フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【辞退】 パッキャオ引退か 11月に予定された再戦ならず - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【辞退】 パッキャオ引退か 11月に予定された再戦ならず

 フィリピンの『ボクシング』英雄であり、現職上院議員のマニー・パッキャオは、72日、オーストラリアのブリスベーンで行われた試合で敗れ、WBO(World Boxing Organization=世界ボクシング評議会)ウェルター級世界チャンピオンの座を陥落したが、再戦話は1112日に設定されていた。

 72日の試合では、パッキャオは0-3111-117113-115113-115)の判定負けを喫し、挑戦者のジェフ・ホーン(オーストラリア)が勝利。

 この結果に対してパッキャオ側は判定結果に不服を唱え、WBOが判定に対する再検証を行うと声明する異例の事態に発展。

 検証は『音声による干渉が入らないよう、各国から有能な匿名ジャッジ5人』を集め、ラウンドごとの採点表を作成するという。

 7
11日、WBOは検証結果について『パッキャオは第3、第8、第9ラウンドで100%、第5ラウンドで80%、第11ラウンドで60%優勢だった』とした。

 一方、『ホーンは第1、第6、第12ラウンドで100%、第2、第4、第7ラウンドで80%、第10ラウンドで60%優勢だった』と公表。その結果、WBOはホーンの勝利判定は間違いないと結論。

 この騒ぎのために両者の再試合が計画され、フィリピンでパッキャオの誕生日1217日前に試合が行われることが検討されていた。

 この流れに対して、パッキャオを育てたトレーナーのフレディ・ローチ【写真右】は『引退勧告』の時期だと示唆していた。

 実際、強打で知られるパッキャオも2010年からの13戦で、2012年にファン・マルケス戦KO勝ちした以外は全て判定勝ちが続き、力が衰えたのは歴然とし38歳の年齢に勝てない状況となっている。

 パッキャオ本人もホーン戦で敗れた直後は『引退を真剣に考える時』と漏らしていたが、政治活動と取り巻や一族の財政援助のため現役を続行すると考えを変えて表明。

 ホーンとの再戦は現実的となり、場所、日程もフィリピンではなくオーストラリア・ブリスベーンで1112日に行うと設定された。

 しかしながら、再戦のスポンサーを務めるオーストラリア・クイーンズ州当局が91日『パッキャオ側からの申し出で再戦はなくなった』と発表。

 パッキャオは再戦辞退の理由として自身の政治家としての日程の都合と述べているが、パッキャオが政治家としての差し迫った日程、役割など全くなく、これは再戦をしたくない言い訳であると見られ、この動きは引退間近と観測されている。


