フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【奪還】 パッキャオの再起戦 7回TKOで勝利 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【奪還】 パッキャオの再起戦 7回TKOで勝利

 20177月、オーストラリアで対戦したジェフ・ホーンに判定で敗れて、引退説も出ていた、フィリピンの誇るボクシング・チャンピョン『マニー・パッキャオ』が715日、マレイシア・クアラルンプールで行われたWBA(世界ボクシング評議会)ウェルター級世界タイトルマッチで勝利し、同タイトルの王座に復帰した。



 これでパッキャオの戦績は6072引き分け、世界タイトルは6階級を制覇した。

 パッキャオは知名度を生かし、2010年から2016年までミンダナオ島サランガニ州選出の下院議員を2期務め、2016年には任期6年の上院議員選(改選数12人)に立候補し、1605万票余を集めて7位で当選。

 このように政治的野心は強く、国民的人気、知名度は高いために将来の大統領候補として挙げられているが、本業であるボクシングでは年齢(39歳)による身体的衰えもあって、長年二人三脚で戦っていたコーチからも引退した方が良いといわれていた。

 しかし、地元で関心を維持するために慈善事業などや一族に多額の資金を費やしていて、そのために巨額の金が稼げるボクシングを続けざるを得ない事情あった。

 今回のタイトル戦ではアルゼンチンの『ルーカス・マテェセ』(35歳)と戦ったが、ルーカスはこれまでの39勝の内、KOTKO勝が36勝という強打者で、20181月に同王座に就いたが今回、パッキャオに破れて同王座を陥落。

 試合はパッキャオが優勢に進め、5回までに2度のダウンを奪い、7回の3度目のダウンを喫したルーカスに対してレフリー・ストップがかかり、パッキャオの7回2分43TKO勝となった。

 このTKO勝はパッキャオにとって、200911月のミゲル・コットを12ラウンドに倒して以来9年ぶりのKO勝ちとなった。

 パッキャオの試合は今までアメリカ・ラスヴェガスで開催されていて、前回はオーストラリアで6万人以上の大観衆を集めているが、今回は16千人を集め満員とはいえマレイシアで開催し、パッキャオの興行価値が薄れているのではないかと噂されている。

 実際、前回のラスヴェガス戦では100300億円をパッキャオは得ているとされ、今回の試合では2桁落ちるファイト・マネーであったと見られ、パッキャオ及びルーカス共に年齢的にボクサーとしては薹が立っているため安いファイト・マネーになった。

 それでも、限界説を乗り越えて勝利したのは称賛に値し、クアラルンプールで観戦したドゥテルテ大統領と、90歳を超えた高齢で首相に返り咲いたマハティールなどから試合後に激励を受けた。

 現職の政治家が過酷なボクサー選手生命を続けられるのも不思議だが、上院ではトレーニングのために議会を休んでも良いとの決議がなされていて、実際パッキャオの議会出席率は最下位になっている。



