フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
台風「バスヤン」、フィリピン列島強打 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  台風「バスヤン」、フィリピン列島強打
  「人命被害•大規模な停電や通信途絶•電車運行停止」

フィリピン列島を襲ったハリケーン「バスヤン(国際名:コンソン)」による死亡、行方不明者が14日22人に増えるなど、時間が経つにつれて人命、財産の被害の規模が大きくなっている。
報告された数値は、停電による通信障害が発生した状況で編集されたもので、通信途絶が原因で報告されていない人命被害は更に多く、実際の死者と行方不明者は22人を超えると予想される。
13日(火)、時速120キロメートル(75マイル)以上の強風で訪れたバスヤンは14日(水)午前、フィリピンを通過して、時速22キロで中国南海の方向に移動している。

○人命被害:死者数の集計を担当する国家機関である国家災害対策本部(NDCC)は、水曜日の午前までに計7人が死亡したと発表したが、ネットワークが回復した時に死者数が増加すると予測している。水曜日の午後、フィリピンの軍隊、警察、自治体から報告された死者数と行方不明者数は20人で、ほとんどが木、壁のような重いものが倒れた事による圧死で、その他は溺死、感電死などである。死者の多くはルソン、マニラ郊外を含む6地域で発生しており、フィリピンの軍隊は、マニラの南東Catanduanes地域で漁師19人が行方不明、居住地に入ってきた洪水に流された3人も行方不明の状態だと発表した。
○大規模な停電、通信途絶:台風による強い風雨でマニラ首都圏全体を覆う大規模な停電事故が発生した。14日午前12時42分頃に始まった停電は、メトロマニラ全地域、ラグナの一部地域、ケソン、カビテ、ブラカンに影響を与え、数時間に渡って電気供給が中断された。マニラ電力会社(Manila Electric Company、メラルコ)の広報担当者ディナ・ロモタン(Dina Lomotan)は、マニラ首都圏地域の電力供給が水曜日に正常化されたが、まだ供給量が十分ではないと明らかにした。
水曜日の午前10時頃メラルコは580メガワットの電力を供給したが、これは毎日消費される平均電力量の10%に過ぎない量である。

ロモタン広報担当者は、不十分な電力供給量にもかかわらず、水曜日ほとんどの地域で電気が正常に供給できるようにすると述べ、電気の供給に問題がある地域はいくつかの地域のみであり、その地域も木曜日までには正常化されると見込んでいる。
ジョー・ジャルダリアガ(Joe Zaldarriaga)代弁人は、迅速な復旧のため国送電会社(NGCP)との調整をしており、電力送電に問題はあるが、マラカニャン大統領官邸、フィリピンの軍事施設、病院のMRT、LRTへの電力供給が正常化できるように努力していると語った。
ロモタン広報担当者は、市民たちに電力関連の問題が発生した場合メラルコ・ホットラインイン16211や0917-5592824、0920-9292824 begin_of_the_skype_highlighting              0920-9292824      end_of_the_skype_highlightingに名前、連絡先、場所、サービスのID番号などを残してもらえるよう呼びかけた。 
  
○相変わらずの水不足の事態:ルソン地域に大規模な停電をもたらした台風バスヤンがアンガットダムの水不足状態を解決できないままフィリピンを通過して行ったことが分かった。

気象関係者は、バスヤンがラニーニャによる深刻な水不足事態を解決してくれることを期待したが、思ったよりも降水量が少なくアンガットダムの水位を高めることはなく現状維持にとどまった。 
 ブラカン・ノルザガライ(Bulacan Norzagaray)に位置するアンガットダムは、メトロマニラの家庭用給水を97%供給、27,000ヘクタール規模のブラカン畑地域にも水を供給している。
アンガットダムはまだ危険な水位である157.5メートルの状態である。

○MRT、LRT運行中止:台風バスヤンにより、マニラ首都圏のトレインMRTとLRTの運営を中断し、公共交通機関を使用していた乗客たちの足がなくなった。
水曜日の午前4時DzbbラジオでのインタビューでLRTの管理当局Melquiades Robles局長は、マニラ電力会社(メラルコ)はまだ電力供給復旧の目処が立っていなかった為、LRT、MRTの運営計画が決定できず回復されても錆びた鉄板、鉄道のほこりなどを除去して整備する必要があるため、通常運営までには時間がかかると述べた。 LRTの運営中断によりパサイロトンダ駅とエドゥサ駅が乗客で非常に混み、更に通勤時間に運行されているバスやジプニーなど他の公共交通機関も十分ではないため利用者は困っていた。

○車の渋滞、事故続々:マカティでは、水曜日の午前エピファニオ・デロス・サントス・アベニュー(Epifanio delos Santos Avenue)で大雨により7件の追突事故が起きた。事故車両はトレーラートラック3台、タクシー、バン、乗用車などであることが報告された。

