フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【予測】 2016年フィリピンの経済成長率は 6.4%か - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【予測】 2016年フィリピンの経済成長率は 6.4%か



 国連に設けている経済委員会と世界銀行の二つの機関が、2016年度のフィリピンの国内総生産(GDP)は6.4%の成長率になるとの見方を示している。

 これは東南アジア諸国連合内で見ると、ミャンマーが8.2%、ラオスが7.2%とフィリピンよりは数値は高いが後開発グループとしての数字の出方である。

 同規模加盟国で見ると、ヴェトナムが6.2%とややフィリピンより減速していて、タイは4.0%となりいくらか復調している。

 また、経済不振が明らかになっている中国は7%を切り、6.8%とし、既に頭打ちの低成長時代に入った日本は0.8%と辛うじて成長率を右上がりに維持できる程度となっている。

 フィリピンの経済について報告書は20165月に行われる『選挙』が大幅な支出増を支え、インフレ率が割合安定、輸入に頼る原油価格の下落などがGDP増進に寄与していると分析。

 しかしながら実施が遅れている政府のインフラ事業で、2016年度にGDP5%を使う政策は好材料と見るも、政権が交代することで政策の転換への危惧、また高速道路や鉄道などの大型インフラ事業の推進のためには入札を始めとする当局側の効率的な運用と、外資の積極的な導入が必要と指摘している。

 また、産業別ではコールセンター業務を中心とするBPO(ビジネス・アウト・ソーシング)業界がフィリピンはインドと並ぶ世界的拠点となり、業界総収入は大幅に伸び2016年度は250億ドル程度と見積もられ、同様に海外で働くフィリピン人からの送金額も堅調で、両方でGDP20%程度を占めると見ている。

 一方、不動産業界の『バブル状況』も指摘されていて、首都圏の商業地域の土地価格が3年間で30%近く上昇するなど、1997年のアジア通貨危機以来の高水準となっている。

 また市中銀行による不動産関連融資が全融資残高の22%にも上っていることも要注意とされた。

 このように報告書はフィリピンの経済成長率は高評価を与えているが、大きな貿易国である中国や日本の経済状態が低迷し、フィリピンに対する投資や輸出が落ち込むことも考えられ、楽観は許されないと警告を与えている。


Updated: 2016/01/17 (日) 18:28

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 全日空の100%子会社『バニラエア』が、12月25日(日)からセブ-成田間に1日1往復の便を就航させることを発表した。 航空券の発売は9月15日(木)18時から同社のウェブサイトで開始..   (2016-09-15)
 フィリピン統計局発表によると、ドゥテルテ政権発足後最初の月となる7月の完全失業率は5.4%となり昨年同月の失業率6.5%から大きく下がった。 この数字は2005年以来の低水準で、雇..   (2016-09-10)
 戦時中に日本軍が連合軍とフィリピン兵士の捕虜を炎天下に歩かせた『バタアン死の行進』のあったバタアン半島南端モロン町にフィリピン最初の原子力発電所【写真】がある。 しか..   (2016-09-02)
 日本で257軒のビジネス・ホテルを展開する最大手の東横インがフィリピン・セブに初進出する。 これはドイツやカンボジアで開業している海外ホテル・チェーン作りの一貫として開業..   (2016-08-25)
 フィリピン統計庁が8月18日に発表したフィリピンの2016年度第2四半期(4月~6月)のGDP(国内総生産)は、前年同期比7%増となった。 これは2013年第2四半期に記録した7.6%以来の7..   (2016-08-21)
 セブ市の危機的な交通渋滞対策として、かねてより計画中であった『新交通システム計画』の有力候補である『Bus Rapid Transit=BRT』は、計画段階で暗礁に乗り上げている。 BRTとはバス..   (2016-08-16)
 フィリピンNational Competitiveness Council(NCC)が毎年発表している、国内の自治体の総合力ランク付けでセブ市は昨年より3ランク陥落し、6位となった。 マニラ首都圏を構成する自治体が..   (2016-07-20)
 アメリカの大手旅行誌が毎年発表している世界の観光地などの読者投票で、『島』の部門でパラワン島が昨年に続いて1位を維持した。 パラワン島の総合得点は93.71で、新世界七不思議..   (2016-07-14)
 フィリピンのフラッグ・キャリアーであるフィリピン航空の座を脅かす、低価格航空会社のセブパシフィック航空【写真】の2015年度決算によると、総収入は前年より45億ペソ増えた565億..   (2016-07-09)
 4キロに及ぶ白砂の海岸を持つフィリピンでも著名な観光の島『ボラカイ島』に対岸のパナイ島から橋を架ける計画が持ち上がっている。 ボラカイ島は対岸のパナイ島カティクランか..   (2016-06-12)
 フィリピン政府は2016年度第一四半期(1月~3月)のGDP(国内総生産)成長率を6.0%に予測していたが、5月19日、フィリピン統計庁(PSA)の発表によると成長率は6.9%となり、政府予測よ..   (2016-05-20)
 日本に定められた最低賃金があるように、このフィリピンにも最低賃金は定められていて、一番高い地区はマニラ首都圏で1日当たり481ペソ(約1200円)となっている。 この地域別の最..   (2016-04-18)
 アメリカの経済誌『フォーブス』が50人の『アジアの女性ビジネス・リーダー』を選出し、国別・地域で最多は中国・香港の14人、次いでインドの8人、タイ5人、日本4人と続いた。 シ..   (2016-04-09)
 セブの空の玄関口『マクタン・セブ国際空港』【写真】が民間会社の運営になってから、世界最悪と不評のマニラ国際空港と比較して空港内のサービスが良くなり、特にタクシー乗り場..   (2016-03-29)
 フィリピンの大気汚染、交通渋滞は悪化する一方で、特に都市圏内では世界最悪ともいわれる中、国内で生産をする日本の自動車メーカーはそういった問題には頬かむりした状態で、増..   (2016-02-15)
  アジア開発銀行(ADB=本部マニラ首都圏マンダル―ヨン市)が5億ドルの巨費を投じ、フィリピン国内のトライシクル(サイドカー付き3輪車)350万台の内、10万台を電動化する事業で20..   (2016-01-26)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:840,411 今日:54 昨日:137
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.