フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【動向】 アジアの不動産投資調査 フィリピンは高評価 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【動向】 アジアの不動産投資調査 フィリピンは高評価

 国際的な研究機関と大手コンサルティング会社が共同で調査、実施している『不動産の新しい動向、アジア太平洋』の2014年度版で、フィリピンは調査対象となった23都市中、投資見通し総合順位では前年の12位から躍進して4位となった。

 これに対してフィリピン中央銀行やアジア開発銀行(ADB)などの『不動産バブルの予兆』という指摘が裏付けられていると分析する専門家もいる。

 この調査の総合順位1位は東京、2位上海、3位ジャカルタとなっていて、以下10位までマニラ、シドニー、広州、シンガポール、北京、大阪、深圳と続き、中国の不動産市場のバブル状況が反映された結果ともなっている。

 見通しの個別では、マニラは居住物件と商用用施設は1位、オフィス物件でも2位に入った。

 この高順位について報告書は①事務・管理事業(BPO=コールセンターなど)の人気。

 ②政府の汚職撲滅対策の効果と改善。

 ③人口構成が若いことと過剰な人口。

 ④海外からのコンスタントな巨額な送金とその伸び。

 ⑤オフィス物件の安定した賃貸料などが順位を押し上げたと分析している。

 この調査が始まったのはアロヨ政権下の2007年で、その年の総合順位は18位だった。

 以降20位までの間に低迷していたが、アキノ政権になって2013年に中位の12位になり、今年度版で躍進した。

 この調査の中で、地域的な指摘では従来の経済中心地マカティ市から新興開発地のタギッグ市にシフトする流れが顕著で、その流れは変わらないと見ている。

 フィリピン全般に対しては『経済活動全体の器が小さいために、機関投資家の投資対象に成り難いため、その隙間を投資する人に向いている』とし、『現在のマニラはインドが10年前に経験したことと似ていて、これから数年以内に多国籍企業が進出、積年の雇用問題も前進する』と見ている。

 しかしながら『マクロ経済は良好でも、富の寡占化が進み爆発する人口問題に対処できない政府の無能さ、相変わらず蔓延る汚職問題など、ひとたび海外で経済危機が起きるとそれに抗せない脆弱な経済基盤』と、好結果に対してその裏に潜むリスクの指摘もなされている。

 不動産では好調さを述べられながら、株価は年明けから低迷状態で、110日現在の終値は前日より94.63ポイント下げの5842.88となり6000ポイントを割り込む状態が続いている。


Updated: 2014/01/12 (日) 11:06

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本ではデフレ脱却のために、2%のインフレを起こす危うい経済運営路線を取っているが、2月5日、フィリピン国家統計局(NSO)の発表で、1月のインフレ率は前月比より0.1ポイント上..   (2014-02-07)
2013年第4四半期にフィリピンを襲った『ボホール・セブ地震』、『台風ヨランダ』などの相次ぐ自然災害にも関わらず、フィリピンのGDP(国内総生産)第4四半期は中国に続く7.7%の成長率..   (2014-01-31)
フィリピンは2012年第三4半期から2013年第三4半期まで連続してGDP成長率7%台を記録し、アセアン域内でも高率を誇っているが、民間調査機関が成人1200人を対象に2013年12月初旬~中旬にかけ..   (2014-01-22)
フィリピンの自動車販売業者組織、『全国自動車工業会=CAMPI』の発表によると、フィリピン国内の自動車新車販売台数が2013年は21万台を超えたことが確認された(密輸車は当然除外)。..   (2014-01-17)
 国際的な研究機関と大手コンサルティング会社が共同で調査、実施している『不動産の新しい動向、アジア太平洋』の2014年度版で、フィリピンは調査対象となった23都市中、投資見通し..   (2014-01-12)
 フィリピンの2014年の仕事始めは2日(木)からで、フィリピン証券取引所(PSE)も同日初取引があった。 この日の終値は5984.26ポイントで昨年最後、12月27日の終値よりは94.43ポイント増..   (2014-01-07)
 World Bank(世界銀行)が11年前から世界の国と地域を対象に調査、発表している『ビジネス環境調査』の2014年版がこのほど開示され、フィリピンは前年の133位から108位へランクを上げた..   (2013-10-31)
 来年(2014年)のペソ対ドルの為替レートは銀行大手の三菱東京UFJ銀行によると、アメリカが現在の金融量的緩和政策を縮小しても影響は少ないという予測を立てている。 その理由は..   (2013-10-27)
 1000万人を超えるフィリピン人海外移住者及びOFW(フィリピン人海外就労者)からの送金が堅調で、国内消費を支えているが、この送金の使用用途は第一に生活費、教育費などに回され、次..   (2013-10-21)
 アジア開発銀行(ADB=マニラ首都圏)とフィリピン・エネルギー省が5億ドルという巨費を投じて、フィリピンの主要交通機関である『トライシクル=サイドカー付バイク』を電動化す..   (2013-10-14)
 国債の格付けをする不思議な企業があって、その収入源は国債を発行する銀行などの金融機関への格付け手数料で、『評価は身内同士』という批判も強いが、私企業の格付けが世界経済..   (2013-10-05)
 South-East Asia Japan Cable(SJC)と名付けられた総事業費約4億ドルの『光海底ケーブル』の運用が6月27日から始まっているが、この運用を記念して9月27日、首都圏タギッグ市で式典が行われ..   (2013-10-01)
フィリピンの航空会社は国際民間航空機関(ICAO)から安全基準が満たされていないと認定され、欧州連合(EU)から3年4カ月に渡って乗り入れ禁止措置が取られていたが、この7月にフィリ..   (2013-09-20)
マニラ首都圏の最低賃金が1年4か月ぶりに上がることとなったが、その額はわずか10ペソ(約22円)で、アセアン域内で最高水準のGDP成長率7%台を記録する割には、労働者への還元が少な..   (2013-09-13)
国際的な経済NPO『世界経済フォーラム』が、毎年発表する『国際競争力報告2013年~2014年度版』(Global Competitiveness Report)で、フィリピンは前年度の総合力順位65位から59位へと上昇した。 ..   (2013-09-06)
マニラ国際空港第3ターミナルは2002年末、98%の工事進捗中に、アロヨ政権から強制収用されドイツ系の事業会社と裁判沙汰になり、6年ほど閉鎖、ようやく2008年になって開業した。 しか..   (2013-08-27)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:785,708 今日:150 昨日:150
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.