○洪水:国家災害対策本部(NDCC)は、ケソンシティーの一部で人の胸くらいまで水が溢れる洪水が発生し、被害地域はタンダンソラ、サンガンダアン、デルパンレクト、バンバン、アバドサントス・アベニュー、P.グエバラ、ラクソン、エスパーニャ、プレジャ地域であると発表した。 

  ○航空会社、船舶運行中止:フィリピン航空の国内、国際線40便が欠航となた。フィリピン航空ジョナサン・ゲスムンド(Jonathan Gesmundo)代弁人は、ダバオ、セブ、バコロド、カガヤンデオロ、イロイロ、タグビララン、タクロバン、ドゥマゲッティ、レガジュピ、ゼネラルサントス、プエルトプリンセサ、香港行き便が他の空港への迂回を余儀なくされたりまたは欠航となったと伝えた。フィリピンの沿岸警備隊は、総勢622人の乗客(ビコル341人、ルセナ181人、プエルトレアル50人、バタンガス50)がハリケーンバスヤンによる突風や大雨でフェリー運航が中断されルソン地域で足を奪われたと言った。アルバイ地域のタバコ、ビクトリアタウンでも旅客船10便の運航が中止され、警備隊は旅行者にビコル、バタンガス、ケソン地域へ船便で訪問することを避けるよう勧告した。  
船舶運航のガイドラインによると、台風1号が発生した際に1,000トン以下の船舶の運行が禁止、2号が発生した際には船の大きさに関係なく全ての運行が禁止される。ガイドラインに違反した場合、船長の場合は免許が取り消され、船会社の場合は運営許可と公益証書(CPC)が取り消される。