 【写真は2016年の上院選挙時に使ったパッキャオの選挙ポスター】


Updated: 2018/07/16 (月) 12:13

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 一部の自治体でプラスティック袋使用を禁止、あるいは昨年はフィリピン有数の観光地ボラカイ島を環境整備を理由に半年間閉鎖するなど環境への関心は高まっている。 中でも汚染度..   (2019-02-08)
 国別のインターネットに関する調査報告書が民間企業から2月初めに発表され、これによると世界平均は1日当たり6時間42分になるが、平均10時間2分を費やすフィリピンが首位となった。..   (2019-02-03)
 ゴミ処理というのはどの国でも問題になっていて対策に大わらわだが、資力のない国は原野や海に投棄していてフィリピンも例外ではなく、これが環境の汚染を引き起こしている。 そ..   (2019-01-22)
 セブ市から車で3時間近くかかるセブ島最北端の町ダアンバンタヤン町(人口9万人近く)の警察署に対して、1月12日、職務怠慢で国家警察本部から全員解任されるというフィリピンでも..   (2019-01-15)
 密輸がフィリピン経済を支えているとまでいわれている中、1月3日、中部フィリピンの主要港であるセブ港で、コンテナに隠された車が発見され密輸車として没収された。  コンテナは..   (2019-01-06)
 住宅販売大手の『積水ハウス』に他人の土地の所有者に成り済まして売り付け、55億円を騙し取った事件の主犯と目される『カミンスカス操』(旧姓小山操・59歳)は、10月に逮捕を免れ..   (2018-12-22)
 第67回ミス・ユニヴァースが12月17日、タイのバンコクで開催されフィリピン代表の『カトリオナ・グレー(24歳)』が選ばれ、同大会でフィリピン代表通算4人目の優勝となった。 フィ..   (2018-12-18)
 東南アジア諸国はエイズ(‘HIV)感染者の多い地域であり、特にタイは97〜99年に感染者数が68万人にまで拡大したが、政府の徹底的な対策などにより2017年の統計では44万人まで減少した..   (2018-12-10)
 セブ島北部西海岸に浮かぶ『バンタヤン島』【図左の島】の面積は約134平方キロあり、この面積はセブのリゾート地として知られる『マクタン島』の2倍以上ある。  島内に3つの町を..   (2018-11-27)
 100年に1度といわれる台風『ヨランダ』(台風30号)がフィリピン中部ヴィサヤ地域のレイテ島、サマール島、セブ島を直撃して11月8日で5年経ったが、進まぬ復興事業に対して被災者は..   (2018-11-08)
 ミス・セブを選出する大会が10月19日にセブ市内のホテルで開催され、セブ市に隣接するマンダウエ市選出の23歳が2018年の栄冠を得た。 この大会はセブ州内の53の自治体の地元選出のミ..   (2018-10-25)
 大統領がフィリピンで著名な観光地ボラカイ島の海を見て、『汚水溜め』と指摘したのは2018年度の最も的を得た発言であり、大統領在任中の名言として後世に残るとされている。 そ..   (2018-10-20)
 日本の自衛隊が海外に派遣されて、他の国と合同軍事訓練をしている事実は防衛省の体質もあって、どのように展開しているのか詳らかにされていない面が多い。 日本の海兵隊といわ..   (2018-10-08)
 8月24日にセブ市の路上で、自動車を運転し交差点で停まった時に銃撃され、死亡したセブ市在住の71歳の邦人女性の殺害を指示したのは、夫の疑いが濃いと捜査当局は発表した。 同事..   (2018-09-27)
 人口が爆発的に膨張しているフィリピンは、住宅地開発が進み、従来であったら人の住まない山裾や急斜面に家を建てている例が多くなった。 9月16日前後にルソン島北部を通り過ぎた..   (2018-09-21)
 戦後にアメリカ軍が払下げたジープを改造して、乗り合いバスのように仕立てた『ジプニー』【写真】は交通渋滞、大気汚染の元凶として批判されているが、貧弱な交通インフラしかな..   (2018-09-20)
12345678910,,,33
ニュース コラム ライフ
【経営】 フィリピン航空(PAL..
セブで思うフィリピンの独立記..
【顕著】 ダヴァオ市など 他..
セブで思う『天安門事件』
【セブ】 押収バイクの罰金払..
笹生優花の優勝でセブで考える..
【鎖国】 小売業進出を妨げる..
【続】 フィリピンの『残留日..
【借金】 コロナ禍で 政府債..
フィリピンの『残留日系人』問..
【景気】 フィリピンを覆う不..
セブで考える新型コロナ・ワク..
【横行】 人の弱みに付け込む..
フィリピンから見える日本の政..
【動向】 コロナ禍で 3年に1..
【影響】 コロナ禍で 賃貸住..
セブで思う日本の『ゴールデン..
【毎度】 進まぬ 政府の無料..
フィリピンの感染者数 留まる..
【累計】 新型コロナ感染者数..
21【増減】 コロナ禍で 悲喜こ..
22セブで考える日本のスポーツ狂..
23【羨望】 2021年度版 フィリ..
24【格差】 進まぬ 新型コロナ..
25フィリピンの出生数がコロナ禍..
26【高騰】 まだ続く 豚肉騒動..
27フィリピンの『聖週間』中は後..
28【推進】 『イベルメクチン』..
29セブでマゼランが戦死して今年..
30【発表】 フィリピンの4月1日..
31サバを読んだ 2020年の新型コ..
32【苦境】 ダヴァオの老舗ホテ..
33【緊急】 フィリピンへの外国..
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【緊急】 フィリピンへの..+ 2813
【苦境】 ダヴァオの老舗..+ 2492
【発表】 フィリピンの4月1..+ 1947
【推進】 『イベルメクチ..+ 1943
サバを読んだ 2020年の新型..+ 1196
セブでマゼランが戦死して..+ 1153
フィリピンの出生数がコロ..+ 1031
【羨望】 2021年度版 フィ..+ 986
セブで考える日本のスポー..+ 921
フィリピンの『聖週間』中..+ 915
【格差】 進まぬ 新型コ..+ 875
【高騰】 まだ続く 豚肉..+ 863
【増減】 コロナ禍で 悲..+ 834
フィリピンの感染者数 留..+ 815
【影響】 コロナ禍で 賃..+ 601
フィリピンから見える日本..+ 586
セブで思う日本の『ゴール..+ 528
【累計】 新型コロナ感染..+ 501
【毎度】 進まぬ 政府の..+ 455
【動向】 コロナ禍で 3年..+ 435
21【景気】 フィリピンを覆..+ 256
22【借金】 コロナ禍で 政..+ 217
23【横行】 人の弱みに付け..+ 212
24セブで考える新型コロナ・..+ 206
25フィリピンの『残留日系人..+ 194
26【セブ】 押収バイクの罰..+ 166
27【鎖国】 小売業進出を妨..+ 164
28【続】 フィリピンの『残..+ 129
29笹生優花の優勝でセブで考..+ 126
30【顕著】 ダヴァオ市など..+ 114
31セブで思う『天安門事件』+ 51
32セブで思うフィリピンの独..+ 45
33【経営】 フィリピン航空..+ 32
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:886,534 今日:162 昨日:167
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.