フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【時代】 劣悪なジプニーが消える日 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【時代】 劣悪なジプニーが消える日

 ジプニーというのは戦後に駐留していたアメリカ軍が置いて行ったジープの車体を利用して改造した車で、その独特なデザインと利便性からフィリピン人の足として重宝されているが、そのジプニーが交通渋滞と大気汚染の元凶として槍玉に上がっている。



 現政権は旧態のジプニーを新車に替える『近代化計画』を構想し、20181月から実施を始めるとしていた。

 しかし、ジプニーの運転者で作る労働組合がマニラ首都圏を中心に2日間のストライキを打って、学校は休校、政府機関も休業状態となった。

 それほど、通勤通学の足として重要なジプニーだが、政府は近代化計画を推し進め、エアコンや車体側面のドア、更に大気汚染の元凶であるディーゼルエンジンではなく、駆動は電動モーターにするとしている。

 このため、現在も生産されているジプニーの新車が50万ペソ(120万円)程度なのに対して、政府構想のジプニーは120160万ペソ(280380万円)もかかり、零細なジプニー運行者にとっては話にならない額となっていた。

 しかも、ローンを組んで購入した場合、最終的には210万ペソ(500万円)を超える可能性があり、この計画はフィリピンの経済範囲を超えているとの酷評を受けている。

 政府側もジプニー近代化政策には融資を行うとしているが、その融資額はスズメの涙に等しい8万ペソ(19万円)であり、計画を策定しただけの机上の空論、実現性は全くないと酷評されている。

 特に電動モーター使用に関して、現在アジア開発銀行の融資によってトライシクルの電動化プロジェクトが行われているが、こちらは注ぎ込んでいる巨額な金に反比例するかのようにその効果は見られず、利を得ているのは生産に関係する会社だけではないかと指摘されている。

 ただし、大気汚染を引き起こすジプニーやトライシクルの電動化に対して、支持する層も多く、また乱暴な運転で知られるジプニーが交通渋滞を引き起こしているとの批判も強い。

 これに対して、現在、全国で稼働しているジプニーは24万台程度に過ぎず、爆発的に増えている自家用車の方が交通渋滞の元凶であり、野放しの交通政策しかない政府当局と、売りっ放しの自動車会社にも問題があるとジプニー組合は批判をしている。

 また、ドゥテルテの進めるジプニー近代化政策はフィリピンの伝統であるジプニーと零細な労働者をないがしろにするもので、新車に替えろというのは自動車会社を儲けさせるだけで、ドゥテルテの支持層であったジプニー労働者の離反を招いている。


Updated: 2018/02/12 (月) 18:11

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 ドゥテルテ大統領がフィリピン屈指の観光地『ボラカイの海は汚水溜めと同じ』と怒り、半年以内に改善が見られないなら『全島を閉鎖』する発言をしてから、環境行政を司る環境省が..   (2018-02-24)
 北朝鮮のごり押しで、平昌オリンピックはスポーツの祭典などという綺麗ごとではなく政治の舞台と化したが、度を超えた報道合戦による美談作りで日本人のオリンピック好きは高まる..   (2018-02-20)
 閉鎖命令理由は各種の条例違反を挙げられていて、とりわけ酷かったのは『騒音』で、近隣住民に夜な夜な肉体的苦痛を与えていた。マンダウエ市長の従兄弟が経営する『セントラル』..   (2018-02-15)
 ジプニーというのは戦後に駐留していたアメリカ軍が置いて行ったジープの車体を利用して改造した車で、その独特なデザインと利便性からフィリピン人の足として重宝されているが、..   (2018-02-12)
日本の厚生労働省【写真は霞が関の本庁舎】が2017年度(10月末)までの外国人雇用状況統計を公表した。 これによると総雇用者数は127万8千人余で、前年比18%増となり、6年連続で最高..   (2018-01-29)
  ルソン島南端アルバイ州にある『マヨン』火山(標高2463m)の活動が活発化し、フィリピン火山地震研究所は、マヨン火山は1月13日午後になって、最初の水蒸気爆発を起こしたため..   (2018-01-16)
 台風26号『ウルドゥハ』で大きな被害を受けた北部ヴィサヤ地方に続いて、台風27号『ヴィンタ』がミンダナオ島北部から西部に抜けて同地域に大きな被害をもたらした。 台風の多い..   (2017-12-26)
 オーストラリア人3人の乗るヨットが、ミンダナオ島北端近海で船体に穴が開いて沈没。ブイに掴まって6日間漂流した後、12月17日にミンダナオ島北端にあるデナガット島沖で地元漁師に..   (2017-12-23)
 2017年最後の台風となりそうな『ウルドゥハ』(台風26号)は、12月16日から17日にかけてヴィサヤ地方のサマール島、レイテ島に上陸しそのまま横断。 この襲来によってレイテ島西北端..   (2017-12-18)
 日本の外務省は毎年『海外邦人援護』の統計を公表しているが、12月12日、2016年の数字を発表した。         この統計は世界各地にある日本の在外公館が扱った海外在住邦人..   (2017-12-13)
 11月24日にコンテナに隠した高級自動車の密輸が発覚したセブ港で、今度は中国からの大量の米の密輸が摘発された。 11月27日から12月3日にかけて相次いでセブ港に入港し荷揚げされた..   (2017-12-11)
 12月2日午前1時頃、ミンダナオ島北部にあるカガヤン・デ・オロ市で、州立のUniversity of Science and Technology of Southern Philippines(USTP)学長(50歳)が自宅前で何者かによって銃撃を受け死亡..   (2017-12-04)
 密輸天国といわれるフィリピンで、11月24日、セブ港のコンテナ・ヤードで総額1億5千万ペソ(約3億3千万円)以上になる高級車が、コンテナ内に隠されて密輸されていたのが摘発された..   (2017-11-27)
 2013年11月8日、フィリピン中部域を襲った台風『ヨランダ(台風30号)』は国内各地で8000人近くに達する死者行方不明者を出した。 100年に1度ともいわれる超大型台風被災から4年も経ち..   (2017-11-16)
 今年のミス・セブはサン・カルロス大学で観光コースを学ぶ22歳の学生『Apriel Smith=エイプリル・スミス』が栄冠を勝ち取った。 彼女はセブ島西岸にあるダイヴィングで知られるバジ..   (2017-10-31)
『ヴィザなし(入国時に取得可能を含めて)でどれだけの国に入国できるか』で、パスポート発行国の順位を決めるランキング最新版がカナダの会社から発表された。 これによるとフィリ..   (2017-10-26)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:785,775 今日:67 昨日:150
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.