フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【評価】 フィリピンのパラワン島など3つが 世界トップ10に入る - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【評価】 フィリピンのパラワン島など3つが 世界トップ10に入る



 アメリカの大手旅行誌が毎年発表している世界の観光地などの読者投票で、『島』の部門でパラワン島が昨年に続いて1位を維持した。

 パラワン島の総合得点は93.71で、新世界七不思議の一つに選ばれた世界遺産でもある地底河【写真】や多くの景観に優れた海岸を持つことが評価された。

 2
位には90.71を獲得した白砂で知られるボラカイ島が入った。ボラカイ島は近年、過重な開発による自然破壊や俗化が懸念されている島だが、海外からの飛行便も多いためボラカイ島を目指す観光客の勢いは衰えていない。

 また、前年の評価では19位であったセブ島が88.24を獲得して6位に躍進した。

 躍進したセブ島で高評価を得たのはジンベイザメ見物やセブ島中央部の山岳部など、従来のリゾート施設ではなく新興の場所が人気を集めている。

 このランキングでは10位に日本人に人気の高いインドネシアのバリ島が入った。


 9位にハワイのカウアイ島が入り、ハワイはこの他7位にマウイ島が入っていて、ハワイが観光客にいまだ人気の高い様子を伺わせている。

 8
位はアメリカ・サウスカロライナ州のヒルトン・ヘッドが入った。セブの上に位置する5位はギリシアの白い家で知られるサントリニが入った。

 ボラカイ島の下になる4位は90.00を得たニュージーランドのワイヘケ島が入り、ボラカイ島との得点差はわずか0.71と僅差の紙一重となった。

 今回の評価ではフィリピンの島がトップ10内に3島が入る高評価を得たが、1位のパラワン島など島内のアクセスが悪く、世界の観光地として伍して行くのにはまだまだ課題は多い。

 これは他のフィリピンの島にも共通していて、観光インフラ整備を進め、安全性を含めてムード的な高評価で満足しない事が望まれている。




Updated: 2016/07/14 (木) 19:53

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 訪日中のフィリピン大統領の動きに合わせて、民間でも日本-フィリピン間の投資案件の話し合い、成約が活発に行われているが、ミンダナオ島で栽培されているバナナの更なる輸入増..   (2016-10-26)
 セブ州ラプラプ市の経済特区とセブ市内の2ヶ所に事業所を持つNKCは、環境活動の一環としてセブ市タランバン奥の山岳地帯に広がるアドラオン地区で、9月下旬に同地区でコーヒー..   (2016-10-13)
 政権が変わってから中国、ロシアへの接近を強めアメリカから距離を置く姿勢から、フィリピンで投資をする外資系ファンドが数週間以上も売り越している中、週明けの9月26日の外国為..   (2016-09-27)
 全日空の100%子会社『バニラエア』が、12月25日(日)からセブ-成田間に1日1往復の便を就航させることを発表した。 航空券の発売は9月15日(木)18時から同社のウェブサイトで開始..   (2016-09-15)
 フィリピン統計局発表によると、ドゥテルテ政権発足後最初の月となる7月の完全失業率は5.4%となり昨年同月の失業率6.5%から大きく下がった。 この数字は2005年以来の低水準で、雇..   (2016-09-10)
 戦時中に日本軍が連合軍とフィリピン兵士の捕虜を炎天下に歩かせた『バタアン死の行進』のあったバタアン半島南端モロン町にフィリピン最初の原子力発電所【写真】がある。 しか..   (2016-09-02)
 日本で257軒のビジネス・ホテルを展開する最大手の東横インがフィリピン・セブに初進出する。 これはドイツやカンボジアで開業している海外ホテル・チェーン作りの一貫として開業..   (2016-08-25)
 フィリピン統計庁が8月18日に発表したフィリピンの2016年度第2四半期(4月~6月)のGDP(国内総生産)は、前年同期比7%増となった。 これは2013年第2四半期に記録した7.6%以来の7..   (2016-08-21)
 セブ市の危機的な交通渋滞対策として、かねてより計画中であった『新交通システム計画』の有力候補である『Bus Rapid Transit=BRT』は、計画段階で暗礁に乗り上げている。 BRTとはバス..   (2016-08-16)
 フィリピンNational Competitiveness Council(NCC)が毎年発表している、国内の自治体の総合力ランク付けでセブ市は昨年より3ランク陥落し、6位となった。 マニラ首都圏を構成する自治体が..   (2016-07-20)
 アメリカの大手旅行誌が毎年発表している世界の観光地などの読者投票で、『島』の部門でパラワン島が昨年に続いて1位を維持した。 パラワン島の総合得点は93.71で、新世界七不思議..   (2016-07-14)
 フィリピンのフラッグ・キャリアーであるフィリピン航空の座を脅かす、低価格航空会社のセブパシフィック航空【写真】の2015年度決算によると、総収入は前年より45億ペソ増えた565億..   (2016-07-09)
 4キロに及ぶ白砂の海岸を持つフィリピンでも著名な観光の島『ボラカイ島』に対岸のパナイ島から橋を架ける計画が持ち上がっている。 ボラカイ島は対岸のパナイ島カティクランか..   (2016-06-12)
 フィリピン政府は2016年度第一四半期(1月~3月)のGDP(国内総生産)成長率を6.0%に予測していたが、5月19日、フィリピン統計庁(PSA)の発表によると成長率は6.9%となり、政府予測よ..   (2016-05-20)
 日本に定められた最低賃金があるように、このフィリピンにも最低賃金は定められていて、一番高い地区はマニラ首都圏で1日当たり481ペソ(約1200円)となっている。 この地域別の最..   (2016-04-18)
 アメリカの経済誌『フォーブス』が50人の『アジアの女性ビジネス・リーダー』を選出し、国別・地域で最多は中国・香港の14人、次いでインドの8人、タイ5人、日本4人と続いた。 シ..   (2016-04-09)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
【措置】 新型コロナウイ..+ 5665
【博奕】 感染爆発に打つ..+ 4373
【無策】 コロナ感染者数12..+ 4181
【最悪】 4月~6月のGDP経済..+ 3689
【実態】 労働者の半数近..+ 3438
【虐殺】 警察による犯行..+ 2607
【受注】 マニラ首都圏最..+ 2512
【翻弄】 コロナ感染者数..+ 2313
【悲哀】 LGBT殺害の米兵受..+ 2066
【不毛】 フィリピンと韓..+ 1961
感染者11万人を超したフィリ..+ 1128
フィリピンで戦死した叔父..+ 1109
セブの映画館は死んでしま..+ 1108
セブで戦後75年目に読む戦記..+ 946
セブで思う75年目の8月15日+ 792
【継続】 9月末でコロナ感..+ 701
セブで思う安倍首相の病気..+ 578
【世論】 大統領の支持率..+ 538
セブで思う猿芝居より劣る..+ 434
【雇用】 コロナ禍で 9月..+ 431
219月になってもフィリピンの..+ 420
22【一番】 セブ島とヴィサ..+ 334
23【醜悪】 下院議長の椅子..+ 178
24フィリピンのコロナによる..+ 153
2510月5日から再開したフィリ..+ 138
26セブで思うアメリカ大統領..+ 86
27セブで考える醜悪な東京オ..+ 59
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:849,117 今日:6 昨日:113
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.