フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【観光】 思うほど伸びない フィリピンの観光客 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【観光】 思うほど伸びない フィリピンの観光客

 世界141ヶ国と地域を対象に世界経済フォーラムが調査した『旅行・観光競争力ランキング』2015年版によると、フィリピンは前回2013年の82位から74位へと順位が上がった。

 しかしながら、アセアン域内の国と比べると、シンガポール(11位)、マレイシア(25位)、タイ(35位)、インドネシア(50位)と開いていて、アキノ政権が掲げる『観光立国』の道はまだ険しいことが分かった。

 過去のこの調査ではフィリピンは調査の始まった200786位、200881位、200986位、201194位と80位~90位台に推移し、今年は過去最高の順位を付けたとはいえ伸び悩み傾向は拭えない現状が続いている。

 この調査対象は14分野90項目あり、その分野は(1)ビジネス環境、(2)安全性とセキュリティー、(3)健康と衛生、(4)人的資源と労働市場、(5)情報通信網の整備度、(6)観光・旅行産業の優先度、(7)国際的開放度。

 (8)価格競争力、(9)環境の持続可能性、(10)航空インフラ、(11)陸上・港湾インフラ、(12)観光サービス関連インフラ、(13)自然資源、(14)文化的資源となっている。

 この内、フィリピンが高評価を得たのは価格競争力(24位)、観光・旅行産業の優先度(27位)、国際的開放度(29位)、自然資源(49位)の4分野で、宿泊料や空港使用料の安さ、アキノ政権の誘致策、世界自然遺産の多さなどによって順位を押し上げている。

 反対に安全性とセキュリティーは最も低い評価になる128位となり、従来から指摘を受けながら改善の見られないフィリピンの治安面の悪さが浮き彫りになった。

 この他、環境の持続可能性(122位)、陸上・港湾インフラ(93位)、観光サービス関連インフラ(82位)などが順位を押し下げ、外国人観光客数を目標通り伸ばせない課題となっている。

 『旅行・観光競争力ランキング』2015年版で総合1位を取った国はスペインとなり、9位に中国系観光客の爆発的な入国者の目立つ日本が9位に入った他は、2位から10位はフランス、ドイツ、アメリカなどの欧米諸国が占めた。

 【写真はパラワン島の地底川入口】




Updated: 2015/05/09 (土) 12:36

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 マレイシア・クアラルンプールで8月5日に行われた日本政府高官とフィリピン政府高官の会談で、日本政府は首都圏マニラ市トゥトゥバンとブラカン州マロロス市を結ぶ、高架式鉄道を..   (2015-08-11)
 金になれば何でも行う、違法か、あるいはスレスレのビジネス、それに関わる輩は古今東西、浜の真砂の如くあるが、カナダ・バンクーバーからコンテナ103基に廃棄物(ゴミ)を積み込..   (2015-07-31)
 マニラ首都圏マンダル―ヨン市にあるアジア開発銀行(ADB)【写真】が、フィリピンの2015年と2016年のGDP(国内総生産)を、今年3月期に予測した値をそれぞれ据え置いたことを..   (2015-07-20)
 アメリカ・ワシントンに本部があるIMF(国際通貨基金)【写真】が6月末に、フィリピンの財務状況についての評価報告書を公表した。 これによると、ここ数年に渡って改善は..   (2015-07-06)
 5月下旬に発表されたフィリピン政府統計によると、2015年度第1四半期(1月~3月)のGDP(国内総生産)の成長率は5.2%となった。 これは前年同期比で0.5%減となり、政府が掲げている..   (2015-06-01)
 世界141ヶ国と地域を対象に世界経済フォーラムが調査した『旅行・観光競争力ランキング』2015年版によると、フィリピンは前回2013年の82位から74位へと順位が上がった。 しかしながら..   (2015-05-09)
 フィリピンの人口の1%程度が中国系といわれ、数にして約100万人になる。 中国系も国籍を取った『華人』と永住権を持つ『華僑』とに分けられるが、この中国系の経済活動力はフィ..   (2015-03-28)
 フィリピン統計局の最新の発表によると、2014年上半期は貧困ライン以下の生活をしているフィリピン国民は25.8%に上がった。 前年同期の貧困ラインは24.6%であり、やや悪化している..   (2015-03-10)
 戦前のセブ島には鉄道が、東海岸のダナオからセブ市を通ってアルガオまで敷かれていたように、フィリピンは鉄道網の発達した国の一つであった。 しかし、戦後、自動車に押されて..   (2015-02-19)
 アセアン域内では経済成長率の高いフィリピンだが、2014年第3四半期の国内総生産(GDP)成長率は5.3%と発表された。 この結果、第1四半期から第3四半期までのGDP成長率は5.8%となり..   (2014-12-16)
 フィリピンでは労働省の『賃金生産性委員会(RTWPB)』が国内の地域別に最低賃金を定めているが、労働省は17日、首都圏を含む6地域の最低賃金引き上げを検討中と発表した。 最低賃..   (2014-11-22)
 フィリピンを舞台に経済活動をする外資企業の多くは、横のつながりを求めてその出身国を母体とする経済団体に加入している例が多い。 特に商工会議所系の活動は盛んで、フィリピ..   (2014-10-16)
 元大統領からマニラ市長に居直ったエストラダが思いつきでぶち上げ、2月から実施されていた『大型トラックのマニラ市内日中走行規制』が、9月13日より解除された。 この規制は、..   (2014-09-15)
 昨年11月に中部ヴィサヤ地方を襲った台風『ヨランダ』の影響で、フィリピン経済は減速状態に陥っていたが、フィリピン統計調整委員会(NSCB)が8月28日に発表した2014年第2四半期の国..   (2014-08-31)
 現在のマニラ国際空港は1時間当たり40機の離発着能力を持つが、既に過密化しているために新たな国際空港の建設が計画されている。 これにはいくつかの案があって、具体的に有力な..   (2014-05-28)
 この問題は経済問題として見る面と、政治問題として見る面があって、元大統領エストラーダが市長を務めるマニラ市のコンテナ車通行規制問題は、現アキノ政権への意趣返し、嫌がら..   (2014-02-28)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
【恐怖】 邪魔者は消せー..+ 3984
【交通】 セブ-マクタン..+ 3548
【教育】 今年の就学児童..+ 2487
【賛否】 死刑制度復活を..+ 2421
【利便】 企業の思惑で進..+ 2101
【事故】 セブ島南部の町..+ 1923
【行事】 下院で ドゥテ..+ 1720
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 1481
《患者》 デング熱大流行..+ 1376
《人災》 イロイロ市沖で..+ 1340
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 1264
【停滞】 現政権下で最低..+ 1163
《平均》 セブのホテル稼..+ 1124
セブで飲む凍ったビールと..+ 763
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 684
セブに浮かぶヨットを見な..+ 541
ゴミを大量に出すマクドナ..+ 454
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 419
セブで食べる 『おにぎり..+ 373
セブで飲む或る日のスター..+ 368
21セブで食べる『トンカツ』..+ 364
22パラワン島紀行 2018年 そ..+ 312
23セブの街中で実るコーヒー+ 300
24セブで食べる寿司の味+ 263
25パラワン島紀行 2018年 そ..+ 172
26《観光》 セブ市に大規模..+ 161
27《感染》 アフリカ豚コレ..+ 143
28フィリピンで流行る3輪自動..+ 64
29パラワン島紀行 2018年 そ..+ 49
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:795,822 今日:131 昨日:148
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.