Updated: 2017/09/02 (土) 09:21

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 ドゥテルテ大統領がフィリピン屈指の観光地『ボラカイの海は汚水溜めと同じ』と怒り、半年以内に改善が見られないなら『全島を閉鎖』する発言をしてから、環境行政を司る環境省が..   (2018-02-24)
 北朝鮮のごり押しで、平昌オリンピックはスポーツの祭典などという綺麗ごとではなく政治の舞台と化したが、度を超えた報道合戦による美談作りで日本人のオリンピック好きは高まる..   (2018-02-20)
 閉鎖命令理由は各種の条例違反を挙げられていて、とりわけ酷かったのは『騒音』で、近隣住民に夜な夜な肉体的苦痛を与えていた。マンダウエ市長の従兄弟が経営する『セントラル』..   (2018-02-15)
 ジプニーというのは戦後に駐留していたアメリカ軍が置いて行ったジープの車体を利用して改造した車で、その独特なデザインと利便性からフィリピン人の足として重宝されているが、..   (2018-02-12)
日本の厚生労働省【写真は霞が関の本庁舎】が2017年度(10月末)までの外国人雇用状況統計を公表した。 これによると総雇用者数は127万8千人余で、前年比18%増となり、6年連続で最高..   (2018-01-29)
  ルソン島南端アルバイ州にある『マヨン』火山(標高2463m)の活動が活発化し、フィリピン火山地震研究所は、マヨン火山は1月13日午後になって、最初の水蒸気爆発を起こしたため..   (2018-01-16)
 台風26号『ウルドゥハ』で大きな被害を受けた北部ヴィサヤ地方に続いて、台風27号『ヴィンタ』がミンダナオ島北部から西部に抜けて同地域に大きな被害をもたらした。 台風の多い..   (2017-12-26)
 オーストラリア人3人の乗るヨットが、ミンダナオ島北端近海で船体に穴が開いて沈没。ブイに掴まって6日間漂流した後、12月17日にミンダナオ島北端にあるデナガット島沖で地元漁師に..   (2017-12-23)
 2017年最後の台風となりそうな『ウルドゥハ』(台風26号)は、12月16日から17日にかけてヴィサヤ地方のサマール島、レイテ島に上陸しそのまま横断。 この襲来によってレイテ島西北端..   (2017-12-18)
 日本の外務省は毎年『海外邦人援護』の統計を公表しているが、12月12日、2016年の数字を発表した。         この統計は世界各地にある日本の在外公館が扱った海外在住邦人..   (2017-12-13)
 11月24日にコンテナに隠した高級自動車の密輸が発覚したセブ港で、今度は中国からの大量の米の密輸が摘発された。 11月27日から12月3日にかけて相次いでセブ港に入港し荷揚げされた..   (2017-12-11)
 12月2日午前1時頃、ミンダナオ島北部にあるカガヤン・デ・オロ市で、州立のUniversity of Science and Technology of Southern Philippines(USTP)学長(50歳)が自宅前で何者かによって銃撃を受け死亡..   (2017-12-04)
 密輸天国といわれるフィリピンで、11月24日、セブ港のコンテナ・ヤードで総額1億5千万ペソ(約3億3千万円)以上になる高級車が、コンテナ内に隠されて密輸されていたのが摘発された..   (2017-11-27)
 2013年11月8日、フィリピン中部域を襲った台風『ヨランダ(台風30号)』は国内各地で8000人近くに達する死者行方不明者を出した。 100年に1度ともいわれる超大型台風被災から4年も経ち..   (2017-11-16)
 今年のミス・セブはサン・カルロス大学で観光コースを学ぶ22歳の学生『Apriel Smith=エイプリル・スミス』が栄冠を勝ち取った。 彼女はセブ島西岸にあるダイヴィングで知られるバジ..   (2017-10-31)
『ヴィザなし(入国時に取得可能を含めて)でどれだけの国に入国できるか』で、パスポート発行国の順位を決めるランキング最新版がカナダの会社から発表された。 これによるとフィリ..   (2017-10-26)
12345678910,,,27
ニュース コラム ライフ
【環境】 ボラカイもマクタン..
バタネス紀行 2017 その-(23..
【評価】 アメリカの情報機関..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【祭典】 参加してもフィリピ..
ボラカイの海は『汚水溜め』と..
【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
セブは晴れ 日本は大雪
【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
バタネス紀行 2017 その-(22..
プーケットの古本屋
【時代】 劣悪なジプニーが消..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【司法】 最高裁 戒厳令延長..
バタネス紀行 2017 その-(21..
【市場】 フィリピンの2017年..
平成は31年で終わる
【労働】 企業に都合の良い ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
21【雇用】 日本で働くフィリピ..
22軍事用飛行場であったマクタン..
23【景気】 前年より減速 2017..
24【管理】 海外で働くフィリピ..
25セブからプーケットへ
26【避難】 マヨン火山に大噴火..
27セブで迎える2017年の大晦日
28【避難】 異例のクリスマス台..
29【企業】 ホテルオークラ 放..
30バタネス紀行 2017 その-(20..
31【漂流】 ミンダナオ島沖で ..
32小さな旅 ボホール島篇 2017..
33【最大】 総額3兆7670億ペソ 2..
34気に食わない2017年の5人
35【被害】 台風『ウルドゥハ』..
36バタネス紀行 2017 その-(19..
37【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設..
38セブから消えるマリオット・ホ..
39【強権】 マルコス独裁に近づ..
40【多忙】 在比日本国大使館の..
41小さな旅 ボホール島篇 2017..
42【犯罪】 中国からの密輸続く..
43バタネス紀行 2017 その-(18..
44【開発】 国内空港関連事業 ..
45【騒動】 デング熱ワクチン ..
46【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
47【司法】 違法薬物取締政策の..
48【調査】 日本の製造業の有望..
49【天国】 セブ港で コンテナ..
50【胡乱】 操作した疑いを持た..
51【統計】 GDP第3四半期成長率..
52【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 3919
【天国】 セブ港で コン..+ 3873
【胡乱】 操作した疑いを..+ 3846
【犯罪】 中国からの密輸..+ 3587
【騒動】 デング熱ワクチ..+ 3544
【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 3424
【司法】 違法薬物取締政..+ 3314
【強権】 マルコス独裁に..+ 3277
【最大】 総額3兆7670億ペソ..+ 3124
【多忙】 在比日本国大使..+ 2958
【統計】 GDP第3四半期成長..+ 2883
【調査】 日本の製造業の..+ 2880
【被害】 台風『ウルドゥ..+ 2737
【開発】 国内空港関連事..+ 2598
【浪費】 ミンダナオ鉄道..+ 2427
【漂流】 ミンダナオ島沖..+ 2383
【企業】 ホテルオークラ..+ 2364
【避難】 異例のクリスマ..+ 2058
【雇用】 日本で働くフィ..+ 1958
気に食わない2017年の5人+ 1933
21小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1896
22バタネス紀行 2017 その-..+ 1877
23セブから消えるマリオット..+ 1836
24小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1668
25【避難】 マヨン火山に大..+ 1653
26個人崇拝と全体主義+ 1619
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1610
28小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1594
29バタネス紀行 2017 その-..+ 1592
30セブで迎える2017年の大晦日+ 1533
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1408
32【管理】 海外で働くフィ..+ 1315
33バタネス紀行 2017 その-..+ 1294
34台風『ヨランダ』から4年経..+ 1287
35小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1234
36小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1216
372017年の万聖節+ 1163
38【景気】 前年より減速 20..+ 1095
39セブからプーケットへ+ 1023
40【労働】 企業に都合の良..+ 956
41軍事用飛行場であったマク..+ 882
42【市場】 フィリピンの2017..+ 804
43【時代】 劣悪なジプニー..+ 724
44平成は31年で終わる+ 694
45【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 646
46小さな旅 ボホール島篇 20..+ 644
47【税金】 マニラ首都圏地..+ 641
48【司法】 最高裁 戒厳令..+ 603
49【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 486
50【評価】 アメリカの情報..+ 398
51【祭典】 参加してもフィ..+ 232
52【環境】 ボラカイもマク..+ 57
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:689,608 今日:105 昨日:192
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.