フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【警告】 エイズ(HIV) 7年連続で感染者増加のフィリピン - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【警告】 エイズ(HIV) 7年連続で感染者増加のフィリピン

フィリピンへ買春目的で訪れる外国人は多く、34日にはセブ・マクタン島にあるホテルで韓国人グループ9人が『買春』容疑で摘発。

 この事件では韓国の犯罪組織による売春組織の関与が指摘され、ドゥテルテ大統領のセブには『違法薬物、売春、賭博を取り仕切る韓国マフィア』が暗躍しているとの発言まで出ている。





 こういった中、買春行為をなど通じてリスクの高いエイズ(HIV)についての、2016年度の報告がフィリピン厚生省より発表された。

 これによると、2016年度のエイズ(HIV)感染者数は9264人となり、内訳はひと免疫不全ウイルス (HIV)8151人、後天性免疫不全症候群 (AIDS)1113人となっていて、死亡者は439人であった。

 年間感染者数1万人に迫るこの感染者数字は2000年以来、毎年1000人以上の増加を示していて、2015年の場合では感染者数7831人のため、2016年の増加数1433人は急激な増加を表している。

 なお、201612月の感染者数は750人、死亡者数は37人となっている。

 この12月の感染についてだが、性交渉による感染が734例(97.8%)で、その内男性同士による性交渉感染が649例(88%)と報告されている。

 また、同性愛同士の交渉による感染が408例、両性交渉による感染が241例、異性同士の性交渉による感染が85例となっている。

 性別の感染者数では男性が大半を占め721例あり、女性は29例でこの中には妊娠中の例も含まれている。

 年齢別では15歳から24歳の若い世代が221例となっていて、この若年層は性産業に携わっていたのではないかとみられている。

 地域別ではマニラ首都圏が一番多く267例、次いでカラバルソン地方(バタンガス、カヴィテ、ラグナ、ケソン、リサール各州)136例となっている。

 2016
年度報告と共にフィリピン厚生省は38日、最新の
エイズ(HIV)感染者数を発表し、20171月の感染者数は844人で、これは前年同月と比べて5%増の過去最高を記録し、国内におけるエイズ(HIV)蔓延の勢いは止まらず危機的な状況になっていることを示している。

 なお、この厚生省発表の数字は検査所に訪れた人から作成されたもので、感染していても検査を受けていない例も多く、特に性産業に従事する人の検査割合は少ないと見られ、買春に来た外国人が知らずに感染して国へ帰るという例も多いのではないかと指摘されている。


Updated: 2017/03/09 (木) 10:18

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンに3ヶ所ある『世界自然遺産』の1つ『地底川』【写真】があり、リゾート開発が盛んなパラワン島は国際便も就航し、ボラカイやセブといった既成の観光地を凌ぐ勢いを見..   (2017-05-15)
 5月6日、マニラ市キアポのイスラム教徒居住区内にある弁護士事務所で午後5時55分頃爆発があり2人が死亡した。 死亡したのは爆弾が装置された小包を届けた配達員とそれを受け取った..   (2017-05-08)
 フィリピンで一番難しい資格試験といわれる『司法試験』は昨年11月に行われ、その結果が発表され、2016年度の合格者は受験者数6344人に対して3747人という大量の合格者を出した。 こ..   (2017-05-04)
4月20日(木曜日)午後8時15分頃、愛知県からフィリピンに業務で訪れていた48歳の邦人男性が、マニラ市ロハス大通りを借り上げた白いバンで走行中に、オートバイに乗った2人組から左首..   (2017-04-22)
事件は3月19日、日曜日の深夜3時頃にセブ州庁舎近くの路上で発生し、その事件の模様がスマートフォンで逐次録画されていたため、事件を巡ってセブのトップ・ニュースとなっている。..   (2017-03-22)
3月16日(木)に逮捕された容疑者は、地元新聞に実名で報道されている50歳の男(K)。  セブに15年以上在住していて、現在の職業はマクタン島ラプラプ市にある日本人が所有する..   (2017-03-17)
この事件は山梨県韮崎市で整骨院を経営する男性32歳(当時)が2014年10月、翌年の3月には先の被害者の知人男性42歳(当時)が、マニラ首都圏ラスピニャ市内で連続射殺されたこの事件を..   (2017-03-16)
フィリピンへ買春目的で訪れる外国人は多く、3月4日にはセブ・マクタン島にあるホテルで韓国人グループ9人が『買春』容疑で摘発。 この事件では韓国の犯罪組織による売春組織の関与..   (2017-03-09)
昨年10月6日、ミンダナオ島スールー海で犯罪集団『アブサヤフ』に襲われ、59歳のドイツ人女性が殺されたヨット『Rock All』【写真】の艇長が同組織から拉致され、身代金3千万ペソ(約65..   (2017-03-02)
 フィリピン国家警察(PNP)は犯罪捜査や盗難などで押収した車やオートバイを、被害者の元に返却せずに、私用で使う警官に対して取り締まりを行うと発表した。 この発表に対して、..   (2017-02-25)
 2月10日夜10時3分、ミンダナオ島北スリガオ州でマグニチュード(M)6.7の地震が発生し、州都のスリガオ市(人口16万人)を中心に被害は広がっている。 一夜明けた被害状況は死者数は..   (2017-02-11)
 フィリピンの捜査、司法制度の欠陥は、従来から色々指摘されているが、中でも物証ではなく目撃証言に頼る捜査、裁判について強い批判が寄せられている。 2016年7月31日午前10時頃、..   (2017-02-08)
 アメリカ大統領となり、やりたい放題のトランプが1996年から2014年まで主催会社に深く関与していた『ミス・ユニバース』第65回世界大会はフィリピン(2度目)で開催され、候補者はフ..   (2017-01-31)
 イギリスのコンサルティング会社『WE ARE SOCIAL』が毎年発表している『デジタルトレンド2017』によると、フィリピン人はフェイスブックやツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワー..   (2017-01-26)
 フィリピンの貧困の源といわれる『汚職』にまみれた政府機関の中で、『入国管理局』、『税関』、『国税局』が3大汚職部門として昔から指摘されているが、ドゥテルテ政権になって..   (2016-12-13)
 フィリピンで金(ゴールド)を巡る話は昔からたくさんあって、有名なのは戦時中に日本軍が隠したとされる『山下財宝』があり、今でもそれを実際に探し求めている連中や財宝掘り出..   (2016-12-07)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
【強盗】 東横インのある..+ 2489
《選挙》 副大統領選の開..+ 1129
《調査》 ビジネス環境躍..+ 1118
セブの巨大青物市場 カル..+ 764
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 691
【泥鰌】 セブのコールセ..+ 296
【判決】 2018年のセブ島射..+ 264
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 261
《実現》 ようやく2021年に..+ 152
【噴火】 タアル火山が活..+ 151
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 103
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 84
台湾の選挙中の台湾旅行+ 41
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 37
+
+
+
+
+
+
21+
22+
23+
24+
25+
26+
27+
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:812,922 今日:80 昨日:72
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.