Updated: 2010/07/27 (火) 18:29

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 閉鎖命令理由は各種の条例違反を挙げられていて、とりわけ酷かったのは『騒音』で、近隣住民に夜な夜な肉体的苦痛を与えていた。マンダウエ市長の従兄弟が経営する『セントラル』..   (2018-02-15)
 ジプニーというのは戦後に駐留していたアメリカ軍が置いて行ったジープの車体を利用して改造した車で、その独特なデザインと利便性からフィリピン人の足として重宝されているが、..   (2018-02-12)
日本の厚生労働省【写真は霞が関の本庁舎】が2017年度(10月末)までの外国人雇用状況統計を公表した。 これによると総雇用者数は127万8千人余で、前年比18%増となり、6年連続で最高..   (2018-01-29)
  ルソン島南端アルバイ州にある『マヨン』火山(標高2463m)の活動が活発化し、フィリピン火山地震研究所は、マヨン火山は1月13日午後になって、最初の水蒸気爆発を起こしたため..   (2018-01-16)
 台風26号『ウルドゥハ』で大きな被害を受けた北部ヴィサヤ地方に続いて、台風27号『ヴィンタ』がミンダナオ島北部から西部に抜けて同地域に大きな被害をもたらした。 台風の多い..   (2017-12-26)
 オーストラリア人3人の乗るヨットが、ミンダナオ島北端近海で船体に穴が開いて沈没。ブイに掴まって6日間漂流した後、12月17日にミンダナオ島北端にあるデナガット島沖で地元漁師に..   (2017-12-23)
 2017年最後の台風となりそうな『ウルドゥハ』(台風26号)は、12月16日から17日にかけてヴィサヤ地方のサマール島、レイテ島に上陸しそのまま横断。 この襲来によってレイテ島西北端..   (2017-12-18)
 日本の外務省は毎年『海外邦人援護』の統計を公表しているが、12月12日、2016年の数字を発表した。         この統計は世界各地にある日本の在外公館が扱った海外在住邦人..   (2017-12-13)
 11月24日にコンテナに隠した高級自動車の密輸が発覚したセブ港で、今度は中国からの大量の米の密輸が摘発された。 11月27日から12月3日にかけて相次いでセブ港に入港し荷揚げされた..   (2017-12-11)
 12月2日午前1時頃、ミンダナオ島北部にあるカガヤン・デ・オロ市で、州立のUniversity of Science and Technology of Southern Philippines(USTP)学長(50歳)が自宅前で何者かによって銃撃を受け死亡..   (2017-12-04)
 密輸天国といわれるフィリピンで、11月24日、セブ港のコンテナ・ヤードで総額1億5千万ペソ(約3億3千万円)以上になる高級車が、コンテナ内に隠されて密輸されていたのが摘発された..   (2017-11-27)
 2013年11月8日、フィリピン中部域を襲った台風『ヨランダ(台風30号)』は国内各地で8000人近くに達する死者行方不明者を出した。 100年に1度ともいわれる超大型台風被災から4年も経ち..   (2017-11-16)
 今年のミス・セブはサン・カルロス大学で観光コースを学ぶ22歳の学生『Apriel Smith=エイプリル・スミス』が栄冠を勝ち取った。 彼女はセブ島西岸にあるダイヴィングで知られるバジ..   (2017-10-31)
『ヴィザなし(入国時に取得可能を含めて)でどれだけの国に入国できるか』で、パスポート発行国の順位を決めるランキング最新版がカナダの会社から発表された。 これによるとフィリ..   (2017-10-26)
 フィリピンはインド、中国に次ぐ世界第3位のバナナ生産国でその多くは日本へ輸出されている。【写真はスミフルに対する現地の抗議行動】 日本のバナナ輸入量は2015年度には約96..   (2017-10-20)
 110ヶ国に5700軒のホテルを所有し、客室数は110万室に達する世界最大のホテル・チェーンである『マリオット』が、セブ市で営業中の『セブ・マリオット・ホテル』【写真】から手を引..   (2017-10-14)
12345678910,,,27
ニュース コラム ライフ
ボラカイの海は『汚水溜め』と..
【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
セブは晴れ 日本は大雪
【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
バタネス紀行 2017 その-(22..
プーケットの古本屋
【時代】 劣悪なジプニーが消..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【司法】 最高裁 戒厳令延長..
バタネス紀行 2017 その-(21..
【市場】 フィリピンの2017年..
平成は31年で終わる
【労働】 企業に都合の良い ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【雇用】 日本で働くフィリピ..
軍事用飛行場であったマクタン..
【景気】 前年より減速 2017..
【管理】 海外で働くフィリピ..
セブからプーケットへ
21【避難】 マヨン火山に大噴火..
22セブで迎える2017年の大晦日
23【避難】 異例のクリスマス台..
24【企業】 ホテルオークラ 放..
25バタネス紀行 2017 その-(20..
26【漂流】 ミンダナオ島沖で ..
27小さな旅 ボホール島篇 2017..
28【最大】 総額3兆7670億ペソ 2..
29気に食わない2017年の5人
30【被害】 台風『ウルドゥハ』..
31バタネス紀行 2017 その-(19..
32【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設..
33セブから消えるマリオット・ホ..
34【強権】 マルコス独裁に近づ..
35【多忙】 在比日本国大使館の..
36小さな旅 ボホール島篇 2017..
37【犯罪】 中国からの密輸続く..
38バタネス紀行 2017 その-(18..
39【開発】 国内空港関連事業 ..
40小さな旅 ボホール島篇 2017..
41【騒動】 デング熱ワクチン ..
42個人崇拝と全体主義
43【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
44【司法】 違法薬物取締政策の..
45【調査】 日本の製造業の有望..
46【天国】 セブ港で コンテナ..
47【胡乱】 操作した疑いを持た..
48【統計】 GDP第3四半期成長率..
49【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 3745
【天国】 セブ港で コン..+ 3697
【胡乱】 操作した疑いを..+ 3660
【犯罪】 中国からの密輸..+ 3450
【騒動】 デング熱ワクチ..+ 3381
【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 3271
【司法】 違法薬物取締政..+ 3130
【強権】 マルコス独裁に..+ 3119
【最大】 総額3兆7670億ペソ..+ 2977
【多忙】 在比日本国大使..+ 2808
【統計】 GDP第3四半期成長..+ 2717
【調査】 日本の製造業の..+ 2708
【被害】 台風『ウルドゥ..+ 2599
【開発】 国内空港関連事..+ 2447
【浪費】 ミンダナオ鉄道..+ 2297
【漂流】 ミンダナオ島沖..+ 2264
【企業】 ホテルオークラ..+ 2213
【避難】 異例のクリスマ..+ 1916
気に食わない2017年の5人+ 1815
小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1791
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1782
22セブから消えるマリオット..+ 1758
23【雇用】 日本で働くフィ..+ 1732
24小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1601
25個人崇拝と全体主義+ 1551
26小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1538
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1526
28【避難】 マヨン火山に大..+ 1518
29バタネス紀行 2017 その-..+ 1469
30セブで迎える2017年の大晦日+ 1431
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1350
32台風『ヨランダ』から4年経..+ 1244
33バタネス紀行 2017 その-..+ 1242
34小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1196
35小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1192
36【管理】 海外で働くフィ..+ 1189
372017年の万聖節+ 1138
38【景気】 前年より減速 20..+ 942
39セブからプーケットへ+ 919
40軍事用飛行場であったマク..+ 769
41【労働】 企業に都合の良..+ 727
42平成は31年で終わる+ 548
43小さな旅 ボホール島篇 20..+ 545
44【市場】 フィリピンの2017..+ 536
45【時代】 劣悪なジプニー..+ 360
46【司法】 最高裁 戒厳令..+ 355
47【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 167
48【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 110
49【税金】 マニラ首都圏地..+ 34
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:688,542 今日:130 昨日:180
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.