フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【不全】 セブ市の2億ドルを無駄にするバス・プロジェクト - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【不全】 セブ市の2億ドルを無駄にするバス・プロジェクト

 フィリピンの都市圏道路は地獄的な渋滞が慢性的に発生し、特にマニラ首都圏はバンコクに代わってアジア最悪の渋滞都市となっているが、それでも軽量鉄道や地下鉄を計画、実行に移している。


 マニラ首都圏に劣らない渋滞都市にセブ市を中心にした300万人以上が生活するセブ都市圏があり、ここ数十年の間に車は激増して道路を埋め尽くしているのに、道路改良や新規道路などほとんど増えていなくて渋滞に輪をかけている。

 そのセブも公共都市交通の導入プランはあって、それで決まったのが既存の道路上に専用レーンを設けてバスを走らせる『Bus Rapid Transit (BRT)』。

 1990年代に当時のセブ市長がプロジェクトをぶち上げ、BRTを推進するフランスの企業がプロジェクトを売り込み、2008年になってフランス政府がバックになって世界銀行の融資が決まった。

 融資額は19800万ドルで、BRT以外にも他企業から軽量鉄道の計画も出されていたが、BRTを推進したフランスの企業と当時の市長が近しい関係から、BRT決定に関しては不明朗だとの批判は絶えなかった。

 また、運用上の問題として渋滞を引き起こしている既存の道路に専用レーンを設けて走らせるBRTは渋滞に輪をかける結果になり、最低でもマニラのような専用軌道を持つ軽量鉄道を採用するべきとの意見、指摘は多かったがBRTに比べて軽量鉄道建設は金がかかると一蹴された。

 計画では路線距離16キロ、その間に33の駅を設けて133000人の利用者を見込み、2019年度中に開通を見込んでいた。

 工事はいくつかの区間に分けて行われるが、駅を確保するために既存道路を広げたりすることが全く進まず、20222月現在でも開通する見込みが立っていない。

 一方でいかにも薔薇色の机上プランだけは進み、将来は路線を各方面へ延長し、マクタン-セブ国際空港までBRT路線を延長し、しかも当初の3万人台の利用者数から6万人になるなど絵に描いた餅ばかりをアピール。

 こういった体たらくで遅れに遅れているプロジェクトを認可していた政府機関も仕方なく2年間の対外融資延長を認めたが、といって先行きが明るくなった訳ではない。

 そういった中、新たにセブ市が所有する南部の埋め立て地に新BSTターミナルを作る計画も暗礁に乗り上げたが、これなども思い付きで始めた結果だとと酷評されている。

 こうして、BRTは完成してもほとんど渋滞の渦に飲み込まれて機能しないだろうと今から囁かれていて、セブ市は2億ドルを溝に捨てるようなプロジェクトを進めていると批判されている。

 現在、セブ市は民間バス会社のバス20台を借りてBRT路線にバスを走らせているが、本末転倒との声も高く、最初から軽量鉄道にしておけば良くBRTは安物買いの銭失いプロジェクトとなりそうだ。

【写真はBRTの文字通り絵に描いた餅のセブ市の完成予想図】


Updated: 2022/02/19 (土) 11:20

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本は6月9日に新型コロナ累計感染者900万人を突破したが、同日のフィリピンの累計感染者数は369万人と、流行初期から中期にかけてフィリピンは日本をはるかに凌ぐ感染者を出してい..   (2022-06-12)
 フィリピンの平均年齢は23歳台で、老人大国の日本の46歳台の半分から若い将来のある国と見られているが、政府機関調査によると1人の女性が生涯に産むと見込まれる子どもの数を示す..   (2022-06-01)
 4月27日(水曜日)午後4時18分頃、セブ島隣にあるボホール州LOAY(ロアイ)町(人口約1万9千人)を流れるロボック川に架かるクラリン橋が折れ、川に崩落する事故が発生。この事故で通..   (2022-04-29)
 事件はマニラ首都圏パシグ市のヴィレッジ内で起き、3月28日(月)午後8時30分頃、犯行のあった家に訪ねて来た人によって血まみれの姿を発見し、病院に緊急搬送したが29日(火)午前1..   (2022-04-01)
 コロナ禍で各種国家試験が延期される中、2022年1月に行われた教員資格試験の結果が2022年3月11日に発表された。 同試験は『Licensure Examination for Teachers (LET)』と呼ばれているが、セブの..   (2022-03-15)
 フィリピンの新型コロナ罹患者発生数は1日1000人を切るようになり、日本の1日7~8万人というテンヤワンヤの罹患者数とは大きく違い、峠を越したと見たフィリピン政府は3月1日から各..   (2022-03-04)
 フィリピンの都市圏道路は地獄的な渋滞が慢性的に発生し、特にマニラ首都圏はバンコクに代わってアジア最悪の渋滞都市となっているが、それでも軽量鉄道や地下鉄を計画、実行に移..   (2022-02-19)
 2月2日(水曜日)、マニラ国際空港第2ターミナルに到着の成田発PR427便に乗っていた日本人2人が税関(Bureau of Customs=BOC)によって現金1億円を持ち込んだとして摘発、拘束された。 フ..   (2022-02-03)
 2021年12月16日にセブ島中央から南部を直撃した台風22号『オデット』から一ヶ月が経過したが、電気、水道といった生活インフラの復旧は遅れている。 セブ島の配電会社によると契約..   (2022-01-16)
 今年の7月8日に日本からフィリピンへ寄贈された新型コロナワクチン112万4100回分に続いて、10月28日に日本製の89万6000回分の寄贈ワクチンがマニラ国際空港に到着した。 2度目の寄贈は..   (2021-10-29)
 2021年のミス・ユニバース、フィリピン代表は、セブ市から出場したBeatrice Luigi Gomez(ビア・ゴメス)が選ばれた。 同コンテストはフィリピン全国から100人の候補者が集まり、最初は75..   (2021-10-01)
 9月18日(土曜日)、首都圏パラニャケ市のショッピング・モールにて邦人向けの新型コロナ・ワクチン接種が始まり、約500人が接種を受けた。 第1回で接種されたワクチンはファイザ..   (2021-09-19)
 ドゥテルテ大統領が違法薬物容疑者を抹殺すると宣言し、過去5年間で1万人以上の人間が警察などの捜査機関によって問答無用に殺害されていて、裁判を経ない虐殺として国際的に問題..   (2021-09-09)
 セブで『Fooda Saversmart』の名前で20年近く営業していたスーパーマーケットが9月をもって全店を閉鎖することを発表した。 同スーパーはセブの経済人が経営していて、セブ市内に3店..   (2021-08-27)
 8月3日現在、累計コロナ感染者161万人以上、死者2万8000人以上を数えるフィリピンだが、1日当たりの感染者数は6000~7000人台が続いている。 1日当たり1万人以上を超える感染者を出しな..   (2021-08-05)
 日本や韓国、アメリカなどから犯罪容疑者の逃亡先として知られるフィリピンで、7月22日、日本から殺人容疑で指名手配されていた58歳の日本人が入国管理局の捜査員によって拘束され..   (2021-07-29)
12345678910,,,34
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:930,721 今日:62 昨日:90
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.