(木)18時から同社のウェブサイトで開始..   (2016-09-15)
 フィリピン統計局発表によると、ドゥテルテ政権発足後最初の月となる7月の完全失業率は5.4%となり昨年同月の失業率6.5%から大きく下がった。 この数字は2005年以来の低水準で、雇..   (2016-09-10)
 戦時中に日本軍が連合軍とフィリピン兵士の捕虜を炎天下に歩かせた『バタアン死の行進』のあったバタアン半島南端モロン町にフィリピン最初の原子力発電所【写真】がある。 しか..   (2016-09-02)
 日本で257軒のビジネス・ホテルを展開する最大手の東横インがフィリピン・セブに初進出する。 これはドイツやカンボジアで開業している海外ホテル・チェーン作りの一貫として開業..   (2016-08-25)
 フィリピン統計庁が8月18日に発表したフィリピンの2016年度第2四半期(4月~6月)のGDP(国内総生産)は、前年同期比7%増となった。 これは2013年第2四半期に記録した7.6%以来の7..   (2016-08-21)
 セブ市の危機的な交通渋滞対策として、かねてより計画中であった『新交通システム計画』の有力候補である『Bus Rapid Transit=BRT』は、計画段階で暗礁に乗り上げている。 BRTとはバス..   (2016-08-16)
 フィリピンNational Competitiveness Council(NCC)が毎年発表している、国内の自治体の総合力ランク付けでセブ市は昨年より3ランク陥落し、6位となった。 マニラ首都圏を構成する自治体が..   (2016-07-20)
 アメリカの大手旅行誌が毎年発表している世界の観光地などの読者投票で、『島』の部門でパラワン島が昨年に続いて1位を維持した。 パラワン島の総合得点は93.71で、新世界七不思議..   (2016-07-14)
 フィリピンのフラッグ・キャリアーであるフィリピン航空の座を脅かす、低価格航空会社のセブパシフィック航空【写真】の2015年度決算によると、総収入は前年より45億ペソ増えた565億..   (2016-07-09)
 4キロに及ぶ白砂の海岸を持つフィリピンでも著名な観光の島『ボラカイ島』に対岸のパナイ島から橋を架ける計画が持ち上がっている。 ボラカイ島は対岸のパナイ島カティクランか..   (2016-06-12)
 フィリピン政府は2016年度第一四半期(1月~3月)のGDP(国内総生産)成長率を6.0%に予測していたが、5月19日、フィリピン統計庁(PSA)の発表によると成長率は6.9%となり、政府予測よ..   (2016-05-20)
 日本に定められた最低賃金があるように、このフィリピンにも最低賃金は定められていて、一番高い地区はマニラ首都圏で1日当たり481ペソ(約1200円)となっている。 この地域別の最..   (2016-04-18)
 アメリカの経済誌『フォーブス』が50人の『アジアの女性ビジネス・リーダー』を選出し、国別・地域で最多は中国・香港の14人、次いでインドの8人、タイ5人、日本4人と続いた。 シ..   (2016-04-09)
 セブの空の玄関口『マクタン・セブ国際空港』【写真】が民間会社の運営になってから、世界最悪と不評のマニラ国際空港と比較して空港内のサービスが良くなり、特にタクシー乗り場..   (2016-03-29)
 フィリピンの大気汚染、交通渋滞は悪化する一方で、特に都市圏内では世界最悪ともいわれる中、国内で生産をする日本の自動車メーカーはそういった問題には頬かむりした状態で、増..   (2016-02-15)
  アジア開発銀行(ADB=本部マニラ首都圏マンダル―ヨン市)が5億ドルの巨費を投じ、フィリピン国内のトライシクル(サイドカー付き3輪車)350万台の内、10万台を電動化する事業で20..   (2016-01-26)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:840,419 今日:62 昨日:137
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.