ロゴ
Date:
重要日誌
 2002年
 2001年
 特集
    エストラダ退陣の軌跡

 2000年
 1999年
 1998年
 1997年
 1996年
 1995年
反政府勢力
 共産主義勢力
 イスラム勢力
上院議員紹介
 与党
 野党
電子メールアドレス(半角):
歴代大統領
英雄
歴史写真館
 

ニュースの壺
重要日誌 1996年度版
1996/1/1 拡大付加価値税(E-VAT)法が発効。
1996/1/16 首都圏の最低賃金が日額20ペソ引き上げられ165ペソに。
1996/2/2 石油製品、平均0.55ペソ値上げ。
1996/2/25 エドサ革命10周年記念式典、開催。
1996/3/27 フィリピン証券取引所(PSE)理事会がプエルト・アスール・ランド社の新規株式公開(IPO)を拒否。同社所有地はマルコス一族からの委託資産であるとするのが理由。
1996/3/28 大統領、4経済法(石油川下産業規制緩和法、外国投資法改正、農業関税化法、食料保健会社法)に署名。
1996/4/10 大統領、バターン原子力発電所の火力発電所転換計画を承認。
1996/5/6 最高裁がマニラと主要都市の56下級裁判所を凶悪犯罪訴追の特別裁判所に指定。同裁判所は毎日審理し、60日以内に判決を出す。
1996/5/18 中央銀行金融委員会がアイエヌジーバンクにユニバーサルバンク(拡大商業銀行)の免許を認可。
1996/7/6 大統領、シンガポールへのメード就労禁止措置の解除を命令。
1996/8/12 エネルギー規制委員会(ERB)、自動石油価格設定機構の導入実施。14日からガソリン1リットル当り0.5ペソ値上げ。
1996/9/2 政府、MNLFが和平協定に調印。大統領府でヤン政府側代表とミスアリ議長が調印。列席したアラタス・インドネシア外相とハミド・アルガビトOIC事務局長も署名。
1996/9/9 マギンダナオ、南ラナオ、スルー、タウイタウイの4州でARMM選挙の投票。
1996/9/11 選挙委員会がミスアリのムスリム・ミンダナオ自治区(ARMM)知事当選を発表。
1996/11/21 APEC人民フォーラム開催。27カ国、400人以上が参加。「マニラ宣言」を採択。
1996/11/22 APEC第8回閣僚会議開催(〜23日)。マニラの国際会議場で。24日、共同声明採択。
1996/11/25 スービックでAPEC第4回非公式首脳会議開催。「スービック宣言」を採択。
1996/12/10 対フィリピン援助国会議、東京で開催。13カ国・国際金融機関が総額29億ドルの新規援助を表明。
1996/12/11 マレーシアのウィンティエック社、ナショナル・スチール社(NSC)株式の70%をホティック社(レノングループ)に売却。
 
 

サイトの目的ご意見・ご質問リンク