フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【有罪】 性転換者殺害のアメリカ海兵隊員に 禁錮6~12年の判決 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【有罪】 性転換者殺害のアメリカ海兵隊員に 禁錮6~12年の判決

 事件は201410月半ばに、ルソン島中部サンバレス州オロンガポ市で発生した。



 被告のアメリカ海兵隊員は、同地で被害者を女性と思って買春し、ホテルにチェックインして被害者が性転換者だったことに逆上し、被害者の顔を便器に突っ込んで窒息死させ『殺人罪』で逮捕、起訴された。

 フィリピンとアメリカの間には『訪問米軍地位協定(VFA)』が締結されていて、この協定はフィリピン側には著しく不平等なもので、かつての沖縄と同じようにアメリカ兵がフィリピンで事件を起こしても身柄の拘束はアメリカ側に権限があって、今回のような殺人のような重大事件でも、フィリピン側は身柄引き渡しを要請できるだけで、アメリカ側は治外法権そのもので一応考慮するとなっている。

 またVFAによると、『起訴から1年以内に結審しない場合は、アメリカ側は被告の身柄を確保し、出廷させる義務がなくなる』と、この手の裁判は数年以上はかかるフィリピンの裁判事情を逆手に取った条項があって、殺人を犯したアメリカ兵は協定によるとアメリカへ帰国できてしまうとんでもない取決めまである。

 被告が起訴されたのは20141215日で、そのためもあってか、フィリピン側は驚異的な審理スピードで121日に辛うじて判決が出た。

 この裁判では検察、遺族側は最高刑が終身刑(フィリピンは死刑制度は事実上凍結)を望んだが、判決では計画性はなく『一般殺人』とし、禁錮612年の比較的軽い判決を下した。なお、同時に賠償金として400万ペソ(約1100万円)を命じている。

 判決後に被告の身柄を巡って、一審で有罪だった被告は通常、首都圏モンテンルパ市にある刑務所へ収監されるが、アメリカ側は身柄移送を拒否し、結局、今まで被告を拘置していた首都圏ケソン市にある国軍本部内で拘置されることとなった。

 こういった措置が取られるのもVFAに『司法手続き完了までアメリカ側に身柄拘束権はある』とされていて、アメリカは自国民、しかも軍人による重大事件の主権を一方的に主張し、VFAの不平等性が浮き彫りになっている。

 VFA
はかつて、アメリカがフィリピンにアジア最大の海軍基地をオロンガポ市に、同じく空軍基地をクラーク地域に持っていて、アキノ(現アキノの母親)政権時代に基地を返還して、その後情勢の変化によりアメリカ軍が随時駐留できるようにした協定で、この協定に関しては上院で批准されていないために『違憲』の疑いがあると問題視されている。

 日本も安倍政権になってからアメリカと同様の軍事協定をフィリピンと結び、自衛隊の海外派兵を合法化しようとしている動きがある。

 いかなる殺人犯といえども『人権』は当然あるが、この手の事件ではアメリカの主権がフィリピンを蹂躙していることは確かと内外に知ら示した。

 【写真はセブ市の刑務所にて】


Updated: 2015/12/06 (日) 10:22

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
在フィリピン日本国大使館2020/04/24 (金) 21:55より転載【ポイント】●4月24日,フィリピン政府は,マニラ首都圏等における強化されたコミュニティ隔離措置を5月15日まで延長する..   (2020-04-25)
 クルーズ船『ダイアモンド・プリンセス』内での集団感染によって、船内で隔離されていた乗客は安全とみなされ続々と下船しているが、船を運航する乗員については曖昧な状態が続い..   (2020-02-26)
 中国湖北省の武漢が始まりとされる、新型コロナウィルスに寄る感染は世界の他の国に拡散し、2月15日現在で感染者数7万人近く、死者1500人以上となっている。 中国以外の国で最初の..   (2020-02-16)
 経済開発機構(OECD)が2019年12月に公表した国際学習到達度調査(PISA)によると、初めてこの調査に参加したフィリピンは項目によっては最下位に近い結果が出て、教育関係者から落胆..   (2020-02-06)
 マニラ首都圏から南に60キロの地域にあるタアル湖は観光地として有名で、この湖は二重式カルデラ湖で面積は234平方キロあり、中央に標高311メートルの火山を持つ島がある。 この火..   (2020-01-17)
 2018年8月24日、セブ市で車を運転していた妻(当時71歳)に対して、殺害を指示したとして殺人罪で起訴されていた夫(78歳)に神戸地裁は懲役17年の判決を下した。 夫と妻は1990年代か..   (2019-12-13)
 10月19日(土曜日)午後7時頃、セブ市に隣接するマンダウエ市にある『Jセンター・モール』内で営業をする貴金属店、両替え所、質屋が武装した強盗団に襲撃された。 強盗団は15人..   (2019-10-20)
 フィリピンの一大産業になっているコールセンターは多くの労働問題を抱えているが、中でも従事する外国人の違法就労が問題になり、取り締まり当局の摘発が相次いでいる。 10月9日..   (2019-10-11)
 年間150万人を集客するマニラ首都圏パサイ市の遊園地『スターシティ』で、10月2日午前0時過ぎに大規模な火災が発生し、首都圏各地より70台以上の消防車が出動し、同日午後2時頃に鎮..   (2019-10-04)
 フィリピン有数の観光地で知られるヴィサヤ地方ボラカイ島で、9月25日午前7時40分頃、21人を乗せて練習していたドラゴン・ボートが強風と高波を受けて転覆し、8人の死亡が確認された..   (2019-09-26)
 日本でも大規模感染中のアフリカ・トン・コレラ(英名classical swine fever=ASF)が、首都圏北方のブラカン州やリサール州で発生した疑いが強まり、隣接する州などでは他州からの豚の持..   (2019-09-19)
 8月18日(日曜日)午前9時50分頃、セブ島西海岸中部にあるトレド市(人口18万人ほど)の中心部で、72歳(本籍茨城県)の邦人男性が自宅入り口近くで頭部を銃撃され死亡した。 銃撃..   (2019-08-21)
 英名でdengue feverと呼ばれるデング熱がフィリピン国内で猛威を振っていて、フィリピン保健省は今年1月から7月下旬までのデング熱罹患者数は16万8000人弱と発表した。 この数字は2015年..   (2019-08-14)
 8月3日、セブ島などヴィサヤ地域に含まれるパナイ島最大の都市イロイロ市(人口50万以上)と、対岸にあるギマラス島間を結ぶボート3隻が相次いで転覆し、これまでに死者28人、行方..   (2019-08-07)
7月19日(金曜日)午前7時40分頃、セブ島南部西海岸にあるボルホオン町(人口約1万7千人)の山間で、町のスポーツ大会に出席するために小学生と引率を乗せた小型ダンプカーが坂道で横..   (2019-07-20)
 日本以上に高学歴でないと就職の難しいフィリピンだが、夏休みを終えた6月から新学期が始まった。 教育省によると新年度における義務教育である児童生徒数は昨年より3%近く増加..   (2019-06-30)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:831,880 今日:25 昨日:108
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.