フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【通関】 バリックバヤン・ボックスを巡る不毛で呆れた論争 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【通関】 バリックバヤン・ボックスを巡る不毛で呆れた論争

 バリックバヤン・ボックスとは、海外に移民した、あるいは就労しているフィリピン人がフィリピンに住む身内に贈り物をする際に利用する国際宅配便であり、世界中からフィリピンに当ててその数は1日平均2万個、年間では720万個を数える。

 また、就労したフィリピン人(OFW)がフィリピンに帰国する際に、生活用品や土産品を詰めてフィリピンに送る別送品にも該当する。

 最大重量は80キロまでとなっていて、例えば日本からだと1万円でマニラ首都圏に送ることが出来、しかもドア・ト―・ドアになっていて非常に便利な仕組みとなっている。

 しかも本来は個人が使う品物ということで半ば免税措置が取られているため、これを悪用して禁制品や密輸品を送る例が続出している。

 本来、この制度はフィリピン人のために設けられていたが、海外在住の他国籍の人間がフィリピンとの商売用にこれを利用するなど、その趣旨がいい加減になっていて、このほどフィリピン関税局は全品検査を行うと発表した。

 しかし、各方面からその措置に対して袋叩きにあい、特に来年に迫った選挙から、いい恰好をしたい政治家は票欲しさに強烈な声を挙げている。

 また、利用する一般人もフィリピンの3大汚職機関として知られる関税局を信用していなくて『検査で品物が抜き取られる』『賄賂を要求される』と反対を表明している。

 しかしながら、この利用者の実情はほとんどがこの制度で認められている①内容物の評価総額500ドル未満、②食料品や日用品は一種類につき12個未満、③1人当たりの利用回数は月に1回以下などの規定を破っているのが実情で、①に関しては数倍もの価値がある品物を送るのが当たり前で、税関への評価額は自己申告のため、利用者は嘘の突き放題。

 ②も①と同様自己申告、開封される恐れがほとんどないために嘘の突き放題。③は他人の名前を借りれば実質無用の制限となり、関税局の信用性は確かに酷い物だが、利用する人間も同様に酷いレベルが実態となっている。

 バリックバヤン・ボックスを評価額最大の500ドルと仮定して年間720万個を乗すると500×720万=36億ドルになる。しかしこれは仮定だがその倍以上の評価のある品物を詰めているのは間違いないから70億ドルから100億ドル近くの巨費が、毎年フィリピンに海外から流入していることになる。

 OFW
が海外から送金する額は年間300億ドルくらいではないかと言われ、それと比較してもバリックバヤン・ボックスの額はかなり大きい。

 識者の中には100億ドル近い品物がフィリピンに流入することによって、フィリピン国内の消費が食われるので止めた方が良いとまで言い切る者もいる。

 今回の騒動に関してアキノ大統領は開封ではなく『レントゲン検査』を推進し、不審なバリックバヤン・ボックスに関しては第3者が立会いの下に開封するとしたが、密輸天国のフィリピンは小物のバリックバヤン・ボックスではなくコンテナを全量検査する方が先との意見も強い。

 いずれにしてもフィリピンの『アウトロー体質』が今回のバリックバヤン・ボックス通関厳格化騒動を起こしたのは間違いない。


Updated: 2015/08/25 (火) 13:45

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 10月19日(土曜日)午後7時頃、セブ市に隣接するマンダウエ市にある『Jセンター・モール』内で営業をする貴金属店、両替え所、質屋が武装した強盗団に襲撃された。 強盗団は15人..   (2019-10-20)
 フィリピンの一大産業になっているコールセンターは多くの労働問題を抱えているが、中でも従事する外国人の違法就労が問題になり、取り締まり当局の摘発が相次いでいる。 10月9日..   (2019-10-11)
 年間150万人を集客するマニラ首都圏パサイ市の遊園地『スターシティ』で、10月2日午前0時過ぎに大規模な火災が発生し、首都圏各地より70台以上の消防車が出動し、同日午後2時頃に鎮..   (2019-10-04)
 フィリピン有数の観光地で知られるヴィサヤ地方ボラカイ島で、9月25日午前7時40分頃、21人を乗せて練習していたドラゴン・ボートが強風と高波を受けて転覆し、8人の死亡が確認された..   (2019-09-26)
 日本でも大規模感染中のアフリカ・トン・コレラ(英名classical swine fever=ASF)が、首都圏北方のブラカン州やリサール州で発生した疑いが強まり、隣接する州などでは他州からの豚の持..   (2019-09-19)
 8月18日(日曜日)午前9時50分頃、セブ島西海岸中部にあるトレド市(人口18万人ほど)の中心部で、72歳(本籍茨城県)の邦人男性が自宅入り口近くで頭部を銃撃され死亡した。 銃撃..   (2019-08-21)
 英名でdengue feverと呼ばれるデング熱がフィリピン国内で猛威を振っていて、フィリピン保健省は今年1月から7月下旬までのデング熱罹患者数は16万8000人弱と発表した。 この数字は2015年..   (2019-08-14)
 8月3日、セブ島などヴィサヤ地域に含まれるパナイ島最大の都市イロイロ市(人口50万以上)と、対岸にあるギマラス島間を結ぶボート3隻が相次いで転覆し、これまでに死者28人、行方..   (2019-08-07)
7月19日(金曜日)午前7時40分頃、セブ島南部西海岸にあるボルホオン町(人口約1万7千人)の山間で、町のスポーツ大会に出席するために小学生と引率を乗せた小型ダンプカーが坂道で横..   (2019-07-20)
 日本以上に高学歴でないと就職の難しいフィリピンだが、夏休みを終えた6月から新学期が始まった。 教育省によると新年度における義務教育である児童生徒数は昨年より3%近く増加..   (2019-06-30)
 昨年8月24日、乗用車を運転しセブ市を通る幹線路で信号待ちをしていたセブ市在住の邦人女性(70歳)が、オートバイに乗った2人組に銃撃され死亡した事件で、日本の兵庫県警捜査一課..   (2019-06-14)
 元々フィリピンでは『教育』は成長産業、ビジネスと捉えられていて、私学の多い国と知られるが、大学の専攻学科で一番人気は『看護師』養成コースで、その人気に応えて多くの大学..   (2019-05-02)
 ルソン島北東部カガヤン州のペニャブランカ町(人口5万人以上)にあるカラオ洞窟で5万年~6万年前と推定される手足や歯の化石が発見され、『新人類』であることが鑑定の結果分かり..   (2019-04-16)
 『治安の良くない国』とフィリピンは代名詞のように語られるが、フィリピン国家警察(PNP)は2018年の犯罪認知件数統計を公表した。 認知件数というのは警察に事件として通報され..   (2019-04-05)
 雨の降らない『エル・ニーニョ』現象が続き、フィリピン各地は水不足に見舞われているが、人口の集中するマニラ首都圏では水道の断水が続き、商業活動や日常生活に深刻な影響が出..   (2019-03-19)
 アメリカの経済誌『フォーブス』は資産10億ドル(1100億円)以上を持つ人物の番付を毎年発表しているが、最新となる2019年版によると世界の大富豪は2153人となった。 この数字だが、..   (2019-03-10)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:806,806 今日:27 昨日:142
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.