フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【労働】 住友商事傘下のミンダナオ島のバナナ会社 告発される - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【労働】 住友商事傘下のミンダナオ島のバナナ会社 告発される

 フィリピンはインド、中国に次ぐ世界第3位のバナナ生産国でその多くは日本へ輸出されている。


【写真はスミフルに対する現地の抗議行動】

 日本のバナナ輸入量は2015年度には約96万トンに達し、その量は全輸入果物の60%を占め、フィリピン産バナナはその内の60%を占めている。

 日本の大手商社住友商事の100%子会社である『スミフル』はフィリピン産バナナを扱うために1970年に設立した資本金3億円の会社で、売上高は417億円(20153月期)。

 同社は日本のバナナ輸入総量の3分の1を占め、業界では最大手の会社となっている。

 このスミフルがミンダナオ島で展開する自社バナナ農園に従事する農民や人権擁護団体などから『搾取』していると告発されている。

 スミフルは日本の山手線域内に匹敵するバナナ農場を持つが、契約農家も多く、その契約年数は15年から30年に渡る長期であり、スミフルと契約農家との契約時に充分な説明がされず、その契約も自動的に更新されている。

 また、バナナの買い取り価格決定権はスミフルが持ち、出荷後の生産物に対する責任が農家側が一方的に負っているなどスミフルが有利になっている問題点が指摘された。

 同様に、スミフルのバナナ農園に従事する約20万人が政府の定める最低賃金以下で働かされていて、契約見直しや労働条件の改善などが要求された。

 スミフルは自社農園産バナナの品質管理、低温保存、専用船による日本への出荷と生産から物流まで全てを取り仕切っていることを売り物にしているが、これはまた企業の独占、寡占を許すもので、多国籍企業に共通する悪行と指摘を受けている。

 これはかつて中南米諸国が『バナナ共和国』といわれたように、アメリカの企業による単一農作物生産が国の発展を妨げたことからの反省から来ている。

 植民地経済という単一農産生産は相変わらず世界各地で続いていて、今回のミンダナオ島のバナナ然り、ネッスルが推進しているインスタント・コーヒー用のフィリピン国内の大増産、あるいはドールなどその動きはしぶとく巨大である。

 こういった企業が平然と活動できるのも企業が現地の有力者と結びつき、その私兵団による農民への圧力など、不満、不平を押さえる力学が作用していて、企業関係者は利益優先でそういった人権侵害は見て見ぬ振りで、スミフルも例外でないと見られている。

 また、かねてから指摘されているようにバナナ農園に対する農薬散布は、住民の住む集落にも影響を与えていて、スミフルが日本の消費者向けに安全をアピールしているのも農薬の危険性の裏返しではないかと批判されている。

 日本からフィリピンに来た観光客がフィリピンの地元産のバナナを食べて『バナナはこんなに美味かったのか』と驚嘆するように、日本に輸出されているバナナはバナナの形をした商品でしかなく、日本の消費者は不幸だとの指摘もある。


Updated: 2017/10/20 (金) 10:34

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 2011年7月30日、セブ島東海岸中部にあるナガ市(人口約12万人)【図参照】で4人の未成年女子を自宅に置き、性虐待をしていたオーストラリア人を警察が逮捕。 オーストラリア人は児..   (2018-03-05)
 タイ、カンボジア、ヴェトナムなど新規エイズ(HIV)感染数が減少傾向の中、2017年度のフィリピンの感染及び発症者は合計11103人となり、これは統計を取り始めて初めて1万人を超えて..   (2018-03-01)
 ドゥテルテ大統領がフィリピン屈指の観光地『ボラカイの海は汚水溜めと同じ』と怒り、半年以内に改善が見られないなら『全島を閉鎖』する発言をしてから、環境行政を司る環境省が..   (2018-02-24)
 北朝鮮のごり押しで、平昌オリンピックはスポーツの祭典などという綺麗ごとではなく政治の舞台と化したが、度を超えた報道合戦による美談作りで日本人のオリンピック好きは高まる..   (2018-02-20)
 閉鎖命令理由は各種の条例違反を挙げられていて、とりわけ酷かったのは『騒音』で、近隣住民に夜な夜な肉体的苦痛を与えていた。マンダウエ市長の従兄弟が経営する『セントラル』..   (2018-02-15)
 ジプニーというのは戦後に駐留していたアメリカ軍が置いて行ったジープの車体を利用して改造した車で、その独特なデザインと利便性からフィリピン人の足として重宝されているが、..   (2018-02-12)
日本の厚生労働省【写真は霞が関の本庁舎】が2017年度(10月末)までの外国人雇用状況統計を公表した。 これによると総雇用者数は127万8千人余で、前年比18%増となり、6年連続で最高..   (2018-01-29)
  ルソン島南端アルバイ州にある『マヨン』火山(標高2463m)の活動が活発化し、フィリピン火山地震研究所は、マヨン火山は1月13日午後になって、最初の水蒸気爆発を起こしたため..   (2018-01-16)
 台風26号『ウルドゥハ』で大きな被害を受けた北部ヴィサヤ地方に続いて、台風27号『ヴィンタ』がミンダナオ島北部から西部に抜けて同地域に大きな被害をもたらした。 台風の多い..   (2017-12-26)
 オーストラリア人3人の乗るヨットが、ミンダナオ島北端近海で船体に穴が開いて沈没。ブイに掴まって6日間漂流した後、12月17日にミンダナオ島北端にあるデナガット島沖で地元漁師に..   (2017-12-23)
 2017年最後の台風となりそうな『ウルドゥハ』(台風26号)は、12月16日から17日にかけてヴィサヤ地方のサマール島、レイテ島に上陸しそのまま横断。 この襲来によってレイテ島西北端..   (2017-12-18)
 日本の外務省は毎年『海外邦人援護』の統計を公表しているが、12月12日、2016年の数字を発表した。         この統計は世界各地にある日本の在外公館が扱った海外在住邦人..   (2017-12-13)
 11月24日にコンテナに隠した高級自動車の密輸が発覚したセブ港で、今度は中国からの大量の米の密輸が摘発された。 11月27日から12月3日にかけて相次いでセブ港に入港し荷揚げされた..   (2017-12-11)
 12月2日午前1時頃、ミンダナオ島北部にあるカガヤン・デ・オロ市で、州立のUniversity of Science and Technology of Southern Philippines(USTP)学長(50歳)が自宅前で何者かによって銃撃を受け死亡..   (2017-12-04)
 密輸天国といわれるフィリピンで、11月24日、セブ港のコンテナ・ヤードで総額1億5千万ペソ(約3億3千万円)以上になる高級車が、コンテナ内に隠されて密輸されていたのが摘発された..   (2017-11-27)
 2013年11月8日、フィリピン中部域を襲った台風『ヨランダ(台風30号)』は国内各地で8000人近くに達する死者行方不明者を出した。 100年に1度ともいわれる超大型台風被災から4年も経ち..   (2017-11-16)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:835,815 今日:129 昨日:114
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.