フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【税金】 中国系経済人に対して 大統領が『納税するように』と注文 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【税金】 中国系経済人に対して 大統領が『納税するように』と注文

 フィリピンの人口の1%程度が中国系といわれ、数にして約100万人になる。

 中国系も国籍を取った『華人』と永住権を持つ『華僑』とに分けられるが、この中国系の経済活動力はフィリピンにおいては甚だしく、産業分野によっては独占状態で、フィリピン人はそのおこぼれで経済活動をしていると自嘲するフィリピン人も多い。

 また中国系の富豪ぶりはアメリカの有力経済誌『フォーブス』が毎年発表している『世界長者番付100人』にフィリピンからは5人が入り、その内4人は中国系だった。

 この4人は長者番付の常連で、毎回トップの座を占めるのは『シューマート=SM』【写真はセブにある店舗の1つ】など小売最大手を率いる『ヘンリー・シー』。

 ヘンリー・シーは中国本土福建省からの移民で、靴の小売りから現在に至った立志伝中の人物で、他の大富豪も同様に貧困の身から成り上がり、SMはフィリピン国内に飽き足らず、現在福建省を始め中国本土各地にモールをいくつも進出させている。

 こういった艱難辛苦の事実を抜きにフィリピン人からは中国系は『インセクト=虫』と陰では叩かれるが、その絶対的な経済力には従わざるを得ないのがフィリピン経済となっている。

 現在、フィリピンと中国とでは南シナ海にある島の領有権を巡って係争中だが、中国政府は『逆らうなら、フィリピンにある中国系の資本を引き払う』などと恫喝を加える始末で、それだけフィリピン経済が中国系に牛耳られている隠しようもない実態があった。

 先に開かれた『中国系フィリピン人商工会議所』でアキノ大統領が演説を行い、この中で『適正な納税を』と会員に呼びかけた。

 従来から中国系経済人は税金を払わないことに定評があり、例えばフィリピン航空の中国系大株主が傘下に持つ会社の脱税を計ったと、政府と長らく裁判沙汰になったりで、納税に関しては中国系の節税、脱税はフィリピン当局の能力を上まっているのは確か。

 大統領の発言は自営業者や専門職の所得税申告が4月半ばにあることを受けての発言で、どちらも脱税の多い業種でとりわけ専門職の弁護士、会計士、医者といった層は特に悪質なのが多いと見られているが、税務当局がこれら業種から適正な税金を取り立てられるかは、不明確で早くも『従来通り係官との交渉で税額が決まる』とささやかれている。


Updated: 2015/03/28 (土) 10:55

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 マニラ首都圏マンダル―ヨン市に本部を置き、歴代の総裁は日本から出しているAsian Development Bank(ADB)【写真】が2015年度のADB構成国の経済見通しを発表した。 これによるとフィ..   (2015-12-09)
 世界のホテル業界はグループ化され、そのグループ間で買収合戦が盛んな中、2015年11月、世界最大のホテル・グループが誕生した。 買収をしたのはセブの中心部で都市型ホテルを運営..   (2015-12-05)
 アロヨ政権時代の2005年から、飛行できる戦闘機を保有しない状態の続いていたフィリピンに、11月27日、韓国を飛び立ったFA‐50【写真】2機が途中給油を2回受けた後、ルソン島中部に..   (2015-11-29)
 給料が安いからフィリピンの公務員は汚職に精出すとは公知の事実で、それを汚職の免罪符のように言い訳、弁解する輩は多い。 しかし、そうなると『貧乏人は皆泥棒』というとんで..   (2015-11-13)
 世界銀行が毎年行っている『ビジネス環境』調査で、フィリピンの2014年度結果は前年より6ランク下げた103位となった。        この調査は世界189ヶ国・地域を対象にしてい..   (2015-11-02)
 社員の離職率が高く『ブラック企業』ではないかと日本で騒がれた、衣料品製造販売大手の『ファーストリテイリング』社が運用する『ユニクロ』は、既にルソン島マニラ首都圏を中心..   (2015-10-23)
 日本の外務省が2014年10月1日現在付けで発表した『海外在留邦人数調査統計』によると、海外に進出している日系企業は6万8573社あり、その内フィリピンには1521社が進出していて、2013年..   (2015-10-08)
 運輸通信省高官は2016年の予算で、299億ペソをインフラ整備費として計上していることを明らかにし、特に航空、空港整備関係に重点を置いているとその内訳を次のように説明を行った..   (2015-09-25)
 マクタン・セブ国際空港の新ターミナルビルの建設が始まっているが、増え続ける航空利用客に対して当局側の航空設備、運営の改善は順当とはいえず、将来に対して不安を残している..   (2015-08-24)
 マレイシア・クアラルンプールで8月5日に行われた日本政府高官とフィリピン政府高官の会談で、日本政府は首都圏マニラ市トゥトゥバンとブラカン州マロロス市を結ぶ、高架式鉄道を..   (2015-08-11)
 金になれば何でも行う、違法か、あるいはスレスレのビジネス、それに関わる輩は古今東西、浜の真砂の如くあるが、カナダ・バンクーバーからコンテナ103基に廃棄物(ゴミ)を積み込..   (2015-07-31)
 マニラ首都圏マンダル―ヨン市にあるアジア開発銀行(ADB)【写真】が、フィリピンの2015年と2016年のGDP(国内総生産)を、今年3月期に予測した値をそれぞれ据え置いたことを..   (2015-07-20)
 アメリカ・ワシントンに本部があるIMF(国際通貨基金)【写真】が6月末に、フィリピンの財務状況についての評価報告書を公表した。 これによると、ここ数年に渡って改善は..   (2015-07-06)
 5月下旬に発表されたフィリピン政府統計によると、2015年度第1四半期(1月~3月)のGDP(国内総生産)の成長率は5.2%となった。 これは前年同期比で0.5%減となり、政府が掲げている..   (2015-06-01)
 世界141ヶ国と地域を対象に世界経済フォーラムが調査した『旅行・観光競争力ランキング』2015年版によると、フィリピンは前回2013年の82位から74位へと順位が上がった。 しかしながら..   (2015-05-09)
 フィリピンの人口の1%程度が中国系といわれ、数にして約100万人になる。 中国系も国籍を取った『華人』と永住権を持つ『華僑』とに分けられるが、この中国系の経済活動力はフィ..   (2015-03-28)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:831,747 今日:108 昨日:108
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.