フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【増便】 フィリピンの航空会社 新型機購入相次ぐ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【増便】 フィリピンの航空会社 新型機購入相次ぐ

フィリピンの航空会社は国際民間航空機関(ICAO)から安全基準が満たされていないと認定され、欧州連合(EU)から34カ月に渡って乗り入れ禁止措置が取られていたが、この7月にフィリピン航空(PAL1社のみを対象に禁止措置が解除された。

 PALは現在進めている新型機の大量導入計画によって、10月をめどにEUへの直行便運航を再開する予定。

 なお就航先はパリ、ローマ、アムステルダム、ロンドンの4都市の見込み。

 一方、国内最大手の低価格航空、セブパシフィック(CP)【写真】は2021年までに40億ドルを投入して、エアバス社のA32015機、A32130機、A3304機、計49機を購入する計画を発表した。

 これら大量の航空機発注は、EU及びアメリカへの乗り入れを見越した措置になるが、CPは今年6月にミンダナオ島ダヴァオ空港での着陸失敗事故の影響からEUの乗り入れ禁止解除はまだ見送られている状態。

 またフィリピンの航空会社所属機は、200712月からアメリカ航空局(FAA)より、安全と運航に問題があると認定され、増便と機体変更ができない『カテゴリー2』に格下げされた状態が続いている。

 そのため通常の航空会社に認定されている『カテゴリー1』への昇格が課題となっているが、これも近々に格上げ措置になる見込み。

 今回大量発注計画を公表したCPはハワイ、グアム路線を計画とのことで、アメリカ本土への乗り入れは検討中の模様。

 こういった中、フィリピンと日本の『航空自由化』協定が13日まで締結され、現在マニラー成田間の直行便が週119便から週400便、マニラー羽田間に最大週14便が増便されることが決定した。

 なお、PALの独占が続いているセブー成田間に関してはCPが運航に興味を持つものの、具体的な進展はなかった模様。

 こういった威勢の良い航空業界の話がある一方で、アジア地域を中心に大規模に路線を展開するエアアジアは、フィリピンに乗り入れている路線の内、ルソン島中部クラーク国際空港発着の国内線と国際線4路線の運航を中止することを発表した。

 これはエアアジアのフィリピン側関連会社であるゼストエア社が、フィリピンの民間航空局から安全に問題があると一時期『運航停止命令』を受けて約28千万ペソの損失を被ったことが原因とされている。


Updated: 2013/09/20 (金) 11:18

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本ではデフレ脱却のために、2%のインフレを起こす危うい経済運営路線を取っているが、2月5日、フィリピン国家統計局(NSO)の発表で、1月のインフレ率は前月比より0.1ポイント上..   (2014-02-07)
2013年第4四半期にフィリピンを襲った『ボホール・セブ地震』、『台風ヨランダ』などの相次ぐ自然災害にも関わらず、フィリピンのGDP(国内総生産)第4四半期は中国に続く7.7%の成長率..   (2014-01-31)
フィリピンは2012年第三4半期から2013年第三4半期まで連続してGDP成長率7%台を記録し、アセアン域内でも高率を誇っているが、民間調査機関が成人1200人を対象に2013年12月初旬~中旬にかけ..   (2014-01-22)
フィリピンの自動車販売業者組織、『全国自動車工業会=CAMPI』の発表によると、フィリピン国内の自動車新車販売台数が2013年は21万台を超えたことが確認された(密輸車は当然除外)。..   (2014-01-17)
 国際的な研究機関と大手コンサルティング会社が共同で調査、実施している『不動産の新しい動向、アジア太平洋』の2014年度版で、フィリピンは調査対象となった23都市中、投資見通し..   (2014-01-12)
 フィリピンの2014年の仕事始めは2日(木)からで、フィリピン証券取引所(PSE)も同日初取引があった。 この日の終値は5984.26ポイントで昨年最後、12月27日の終値よりは94.43ポイント増..   (2014-01-07)
 World Bank(世界銀行)が11年前から世界の国と地域を対象に調査、発表している『ビジネス環境調査』の2014年版がこのほど開示され、フィリピンは前年の133位から108位へランクを上げた..   (2013-10-31)
 来年(2014年)のペソ対ドルの為替レートは銀行大手の三菱東京UFJ銀行によると、アメリカが現在の金融量的緩和政策を縮小しても影響は少ないという予測を立てている。 その理由は..   (2013-10-27)
 1000万人を超えるフィリピン人海外移住者及びOFW(フィリピン人海外就労者)からの送金が堅調で、国内消費を支えているが、この送金の使用用途は第一に生活費、教育費などに回され、次..   (2013-10-21)
 アジア開発銀行(ADB=マニラ首都圏)とフィリピン・エネルギー省が5億ドルという巨費を投じて、フィリピンの主要交通機関である『トライシクル=サイドカー付バイク』を電動化す..   (2013-10-14)
 国債の格付けをする不思議な企業があって、その収入源は国債を発行する銀行などの金融機関への格付け手数料で、『評価は身内同士』という批判も強いが、私企業の格付けが世界経済..   (2013-10-05)
 South-East Asia Japan Cable(SJC)と名付けられた総事業費約4億ドルの『光海底ケーブル』の運用が6月27日から始まっているが、この運用を記念して9月27日、首都圏タギッグ市で式典が行われ..   (2013-10-01)
フィリピンの航空会社は国際民間航空機関(ICAO)から安全基準が満たされていないと認定され、欧州連合(EU)から3年4カ月に渡って乗り入れ禁止措置が取られていたが、この7月にフィリ..   (2013-09-20)
マニラ首都圏の最低賃金が1年4か月ぶりに上がることとなったが、その額はわずか10ペソ(約22円)で、アセアン域内で最高水準のGDP成長率7%台を記録する割には、労働者への還元が少な..   (2013-09-13)
国際的な経済NPO『世界経済フォーラム』が、毎年発表する『国際競争力報告2013年~2014年度版』(Global Competitiveness Report)で、フィリピンは前年度の総合力順位65位から59位へと上昇した。 ..   (2013-09-06)
マニラ国際空港第3ターミナルは2002年末、98%の工事進捗中に、アロヨ政権から強制収用されドイツ系の事業会社と裁判沙汰になり、6年ほど閉鎖、ようやく2008年になって開業した。 しか..   (2013-08-27)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:786,374 今日:94 昨日:146
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.