ロゴ
Date:
電子メールアドレス(半角):
歴代大統領
英雄
歴史写真館
 
基礎講座−地方行政
イロコス地方
 北イロコス州(イロコス・ノルテ)
オフィシャル シール
 ラワグ市にはスペイン人が初めてイロコスにやって来たときすでに人が住んでいた。ラワグ市はフィリピンの北西部先端という戦略的重要地点にあったことから、中国や日本との交易が盛んだった。
 1896年の革命期には、アルテミオ・リカルテやグレゴリオ・アグリパイなどの国民的英雄を輩出している。
 カトリックが伝わって数百年、北イロコス州には多くのカトリック教会がある。また、北イロコス州は故マルコス元大統領の郷里として知られ、マルコス時代の面影を色濃くとどめている。
 また、パワイには世界遺産に登録されたサン・アグスチン教会がある。

基礎情報

 南イロコス州(イロコス・スル)
オフィシャル シール
 南イロコス州は、フィリピンで戦争が起こった際の「最後の戦い」の地として知られる。セルバンテスのティラド峠はアギナルド将軍率いるフィリピン革命軍最後の砦があった場所で、同じくセルバンテスのベサン峠は日本軍の最終防衛地点だった。
 南イロコス州のビガンは、町自体が世界遺産に登録されており、歴史を感じさせてくれる場所が随所に見られる。 

基礎情報

 ラウニオン州
オフィシャル シール
 ラウニオン州は、スペイン植民統治以前から居住地としてひらけていた。アゴオ町は、かつて住民と日本人および中国人との交易の中心地であったため、「プエルト・デ・ハポン(日本の港)」と呼ばれた。ラウニオン州は家具製造で知られており、他では農業と漁業が盛ん。 サーフィンスポットとしても知られる。

基礎情報

 パンガシナン州
オフィシャル シール
 塩作りが行われていたパンガシナン州は文字通り「塩の国」といわれ、現在でも塩の生産が盛んである。パンガシナン州は、州の水産養殖産業を支えているリンガエン湾を抱くように広がっている。
 パンガシナン州では様々な中国製陶磁器が発掘されており、中国との交易が盛んであったことをうかがわせる。
 また、パンガシナン州にはいくつかの少数民族が住んでおり、それぞれ豊かでダイナミックな文化様式を今日に伝えている。
 観光地としては100あまりの島が点在するハンドレッド・アイランズが有名。 

基礎情報


サイトの目的ご意見・ご質問リンク