フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【投機】 2013年 フィリピンの株価 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【投機】 2013年 フィリピンの株価

 フィリピンの2014年の仕事始めは2日(木)からで、フィリピン証券取引所(PSE)も同日初取引があった。

 この日の終値は5984.26ポイントで昨年最後、1227日の終値よりは94.43ポイント増のまずまずの滑り出しとなった。

 フィリピンの2013年株価は、急激な上り下りを繰り返し、4月初めには7000の大台を突破し、上半期で過去最大の7404.65まで上昇した。

 ところが同年8月には今年の最低記録となる5562.13を記録し、そのまま低調な状態で2013年を終えた。

 取引開始の初日PSE関係者は『もう一度株価指数は7000を突破するだろう』と楽観的な見通しを述べているが、根拠は不明。

 それでも市場関係者は株式市況を活発化するために2014年中に10社ほどの企業が上場予定を発表している。

 この7000の指数だが、フィリピンの著名な証券アナリストは昨年『今年のフィリピン株価は7400までは行く』と予測を出していて、予測は当たった感じだが、あくまでも最高値の予測であって最終的な見通しはできず、『占い師の方がマシ』と関係者からは酷評されている。

 フィリピンの株式投資は年々活発になり、邦人関係もかなり資金をつぎ込んでいるようだが、フィリピンの株投資で儲けた話は聞かず、また『フィリピンの市場はインサイダー取引だから気を付けろ』の声も高い。

 フィリピン経済はアセアン域内では最高クラスの年7%ほどの成長を遂げ経済活動は活発と見られているが、その恩恵は貧困層、最貧困層に回らず財閥系や中国系を中心とした『富の寡占化』が相変わらず続いている。

 また、成長率は高いというものの資本のかからないBPO事業が多く、経済効果の普及効果の高いインフラ投資、製造業などは投資額から見てもフィリピンはアセアン内でも下位になる。

 また、国家予算以上になる海外からの送金経済が正常な経済運営を妨げているのも確かで、フィリピン政府は経済学に書かれているような綺麗ごとはいうが実態が伴っていないと指摘されている。

 こういった問題を抱えて新しい年を迎えたが、東京の株式市況が昨年現職総理を迎えて納会を行い新年に期待を持たせたが内外の投資家はそれほど甘くなく、年明16日は16000円を切る15908.88円、1230日比382.43円の下げで終わった。

 このため経済路線の行き詰まりが早くも囁かれる始末。同日のフィリピンの終値5985.81ポイントで先週末より37.88の上昇だった。


Updated: 2014/01/07 (火) 17:31

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン統計局の最新の発表によると、2014年上半期は貧困ライン以下の生活をしているフィリピン国民は25.8%に上がった。 前年同期の貧困ラインは24.6%であり、やや悪化している..   (2015-03-10)
 戦前のセブ島には鉄道が、東海岸のダナオからセブ市を通ってアルガオまで敷かれていたように、フィリピンは鉄道網の発達した国の一つであった。 しかし、戦後、自動車に押されて..   (2015-02-19)
 アセアン域内では経済成長率の高いフィリピンだが、2014年第3四半期の国内総生産(GDP)成長率は5.3%と発表された。 この結果、第1四半期から第3四半期までのGDP成長率は5.8%となり..   (2014-12-16)
 フィリピンでは労働省の『賃金生産性委員会(RTWPB)』が国内の地域別に最低賃金を定めているが、労働省は17日、首都圏を含む6地域の最低賃金引き上げを検討中と発表した。 最低賃..   (2014-11-22)
 フィリピンを舞台に経済活動をする外資企業の多くは、横のつながりを求めてその出身国を母体とする経済団体に加入している例が多い。 特に商工会議所系の活動は盛んで、フィリピ..   (2014-10-16)
 元大統領からマニラ市長に居直ったエストラダが思いつきでぶち上げ、2月から実施されていた『大型トラックのマニラ市内日中走行規制』が、9月13日より解除された。 この規制は、..   (2014-09-15)
 昨年11月に中部ヴィサヤ地方を襲った台風『ヨランダ』の影響で、フィリピン経済は減速状態に陥っていたが、フィリピン統計調整委員会(NSCB)が8月28日に発表した2014年第2四半期の国..   (2014-08-31)
 現在のマニラ国際空港は1時間当たり40機の離発着能力を持つが、既に過密化しているために新たな国際空港の建設が計画されている。 これにはいくつかの案があって、具体的に有力な..   (2014-05-28)
 この問題は経済問題として見る面と、政治問題として見る面があって、元大統領エストラーダが市長を務めるマニラ市のコンテナ車通行規制問題は、現アキノ政権への意趣返し、嫌がら..   (2014-02-28)
 セブ首都圏を構成する主要市、マンダウエ市をベースにする『ノルキス』社が、BPO(Business Process Outsourcing)事業用ビル建設に乗り出すことになった。 同社は1962年にオートバイ販売業..   (2014-02-24)
 フィリピン中央銀行によると、2013年度のフィリピン人海外就労者によるフィリピンへの外貨送金額は251億ドルとなり、前年より7.6%増の、同行が統計を取って以来史上最高額を記録し..   (2014-02-19)
 フィリピン政府はアキノ大統領の任期の切れる2016年までに、海外からの観光客を『年間1千万人目標』の掛け声で、汚職撲滅などと同様の優先課題の一つにしているが、2月13日、フィリ..   (2014-02-15)
  フィリピン政府の発表する公式失業率は10%以下の数字を示しているが、この数字が実態を反映していない作られた数字というのは衆目の見る所で、長年フィリピンで経済活動をして..   (2014-02-11)
 日本ではデフレ脱却のために、2%のインフレを起こす危うい経済運営路線を取っているが、2月5日、フィリピン国家統計局(NSO)の発表で、1月のインフレ率は前月比より0.1ポイント上..   (2014-02-07)
2013年第4四半期にフィリピンを襲った『ボホール・セブ地震』、『台風ヨランダ』などの相次ぐ自然災害にも関わらず、フィリピンのGDP(国内総生産)第4四半期は中国に続く7.7%の成長率..   (2014-01-31)
フィリピンは2012年第三4半期から2013年第三4半期まで連続してGDP成長率7%台を記録し、アセアン域内でも高率を誇っているが、民間調査機関が成人1200人を対象に2013年12月初旬~中旬にかけ..   (2014-01-22)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:831,730 今日:91 昨日:118
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.