フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【注意】 マニラ国際空港に蔓延る 悪辣なぼったくりタクシー - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【注意】 マニラ国際空港に蔓延る 悪辣なぼったくりタクシー

 世界の国際空港の中で最悪といわれているマニラ国際空港で、ターミナルを出て待ち受けているタクシーに乗って、高額なタクシー代金を請求される事件が頻発している。



 マニラ国際空港には国内便を含めて4つのターミナルが無計画に作られ、各ターミナル間の接続は全く考えられていなくて、利用客はターミナル間を移動するのにタクシーを使うことが多い(無料のシャトル・バスはあるが不便で、空港当局はタクシーに乗せるように仕向けていると評判が悪い)。

 目と鼻の先にあるターミナルまで現地事情に疎い乗客は、乗車後に25ドル(1200ペソ弱)も請求されている悪質タクシーのケースが続出。しかも、乗客が乗車してから高額な料金表を見せられ従わざるを得ない状況となっている。

 この料金表にはフィリピン航空と運輸通信省の公式ロゴが上部に印刷されていて、あたかも両機関が公認しているような印象を与えているが、両機関ともこれら悪質タクシーとは関係ない。

 インチキ料金表によると空港からマカティ―市まで30ドル、マニラ市が35ドルとなっているが、空港からマカティまでのタクシー料金は通常4ドル(約200ペソ)程度である。

 また、これらぼったくりタクシーは遠隔地もドル払いでリストに載せていて、サンバレス州オロンガポ市が140ドルの最高額になっている。

 この悪質タクシーはドルで払わせることもさることながら、こういった問題が大きくなったのは、それまで空港には空港タクシーと称する値段の高い黄色いタクシーが独占していたが、多くの乗客をさばききれず、昨年420日から通常のタクシーの客待ちを認めてからで、知恵の回る悪徳タクシーが跋扈している。

 こういった問題に対して空港当局は、悪質タクシーの登録番号を空港内にある担当部局に通報するようにと乗客に呼びかけていて、全く取り締まる気はなく野放し状態。一部には空港当局と悪質タクシーとの癒着が指摘されていて、そのため取り締まれないとの話も出ている。

 しかしながら、相次ぐ批判から空港当局とは別の運輸通信省陸運局の陸運事業認可調整委員会が112日に空港で抜き打ち検査を実施した所、違法運賃表を所持していた運転手3人を摘発、逮捕した。

 なお、昨年空港内でのこの手の悪質運転手の逮捕は氷山の一角と見られる35人であった。これら運転手には空港内への出入り禁止、罰金2千から4千ペソが科せられる。

 その国の印象が良くなるのも悪くなるのも、出入り口になる国際空港で適正料金と安心してタクシーに乗れることが一番肝要で、空港の規模や設備などは些末なことであり、悪評紛々のマニラ国際空港当局は危機感が足らないと指摘されている。

 【写真はマクタン―セブ国際空港の正面】


Updated: 2016/01/13 (水) 12:57

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
  フィリピン旅行から日本へ帰った女性が『デング熱』で死亡したが、フィリピン保健省(Department of Health=DOH)は、今年1月から6月までのデング熱の罹患者数は昨年同時期より36%増加..   (2016-07-26)
  新大統領ドゥテルテが政策の目玉にしている『違法薬物犯罪』撲滅キャンペーンの中、7月20日、マクタン・セブ国際空港【写真】で27歳の中国人女性が覚醒剤をスーツケースの中に隠..   (2016-07-22)
 5月に行われた大統領選に副大統領から立候補し、結果は4位という本人には屈辱的な順位で落選したビナイ前副大統領が、公務員の汚職などを取り締まる行政監察院から、7月14日、汚職..   (2016-07-16)
   警察の幹部や職員が違法薬物組織とつるんで違法薬物組織を助長、あるいはその分け前に預かっているのは、フィリピンでは公知の事実だが、違法薬物組織壊滅をスローガンにす..   (2016-07-06)
 ミンダナオ島ダヴァオ市長の座を永年独占し、次期大統領に当選したドゥテルテは犯罪者に対して容赦せず、市長在任中に処刑団を動かし1000数百人の犯罪容疑者を殺したことを指摘さ..   (2016-06-20)
【写真左が第2の犠牲者で右は第1の犠牲者】 2015年9月21日、ミンダナオ島ダヴァオ市沖にあるサマル島の高級リゾート施設からイスラム系武闘派と知られる山賊集団『アブサヤフ』によっ..   (2016-06-15)
 1億円の海外旅行保険をかけて、2014年10月に山梨県韮崎市で整骨院を経営する邦人男性(当時32歳)がマニラ首都圏ラスピニャス市で殺害した事件では、関係者4人が山梨県で逮捕され、4..   (2016-06-07)
 フィリピンでは海外の映画作品上映はハリウッド映画がほとんどの国で、時々日本やタイなどの作品も上映されるがごく稀であり、フランスやイタリアといった優れた映画を生む国から..   (2016-05-24)
 5月6日、セブ州中部にあるナガ市に住む55歳の男性邦人が、自宅寝室で頭部に2ヶ所銃弾を受けて死亡しているのが発見され、警察は殺人事件として捜査を行い、被害者の義理の娘を容..   (2016-05-23)
 2014年10月に山梨県韮崎市で整骨院経営の男性(当時32歳)に海外旅行保険金1億円をかけて殺害した容疑で、山梨県警は同県笛吹市無職の男42歳、甲府市無職の男43歳、フィリピン在住で..   (2016-05-17)
 2015年9月21日、ミンダナオ島ダヴァオ市沖合にあるサマル島の高級リゾートでカナダ人2人、ノルウェー人1人、フィリピン人1人の計4人が拉致された事件が発生。 事件はイスラム組織と..   (2016-04-27)
 ミンダナオ島南部ダヴァオ市(人口150万人以上)は治安が良いとされるが、その裏には大統領選に立候補している永年同市に君臨したドゥテルテ市長の指示、容認による犯罪者への処刑..   (2016-04-22)
 世界の国際空港の中で最悪レベルと評価されているマニラ国際空港【写真】の第3ターミナルで、4月2日午後8時45分から翌3日午前2時頃まで停電があり、同ターミナルを発着する低価格航..   (2016-04-07)
 日本の看護、介護業界の人出不足を補うためにフィリピン、インドネシア、ヴェトナムと人材受け入れで締結された経済連携協定(EPT)は7年目に入り、これまでに3000人を超える研修生..   (2016-04-01)
 在フィリピン日本大使館付属とマニラ日本人学校(MJS)は最初に付くが、これはフィリピンの法律で外国資本の公的学校は設立できないための措置であり、直接日本政府が学校運営に関..   (2016-03-28)
 3月23日、アメリカ・フロリダにあるアメリカ航空宇宙局(NASA)基地から、国際宇宙ステーション(ISS)への物資補給を行う商業宇宙船『シグナス』に搭載した、フィリピンが日本の協..   (2016-03-25)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:835,121 今日:2 昨日:147
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.