Date:
国民的英雄
ジョセフ・エストラダ 【就任期間:1998年−2001年】   出身:マニラ
 第13代大統領。 1937年4月19日、マニラ トンドの裕福な家庭に生まれ、アテネオ・デ・マニラ大学に入学したが中退して芸能界入り、アクションスターとして一世を風靡する。タガログ語で男友達を意味する「PARE」を逆さ読みしたエラップの愛称で親しまれる。 1969年に首都圏サンファン町の町長に当選して政界入り、86年まで務める。87年上院議員に当選、92年の総選挙では大統領選への出馬を表明するも大物実業家コファンコと組んで副大統領選に出馬、当選する。副大統領時代は犯罪調査を目的とした大統領犯罪防止委員会(PACC)の委員長を兼任する。 1998年大統領選挙ではインテリ層からの支持は少なかったものの、犯罪撲滅を訴える姿にアクションスター時代のイメージを見た人口の大半を占める貧困層からの圧倒的な支持を得て、与党候補デ・ヴェネシアを破り勝利した。 当初受け継がれた反政府勢力との和平方針は転換され強硬路線をとる。また、クローニーの復活に対する批判も大きい。違法賭博フエテンへの関与を始めとする一連の疑惑をめぐって史上初めての大統領弾劾裁判が行われた。 閣僚が相次いで辞任する中、上院の弾劾裁判で決定的証拠の開示が否決されたのを機に「ピープルパワー2」と呼ばれる大規模な退陣要求により2001年1月大統領府を去りアロヨ副大統領が大統領に昇格した。その後特別横領罪(略奪罪)などで逮捕、起訴された。
大統領の素顔
協力:フィリピン国立図書館、フィリピン スター紙
写真の部分をクリックすると画像が変わります。