Date:
国民的英雄
メルチョラ・アキノ(1812−1919)
 1812年1月6日生まれのアキノは、一般に「タンダン・ソラ(ソラばあさん)」として知られ「フィリピン革命の母」といわれる。
 彼女は裕福な家庭に生まれ、カティプナンのメンバーを財政的に支えた。1896年にボニファシオと彼の部下が自宅に来た際には数百袋のコメと10頭の水牛、その他必需品を与えた。また、待避所として25ヘクタールの土地を提供、負傷兵や病人の看護にあたる一方、食糧を与えて革命軍を支援した。
 1896年、スペインは反乱罪で171人と共にソラばあさんをグァムに追放。米国統治時代にフィリピンへ戻った時は91歳だった。1919年2月20日、107歳の長寿を全うした。