ロゴ
Date:
電子メールアドレス(半角):
歴代大統領
英雄
歴史写真館
 
基礎講座−政治/政府
主要政府系金融機関
 ランド・バンク・オブ・ザ・フィリピンズ(ランドバンク)
Land Bank of the Philippines
image
 地方開発と貧困撲滅を目的に1963年に設立。政府の農業支援策に沿って特に小規模農家や漁師への融資など小規模農漁業協同組合や中小企業、低価格大量住宅に財政支援を行う。また、包括農地改革法における農地解放にあたって土地を評価を含め提供者と受益者の金融仲介機関としての役割を果たす。融資残高の67%を農家への融資が占める。
 フィリピン開発銀行
Development Bank of the Philippines
image
 貧困削減などを念頭に置いたプロジェクトに焦点をあわせて国の経済発展を支援するため国内初の開発金融機関として1947年に設立された。地方の農業や一般企業への中長期融資の他に内外の投資家や事業家に幅広い金融サービスを提供、地方自治体と協力して自治体の歳入増加プロジェクトやインフラおよび開発プロジェクトなどを支援する。
 フィリピン・アルアマナ・イスラム銀行
Al-Amanah Islamic Investment Bank Of The Philippines
image
 イスラム教徒に基本的な金融サービスを提供するため1990年に設立された。預金や融資、投資など一般の銀行と同様の業務に携わるが、一般の銀行と最も異なるのはコーランの教えに従って利子の受け渡しを禁じている点で、投資などの利潤が利子の代わりを果たす。特にイスラム自治区の社会経済の発展に寄与することを目的として企業の設立などへ投資する。
 公務員保険機関
Government Service Insurance System
image
 1936年11月14日に可決されたコモンウエルス(独立準備政府)法186号によって公務員(軍や警察など独自の制度がある公務員や契約職員を除く)に対する年金、強制および任意生命保険、労災保険、失業保険等の運営の他に加入者に対するサラリーローンや住宅ローンなどの融資業務を行う。また、政府資産等に対する損害保険を独占的に請け負う。  
 社会保険機関
Social Security System
image
 1954年社会保障法により1957年9月1日から民間企業の社員や自営業者など一般国民を対象に年金、生命保険、健康保険、労災保険等の運営を開始した。97年には適用範囲を拡大する法改正が成立している。95年の国民健康保険法成立後はフィリピン健康保険公社(フィルヘルス)がSSSとGSISの医療プログラムを管理するようになっている。
 住宅開発互助基金(パグ・イビッグ・ファンド)
Home Development Mutual Fund (Pag-Ibig Fund)
image
 貯蓄の奨励と労働者への住宅提供という国の基本的政策を扱うため1980年に設立された。現在は月収4,000ペソ以上で公的年金基金に加入している国民を対象に融資を行っているが、その対象を広げつつある。住宅ローンの他にも一定の条件下で医療や教育、生計などを対象とした多目的融資も行っている。なお、預金は政府が全額保証している。

サイトの目的ご意見・ご質問リンク