フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【運輸】 首都圏マニラ市の大型トラック走行規制 結局腰砕け - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【運輸】 首都圏マニラ市の大型トラック走行規制 結局腰砕け

 元大統領からマニラ市長に居直ったエストラダが思いつきでぶち上げ、2月から実施されていた『大型トラックのマニラ市内日中走行規制』が、913日より解除された。

 この規制は、土日を除く午前5時から午前10時と午後5時から午後9時の間、総重量4.5トン以上の大型車両の市内通行を禁止したものだが、この規制によってフィリピンの海上貨物の80%以上を扱うマニラ港と国際コンテナターミナルは大混乱を起こした。

 同時に各国から首都圏を中心に進出している製造業や貿易業、また港を利用する海運会社などが被った損失は規制期間中に50億ドル以上に達するのではと見られている。

 今回の規制は慢性的な市内の交通渋滞解消、大気汚染の減少とその趣旨は最もなものだが、対案や計画性がなく7ヶ月間も混乱は続き、解除するといいながら元の木阿弥状態になったのは確か。

 また、今回解除したと発表されたが、エストラダは『市内の渋滞が悪化、あるいは貨物滞留などが解決されなければ再び規制に踏み切る』と、フィリピンの構造的な交通政策のお粗末さを棚に上げて政府に意趣返しするような益にならない発言に固執。

 一方、今回のコンテナ滞留問題では港を管轄するフィリピン港湾庁(PPA)と関税局は泥縄的に滞留、放置されたコンテナに対して10月1日から次の様な措置を取ると発表。

 これによると関税局の許可が出て90日以上経っても引き取らないと1基につき1日5000ペソの罰金を科すとしているが、この措置がどれだけ問題解決になるのかやって見なければ誰も分からない状態であるのは確か。

 こういったコンテナ滞留問題はマニラ港に一極集中しているのも原因で、元アメリカ海軍基地のスービック港【写真】や首都圏南部にあるバタンガス港など余裕のある港はそろっているが、両港とも閑古鳥の鳴く状態で、それらを管轄するPPAの不手際が目立ち、こちらにもメスを入れる必要があると指摘されている。


Updated: 2014/09/15 (月) 21:17

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 金になれば何でも行う、違法か、あるいはスレスレのビジネス、それに関わる輩は古今東西、浜の真砂の如くあるが、カナダ・バンクーバーからコンテナ103基に廃棄物(ゴミ)を積み込..   (2015-07-31)
 マニラ首都圏マンダル―ヨン市にあるアジア開発銀行(ADB)【写真】が、フィリピンの2015年と2016年のGDP(国内総生産)を、今年3月期に予測した値をそれぞれ据え置いたことを..   (2015-07-20)
 アメリカ・ワシントンに本部があるIMF(国際通貨基金)【写真】が6月末に、フィリピンの財務状況についての評価報告書を公表した。 これによると、ここ数年に渡って改善は..   (2015-07-06)
 5月下旬に発表されたフィリピン政府統計によると、2015年度第1四半期(1月~3月)のGDP(国内総生産)の成長率は5.2%となった。 これは前年同期比で0.5%減となり、政府が掲げている..   (2015-06-01)
 世界141ヶ国と地域を対象に世界経済フォーラムが調査した『旅行・観光競争力ランキング』2015年版によると、フィリピンは前回2013年の82位から74位へと順位が上がった。 しかしながら..   (2015-05-09)
 フィリピンの人口の1%程度が中国系といわれ、数にして約100万人になる。 中国系も国籍を取った『華人』と永住権を持つ『華僑』とに分けられるが、この中国系の経済活動力はフィ..   (2015-03-28)
 フィリピン統計局の最新の発表によると、2014年上半期は貧困ライン以下の生活をしているフィリピン国民は25.8%に上がった。 前年同期の貧困ラインは24.6%であり、やや悪化している..   (2015-03-10)
 戦前のセブ島には鉄道が、東海岸のダナオからセブ市を通ってアルガオまで敷かれていたように、フィリピンは鉄道網の発達した国の一つであった。 しかし、戦後、自動車に押されて..   (2015-02-19)
 アセアン域内では経済成長率の高いフィリピンだが、2014年第3四半期の国内総生産(GDP)成長率は5.3%と発表された。 この結果、第1四半期から第3四半期までのGDP成長率は5.8%となり..   (2014-12-16)
 フィリピンでは労働省の『賃金生産性委員会(RTWPB)』が国内の地域別に最低賃金を定めているが、労働省は17日、首都圏を含む6地域の最低賃金引き上げを検討中と発表した。 最低賃..   (2014-11-22)
 フィリピンを舞台に経済活動をする外資企業の多くは、横のつながりを求めてその出身国を母体とする経済団体に加入している例が多い。 特に商工会議所系の活動は盛んで、フィリピ..   (2014-10-16)
 元大統領からマニラ市長に居直ったエストラダが思いつきでぶち上げ、2月から実施されていた『大型トラックのマニラ市内日中走行規制』が、9月13日より解除された。 この規制は、..   (2014-09-15)
 昨年11月に中部ヴィサヤ地方を襲った台風『ヨランダ』の影響で、フィリピン経済は減速状態に陥っていたが、フィリピン統計調整委員会(NSCB)が8月28日に発表した2014年第2四半期の国..   (2014-08-31)
 現在のマニラ国際空港は1時間当たり40機の離発着能力を持つが、既に過密化しているために新たな国際空港の建設が計画されている。 これにはいくつかの案があって、具体的に有力な..   (2014-05-28)
 この問題は経済問題として見る面と、政治問題として見る面があって、元大統領エストラーダが市長を務めるマニラ市のコンテナ車通行規制問題は、現アキノ政権への意趣返し、嫌がら..   (2014-02-28)
 セブ首都圏を構成する主要市、マンダウエ市をベースにする『ノルキス』社が、BPO(Business Process Outsourcing)事業用ビル建設に乗り出すことになった。 同社は1962年にオートバイ販売業..   (2014-02-24)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
【恐怖】 邪魔者は消せー..+ 3659
【結果】 2019年中間選挙-..+ 3649
【進展】 セブの邦人女性..+ 3589
【交通】 セブ-マクタン..+ 3176
【教育】 今年の就学児童..+ 2187
【賛否】 死刑制度復活を..+ 2114
【利便】 企業の思惑で進..+ 1746
【事故】 セブ島南部の町..+ 1631
【行事】 下院で ドゥテ..+ 1406
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 1107
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 1082
《患者》 デング熱大流行..+ 1046
《人災》 イロイロ市沖で..+ 1033
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 859
【停滞】 現政権下で最低..+ 823
1989年6月4日の天安門事件か..+ 808
《平均》 セブのホテル稼..+ 761
セブで飲む凍ったビールと..+ 729
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 658
セブに浮かぶヨットを見な..+ 512
21ゴミを大量に出すマクドナ..+ 429
22パラワン島紀行 2018年 そ..+ 397
23セブで飲む或る日のスター..+ 337
24セブで食べる『トンカツ』..+ 324
25セブで食べる 『おにぎり..+ 312
26パラワン島紀行 2018年 そ..+ 278
27セブの街中で実るコーヒー+ 247
28セブで食べる寿司の味+ 223
29パラワン島紀行 2018年 そ..+ 135
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:794,518 今日:61 昨日:113
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.