フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【開発】 日系企業の電動トライシクル LTOから認可取得 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【開発】 日系企業の電動トライシクル LTOから認可取得

 アジア開発銀行(ADB=マニラ首都圏)とフィリピン・エネルギー省が5億ドルという巨費を投じて、フィリピンの主要交通機関である『トライシクル=サイドカー付バイク』を電動化するプロジェクトを始めている。

 この電動トライシクル・プロジェクトに参入した日系企業がLTO(運輸通信省陸運局)からナンバープレートをこのほど取得した。

 この日系企業は『ビート・フィリピン』(本社マカティ市)。

 同社は日本の大手船舶用電気機器メーカーの『渦潮電機』(愛媛県今治市)が出資して20133月に設立された。

 同社発表によると、開発した電動トライシクルは自重約450キログラム、最大定員7人(運転手込)、家庭にあるコンセントから充電可能で、1回の充電時間は約2時間、この充電で50キロの走行が可能となっている。

 また電気自動車用モーターは負荷に弱く故障が多い欠点を持つので、動力源のモーターを従来使われる直流式ではなく交流式にし、モーターの寿命延長とブレーキの利きを良くするようにしている。

 同時に三輪という不安定な走行状態を制御するために、特殊コンピューターによって車両が最適な状態で走行できるような独自技術を開発している。

 この他、日本の通信大手企業と提携してモバイルネットワークを使って、電動トライシクルの運行管理、日額課金システムの採用、故障車の位置把握による迅速な修理スタッフの派遣などとシステムを利用した様々なサービースの導入を目指している。

 こういった高度な技術導入に伴って、電動トライシクル価格のコスト高も懸念されるが同社は調整可能としている。

 2011
年に試験的にマニラ首都圏に導入した電動トライシクルが、出水、荷重量などの理由によって半分が故障している状況もあって、大気汚染を防ぐためという名目の電動トライシクル導入プロジェクトは理想倒れ、フィリピンには無理ではないかと指摘もある中、この電動トライシクル・プロジェクトは入札によって2016年までに10万台を導入する予定で、既に同社を含めて外資系企業4社が入札参加を表明している。

 【写真は従来の典型的なガソリンエンジン・トライシクル】


Updated: 2013/10/14 (月) 08:27

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン中央銀行によると、2013年度のフィリピン人海外就労者によるフィリピンへの外貨送金額は251億ドルとなり、前年より7.6%増の、同行が統計を取って以来史上最高額を記録し..   (2014-02-19)
 フィリピン政府はアキノ大統領の任期の切れる2016年までに、海外からの観光客を『年間1千万人目標』の掛け声で、汚職撲滅などと同様の優先課題の一つにしているが、2月13日、フィリ..   (2014-02-15)
  フィリピン政府の発表する公式失業率は10%以下の数字を示しているが、この数字が実態を反映していない作られた数字というのは衆目の見る所で、長年フィリピンで経済活動をして..   (2014-02-11)
 日本ではデフレ脱却のために、2%のインフレを起こす危うい経済運営路線を取っているが、2月5日、フィリピン国家統計局(NSO)の発表で、1月のインフレ率は前月比より0.1ポイント上..   (2014-02-07)
2013年第4四半期にフィリピンを襲った『ボホール・セブ地震』、『台風ヨランダ』などの相次ぐ自然災害にも関わらず、フィリピンのGDP(国内総生産)第4四半期は中国に続く7.7%の成長率..   (2014-01-31)
フィリピンは2012年第三4半期から2013年第三4半期まで連続してGDP成長率7%台を記録し、アセアン域内でも高率を誇っているが、民間調査機関が成人1200人を対象に2013年12月初旬~中旬にかけ..   (2014-01-22)
フィリピンの自動車販売業者組織、『全国自動車工業会=CAMPI』の発表によると、フィリピン国内の自動車新車販売台数が2013年は21万台を超えたことが確認された(密輸車は当然除外)。..   (2014-01-17)
 国際的な研究機関と大手コンサルティング会社が共同で調査、実施している『不動産の新しい動向、アジア太平洋』の2014年度版で、フィリピンは調査対象となった23都市中、投資見通し..   (2014-01-12)
 フィリピンの2014年の仕事始めは2日(木)からで、フィリピン証券取引所(PSE)も同日初取引があった。 この日の終値は5984.26ポイントで昨年最後、12月27日の終値よりは94.43ポイント増..   (2014-01-07)
 World Bank(世界銀行)が11年前から世界の国と地域を対象に調査、発表している『ビジネス環境調査』の2014年版がこのほど開示され、フィリピンは前年の133位から108位へランクを上げた..   (2013-10-31)
 来年(2014年)のペソ対ドルの為替レートは銀行大手の三菱東京UFJ銀行によると、アメリカが現在の金融量的緩和政策を縮小しても影響は少ないという予測を立てている。 その理由は..   (2013-10-27)
 1000万人を超えるフィリピン人海外移住者及びOFW(フィリピン人海外就労者)からの送金が堅調で、国内消費を支えているが、この送金の使用用途は第一に生活費、教育費などに回され、次..   (2013-10-21)
 アジア開発銀行(ADB=マニラ首都圏)とフィリピン・エネルギー省が5億ドルという巨費を投じて、フィリピンの主要交通機関である『トライシクル=サイドカー付バイク』を電動化す..   (2013-10-14)
 国債の格付けをする不思議な企業があって、その収入源は国債を発行する銀行などの金融機関への格付け手数料で、『評価は身内同士』という批判も強いが、私企業の格付けが世界経済..   (2013-10-05)
 South-East Asia Japan Cable(SJC)と名付けられた総事業費約4億ドルの『光海底ケーブル』の運用が6月27日から始まっているが、この運用を記念して9月27日、首都圏タギッグ市で式典が行われ..   (2013-10-01)
フィリピンの航空会社は国際民間航空機関(ICAO)から安全基準が満たされていないと認定され、欧州連合(EU)から3年4カ月に渡って乗り入れ禁止措置が取られていたが、この7月にフィリ..   (2013-09-20)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
【進展】 セブの邦人女性..+ 2727
【結果】 2019年中間選挙-..+ 2478
【恐怖】 邪魔者は消せー..+ 2460
【交通】 セブ-マクタン..+ 2417
【教育】 今年の就学児童..+ 1433
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 1020
【利便】 企業の思惑で進..+ 1019
【賛否】 死刑制度復活を..+ 948
【事故】 セブ島南部の町..+ 892
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 782
1989年6月4日の天安門事件か..+ 741
セブで飲む凍ったビールと..+ 630
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 578
セブに浮かぶヨットを見な..+ 420
ゴミを大量に出すマクドナ..+ 300
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 281
《人災》 イロイロ市沖で..+ 263
セブで飲む或る日のスター..+ 233
《患者》 デング熱大流行..+ 231
【行事】 下院で ドゥテ..+ 182
21《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 159
22【停滞】 現政権下で最低..+ 152
23セブで食べる『トンカツ』..+ 137
24セブで食べる 『おにぎり..+ 100
25パラワン島紀行 2018年 そ..+ 96
26《平均》 セブのホテル稼..+ 85
27セブの街中で実るコーヒー+ 49
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:791,540 今日:40 昨日:153
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.